MomerathsBさんの映画レビュー・感想・評価

MomerathsB

MomerathsB

2017年〜劇場鑑賞用です。もっと早く始めたかったな…

□セル盤鑑賞はブクログに書いております
http://booklog.jp/users/momeraths

□好きな映画
・ペットセメタリー
・ロボコップ
・オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
・マジカル・ガール
・Xメンファーストジェネレーション

ジオストーム(2017年製作の映画)

-

野暮かと思われるが「ソーラー・ストライク」と何が違う?これがサメ映画であれば、そんなことは言いませんが。
迫力はあった気もしますが、緊迫感が全然無いのが恐ろしい。カーアクションは良かった。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

天才ネタはこういう描き方しかないのか?と戸惑うほどでした。
「マチルダ」と結末まで同じとは(笑)

ただ、本作は良作と思える。不思議な事に。キャストがいい、猫がかわいい、この加点が大きい。ギャグは思っ
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

-

ちょうど時間が合ったのでみたら死ぬほど退屈でした。管理職にしか見えない主役のおじさんが好かれすぎていて切なくなる。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

始まった途端ににやけてしまう!
序盤のカーアクション…あれは…ドリフト…なのか?超長くて笑うしかない。二丁拳銃も迫力満点。群像劇のようでありながら容赦のない大量虐殺は相変わらずかw
昨年公開のコヴェナ
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

原作厨です…
初めて読んでから驚愕の十数年…久々すぎて超新鮮でした。公開からずっと満席状態のカリテ、武蔵野館でしたがやっとすいてる日に鑑賞。

思えば、ずっと魚喃キリコの描く人物のようになりたかった思
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

思ったより面白かった、っていうか超面白かった。

やっぱりタイトルロゴが出るだけで嬉しくなってしまうし、カイロレンも大暴れでさらに笑う。LEGOのカイロレン部屋はベーダーグッズで溢れた信者ぶりがよく分
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

-

90年代感のある小道具やら衣装やらとBBCらしいおしゃれすぎず、ダサすぎずなところが良い!ジャクロもかわいいヘアーでおもしろい。
ティモシーさんは痩せたのか。歯並びが最高。

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

-

OPから良かったので期待値がぐっとあがりましたが、一長一短。
無駄にパーティシーンやダンスミュージックが多い。

90年版の登場人物の個性や役割を混ぜてあり、知ってる感は無い。おもしろかった。ホラー展
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

見るつもりがなかったですが、2本立ての雪崩で。
邦題は間違えちゃったようですが、ガレージでぶら下がるシーンかっこいいし、手紙や付箋のやり取りは雰囲気が良かった。
メリーゴーランドが何なのか…ネオ・ウル
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

初見では飛び交うジョークがすべて面白く、物語の核心が現れてからも面白いなあ。と眺めていた。
2度目も病名告知シーンで笑う。
”良い病気って?かぶれとか。水虫!”
からの嫁のヒステリー。「息子にもちゃん
>>続きを読む

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

-

見なくてもいいな、と思っていましたがトークゲストのBさんに釣られ…プレミア上映でしたが、注目度は低いのか?

空撮から始まり鋼鉄な文字で不安になりましたが、割れたサイドミラーに映る充血した目!グロい百
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

-

レイプシーンは無く、その残虐性は想像に委ねられてしまった。
未遂に終わったものの、暴行された主人公は、怯えながら逃げ帰る。ただただ無力感を味わいようやく思い知るその序の口、で、少し変わる。
このような
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

-

抽象絵画はあまり…ですが…

ゴッホ=リアル、つまり体制だ!と皮肉り、大臣にだって臆さず主張する。スタイル(絵)が変わっても君だ、と言われるとおり筋の通った人でとても慕われている。(ゲゲゲ。文鎮とかっ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

一瞬もおもしろい所がなく、下手くそ感漂うポルーニンが希少な見どころ。音楽も衣装も好みではなく、気持ち悪い演出でイライラする。シャーロックには多種多様な現代版アレンジがあるというのにどうしてだろう。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

-

CS?VV?スマホサイズ!子供のスーパーマンのインタビュー動画で初っ端やられた。さらにフラッシュが残酷なアローボーイ、エズラだった事に驚き死ぬ。アクアマンのモモアかっこいいし…。ダイアナの白い服が最高>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

-

帰り道に流れ星を2つも見てしまうトリップムービー。(ヴィクトルが監督)
あんな触手レイプ初めて見ましたね。今年公開の「ELLE」内で制作のゲームはまさか…
斯くしてまたやられた。現在放送中のアニメ「少
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

