ちーかわさんの映画レビュー・感想・評価

ちーかわ

ちーかわ

映画(41)
ドラマ(0)

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

2.5

それぞれ別の特殊能力を持ち、敵対する二つの一族が、第三勢力の登場により変わっていく、というわりとありがちな展開。

結構SFなはずなのに緊張感の薄い感じ、見覚えあるなと思ってたら、鴨川ホルモーと原作者
>>続きを読む

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

2.5

なんとなく気になってたけどなんとなく観てなかった作品をプライムビデオで見かけて、なんとなく鑑賞。

上手くいくか、幸せになれるかなんて分かんないけど、周りを見渡せば希望はきっと有る。
そんなストーリー
>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.0

なんかよくわかんないけど面白そう、という感じで鑑賞。観た後はなんかよくわかんなかったけど面白かったかも、という感じの感想。
中国マフィア2人のバトルシーンは超高クオリティだし、主人公が役者根性を見せる
>>続きを読む

アフロ田中(2012年製作の映画)

3.0

原作漫画はなんとなくしか知らないけど、主演が松田隆太ということで興味を持ちました。そして若い佐々木希可愛い。
あらすじにも書いてある「彼女を作る」というテーマよりも、個人的には「友情」の物語だと思う。
>>続きを読む

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

2.0

実話をもとにした映画、ということが信じられないくらい突飛な話。
演者の演技はとても良いが、ストーリーそのものがイマイチ響かず、あまり楽しめませんでした。
もしかしたら理解力不足かもしれない。。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

(歌手としての)福山雅治とリリーフランキーが好きで観てみました。
展開が普通に好き。リリーフランキーの演技もやっぱり好き。二階堂ふみの濡れ場は衝撃的。

結構前に観たのであまりはっきりした記憶じゃない
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.5

観た時期すらうろ覚えで、正直記憶もあまり定かじゃない。。
出演者たちの演技がとても良かった印象。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

実際に起きた警察の不正をもとに作られた映画。
自らの正義を貫こうとするあまり、結果として道を踏み外した警察官の半生を描いています。

かなり重いテーマではありますが、エンターテイメントとしての完成度も
>>続きを読む

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

2.5

テレビでやってたのをぼーっと見てたので、正直あまり印象には残っていない。。
佐藤浩市のちょっとおとぼけな演技と、妻夫木聡の慌てっぷりにクスリと笑った記憶。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.5

タイトルの通り、四月一日に嘘をつく人たちのお話。でも、実は四月一日よりずっと前から嘘ついてる人がいたり、嘘だと思ってたことがホントだったり、など一筋縄では話が進みません。
終始ドタバタして騒がしいけれ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

22年前の連続殺人事件。時効を迎えた後に、その犯人を名乗る男が現れる事態に。被害者遺族たちの執念の行動が、事件の謎を解き明かすミステリーです。
物語の展開、構成、出演者の演技など、あらゆる面で完成度が
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

松岡茉優のはしゃぐ姿がとにかく可愛い映画。
好きな人は観といた方が良い。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.0

阿部サダヲ主演ということで勝手に「機転を利かして窮地を乗り越えるコメディ時代劇」だと思い込んで鑑賞。
しかし中身は「実話を元にした人情特盛の一本」でした。
笑えるような脚色がされているわけでもないのに
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.5

ストーリーも面白く、所々に挟まれた茶目っ気のある小ネタはかなり好み。
終盤の盛り上がりには魅入ってしまったし、最後のオチもクスリと笑えたが、「どんでん返し」という前評判で観た割に展開が想定の範囲内で、
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

4.0

キレイにまとまる出来過ぎな話。
ストーリーが一旦落ち着いたところで、あと30分残ってることを疑問に思っていたら、きちんともう一山見せ場があって大満足でした。
村上ショージの演技は棒読みだったり不自然で
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

2.5

幼稚園の鼓笛隊で主題歌を演奏するから、という理由でなぜか園児全員観させられた。
正直幼稚園児に観せる作品じゃない。怖い。
でも今観たら面白いのかも。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

そうそうたる受賞歴も納得の傑作。
世界観、ストーリー、結末。どれを取っても文句なしでした。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.0

学校対抗の試合は個人的に胸熱な展開。ただ、原作で「美少女」とされているキャラの役が、個人的に可愛いと思えなくて幻滅した記憶も。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

2.5

正直この辺りから映画版はあまり楽しめなくなった。年齢の問題かもですが、何かしら初期と変わっている?

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.0

クライマックスに向かう派手な演出に、子供ながら驚いた記憶。
今観てもきっと楽しめるかと思う。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.0

小学生くらいの頃に観たので、あまり覚えていないけど、すごく面白かった記憶がある。
時間がある時にもう一度見直したい。

君の名は。(2016年製作の映画)

2.5

音楽、映像がとても綺麗。ストーリーにはちょっと納得いかない部分もあったが、細かいことは気にせず、作品の世界観に浸るのが吉なのかも?

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.0

前作よりも人情多め、そしてラブロマンス追加という感じで楽しい作品です。
序盤は少し間延びしていた印象ですが、中盤からのテンポの良さは相変わらず。
勧善懲悪でわかりやすい、楽しみやすい映画。

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.0


笑いあり人情ありピンチを切り抜ける機転あり。
テンポも良く分かりやすいストーリーで万人ウケすると思います。

名探偵コナン 11人目のストライカー(2012年製作の映画)

2.5

移動中のながら見で鑑賞。
小五郎のおっちゃんのポンコツが際立ってる作品。でも悪い人じゃないんだよ、っていう描写ももちろんある。

他の人も書いている通り、サッカー選手たちの棒読みが印象的。

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)(2008年製作の映画)

2.5

移動時のながら見で鑑賞。
コナン映画お馴染みの爆発が起きますが、爆発の回数だけで言えば歴代トップクラスなのではないでしょうか。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.0

映画館で鑑賞。
ド派手なアクションや、予想外な結末でありながら納得できる伏線に満足です。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

陣内智則のネタで登場し、ネットでよく冗談で目にする「犯人は毛利小五郎!」を公式が取り入れる遊び心からスタート。
安室さんファンの力なのか少し高評価すぎるかな、とも思いますが、ストーリー、アクション共に
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

2.5

有川浩さんの作品が好きで、原作小説も読んでいたので映画も観てみました。
一部ストーリーの山場もあるけど、基本的には平和な時間が流れて、ほっこりします。
食べられる野草や山菜などを使ったヘルシーな料理を
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.0

わかりやすい映画ではないです。複雑に交じわり合ったストーリー、ハラハラする展開、予想外の結末。
複数人で観て、鑑賞後に解釈や意見を交わすのがいいかもしれません。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

クイーンのこと、フレディマーキュリーのことはほとんど知りませんでしたが、知人に連れられて映画館で鑑賞。
波乱万丈なアーティストの人生が、クイーンの名曲に彩られながら描かれています。
もはやクイーンファ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

松岡茉優さんのファンなので観ました。
事前知識を全く入れず映画館に行き、タイトルや冒頭のお父さんがと息子が協力して万引きをするシーンからクライムコメディかなぁと思いながら見ていたら、テーマが結構重厚で
>>続きを読む

>|