-

服選びシーン良いなあ。質感の確認とか念入りで大変結構。シルクのオーガンジードレス綺麗だったなあ。大変結構。
霊媒師って訳はあってるのか?
霊媒はしないよな?(笑)
えええーーッッッ??!!な返しでおも
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

同時期の松竹ブルーラインで「アイム・ノット・シリアルキラー」がありましたが、同じ起点の2作をよくぞ!よくぞ!と花まるをあげたい。
猫のスタンリーがめちゃくちゃ可愛い。

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

-

予告編のインパクトが強かったので、もっとシャカシャカ系かと思いきや、巧妙な伏線が配置された良作。辻褄合わないとこもなんとか補完できるレベル。大丈夫。
細かいことが気にならないほど、音楽めちゃくちゃかっ
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

-

「マーダー・ライド・ショー」な概略で「恋の渦」的雰囲気の中、ちょくちょくデヴィッド・リンチが顔を出す。
本編は小刻みに面白いセリフがあり吹き出す。
「EXILEの歌詞みたい!」
は初っ端からやられた。
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

人間ほんとサイテー!動物は何にも悪くないのに!かわいそう!!
➝こういうのではない。

監督が監督なだけに、衣装のチョイスたるや、巧妙。職場の皆様もかっちょよかったですが、保守でレイシストなマミーはC
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

2013年のマカヴォイショック(栄枯盛衰)から、彼の出演作は辛くて見られなくなった。スキンヘッドにしたってフュリオサにゃなれんぞ。…とにかく断腸の思いで。

シャーリーズ・セロンは最高だが、マカヴォイ
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

-

君はソウを知っているか?
ああ、観たとも。
(こうして集いし同志たち)

こんな事は今は昔。基礎教養のシリーズ。
8作目にして、未だに伏線を回収してきやがる!!!頭いいな。ただの派手グロじゃない。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

ホラーだったのか?ホラーだったのか?
予想を裏切る倫理問題みたいな何かが後に残る。精神描写が荘厳で入り込めました。
甲殻を物理的にやっちまったな。

馬鹿なのか有能なのかわからない友達いいキャラ。アイ
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

-

TIFFでサフディ兄弟「神様なんかくそくらえ」を見て、作品が気に入ったというよりは、あの兄弟が気に入った(笑)ので、本作も鑑賞してみた。だけだったのに。

たまたま大音量上映の回で、音楽かっこよくて笑
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

短髪ノースリーブのクリスをありがとうございます。

まず、音楽が!かっこいい!ツェッペリンの事ではない。マーク・マザーズボー!かっこよすぎる事もなく、まあいつも良いです。

なんというか、ギャグが、渋
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

「ヴィンセントが教えてくれたこと」の子が大きくなって…。ビルマーレイが好きで良かった…!billy i love youである!!!(泣)

トランシーバーの連絡、排水をくだる船、黄色のレインコート
>>続きを読む

ラップランドの掟(2017年製作の映画)

-

こんな映画体験は、はじめてだ。
手作りの字幕は、訛り、を、関西弁で表現したのだ…!!!
序盤は緊張感ある雰囲気の中、「飯だけ食うて帰ったで」とかなんとかのキャプションが付いてくるので吹き出すばかり。M
>>続きを読む

グレイン(2017年製作の映画)

-

冒頭、女の子を検査室へ誘導している。
選ばれし人間のいる世界はシンメトリーが美しい。
選ばれなかった人間との境にはあまりにショッキングな装置がある。38何とかくらい恐ろしい。ED209(ロボコップ)の
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

レプリカントは攻撃前にキスをする習性でもあるのか?

前作の美術は雨でカモフラージュしたそうだが、今作は水紋がとても美しく、21世紀美術館。
そして、
・内定取り消し風な悲劇を演じるゴズ。
・オンリー
>>続きを読む

グッドランド(2017年製作の映画)

-

監督は近視系イケメンだし、作品は病的だし、とても楽しかった。取り敢えずもう一度見て、目鼻口の変化を確認したい。家屋の様子はバイオ風な廃れ感と、主人公のゾンビ化という言い回しも聞けました。意図せずDリン>>続きを読む

ペット安楽死請負人(2017年製作の映画)

-

主人公は動物の安楽死を生業としているが、占いの母よろしく、とにかく依頼者には説教をかましている。釣り人のキャッチ&リリースにすら制裁を加える。
ペット版ダーティハリー(by谷田部さん)
「苦しみの均衡
>>続きを読む

>|