MomerathsBさんの映画レビュー・感想・評価

MomerathsB

MomerathsB

2017年〜劇場鑑賞用です。もっと早く始めたかったな…

□セル盤鑑賞はブクログに書いております
http://booklog.jp/users/momeraths

□好きな映画
・ペットセメタリー
・ロボコップ
・オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
・マジカル・ガール
・Xメンファーストジェネレーション

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

-

君はソウを知っているか?
ああ、観たとも。
(こうして集いし同志たち)

こんな事は今は昔。基礎教養のシリーズ。
8作目にして、未だに伏線を回収してきやがる!!!頭いいな。ただの派手グロじゃない。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

ホラーだったのか?ホラーだったのか?
予想を裏切る倫理問題みたいな何かが後に残る。精神描写が荘厳で入り込めました。
甲殻を物理的にやっちまったな。

馬鹿なのか有能なのかわからない友達いいキャラ。アイ
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

-

TIFFでサフディ兄弟「神様なんかくそくらえ」を見て、作品が気に入ったというよりは、あの兄弟が気に入った(笑)ので、本作も鑑賞してみた。だけだったのに。

たまたま大音量上映の回で、音楽かっこよくて笑
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

短髪ノースリーブのクリスをありがとうございます。

まず、音楽が!かっこいい!ツェッペリンの事ではない。マーク・マザーズボー!かっこよすぎる事もなく、まあいつも良いです。

なんというか、ギャグが、渋
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

「ヴィンセントが教えてくれたこと」の子が大きくなって…。ビルマーレイが好きで良かった…!billy i love youである!!!(泣)

トランシーバーの連絡、排水をくだる船、黄色のレインコート
>>続きを読む

ラップランドの掟(2017年製作の映画)

-

こんな映画体験は、はじめてだ。
手作りの字幕は、訛り、を、関西弁で表現したのだ…!!!
序盤は緊張感ある雰囲気の中、「飯だけ食うて帰ったで」とかなんとかのキャプションが付いてくるので吹き出すばかり。M
>>続きを読む

グレイン(2017年製作の映画)

-

冒頭、女の子を検査室へ誘導している。
選ばれし人間のいる世界はシンメトリーが美しい。
選ばれなかった人間との境にはあまりにショッキングな装置がある。38何とかくらい恐ろしい。ED209(ロボコップ)の
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

レプリカントは攻撃前にキスをする習性でもあるのか?

前作の美術は雨でカモフラージュしたそうだが、今作は水紋がとても美しく、21世紀美術館。
そして、
・内定取り消し風な悲劇を演じるゴズ。
・オンリー
>>続きを読む

グッドランド(2017年製作の映画)

-

監督は近視系イケメンだし、作品は病的だし、とても楽しかった。取り敢えずもう一度見て、目鼻口の変化を確認したい。家屋の様子はバイオ風な廃れ感と、主人公のゾンビ化という言い回しも聞けました。意図せずDリン>>続きを読む

ペット安楽死請負人(2017年製作の映画)

-

主人公は動物の安楽死を生業としているが、占いの母よろしく、とにかく依頼者には説教をかましている。釣り人のキャッチ&リリースにすら制裁を加える。
ペット版ダーティハリー(by谷田部さん)
「苦しみの均衡
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

-

今年いったい、いくら私の推メンを奪えば気が済むんだ…(ネタバレ最下部)

映像はコントラストが強いとハレーション?がおきているし、ストーリーは安っぽいドラマに仕上がっていた。

しかし、リブートの前2
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

-

(T_T)⊂゚U┬─┬~
(↑泣くアントンと慰める犬をくれ)

急速沸騰冷却
エイリアン討伐ではない。
昨日の今日で降って湧いたような話だ。
「恋人までの距離(ディスタンス)」をアラサーメンヘラで構成
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

-

"僕はリドリーにシドニーで撮影したいと言ったんだ。"byマイケル・ファスベンダー
https://www.google.co.jp/amp/s/dot.asahi.com/amp/dot/201709
>>続きを読む

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー(2016年製作の映画)

-

主観カメラかな?いつものようなジェットコースター感は皆無でした。ほかはいつもどおりの手を抜かない作り込み。
吹き替え面白そうなので、配信が始まったらぜひ見たい。

ドリーム(2016年製作の映画)

-

倍返しだ!!!
みたいなところがあり懐かしい気持ち。大奮闘活劇でニヤニヤしてしまう。
差別していないと思い込んでいる、と言い放たれた時のキルスティン・ダンストの表情がとてもいい。かわいい。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

-

原題:Anthropoid
→ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」
を真似たのかな?
このタイトルもポスターも無敵モードでニヤついてしまう。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

イケメンがあの髪型でゴロゴロ転がってるとか…
コリンズ最高でした。じゃっくろーでん。

これは戦争の映画らしいので、スナック食ってる奴なんていないと思いましたけど、もちろんいました。ノーランだからでし
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

全部のせでやゔぁい。
「ショーンオブザデッド」のLPでゾンビ討伐シーンから、iPodでヌルヌル運転にまで進化。
"I was never a Walkman kid when I was growin
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

-

「ふたつの玉が溶けてくっつく剥がして」
下品な会話からはじまり、何にでも「ファック」を付け出す。
しかし、いたって真面目。

砂埃凄まじく息苦しい環境と、銃弾の入った脚。画面3mの傷口がぎゃーぎゃー泣
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

どうしても気になってしまうのが、あのグラフィックがPS4で本当に良いのか。(プロトタイプの事ではない)触手がストーリー的にメタなのがさいこーにくーるだな…
部屋も衣装も猫も素晴らしいのに…
とはいえ刑
>>続きを読む

スターシップ9(2016年製作の映画)

-

開始30分の前提だからと言って話の大筋をわかって見るのと知らずに見るのとでは全然違うはず。
あの白いスーツ。一番かっこいいと思うけど、どうやら他のとこは部屋着おkみたいだね…と教えてあげたい。
それと
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

-

「チェスの大会?ギプスの大会に出たいようだな」
ドクと愛犬が同じ顔なのはパターソンの趣味かな。
好きな漫画「月に吠えらんねえ」を思い出しながら、詩の威力をまた大いに感じました…ありがとー…

昼休みは
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

5.0

サメ最高wwww
気分で見たら水攻めに遭いました。OPがおしゃれ臭ムンムンでしたが、
「6mだな、9mも見たことがある」
とか何とか。おっさんが面白い厨二発言をします。

ジェットコースター乗車前の自
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

2.5hあります。長いです。アクションシーン最高ですけれども特に内容が無い。冒頭の幼女を見た瞬間の「ワンダーウーマンだ!!!」が沸点。クリスの瞳と同色の軍服が眩しかったですが、マグニートくらいの反ナチ>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

-

最初から最後まで主人公の代わりに「なんでどうして」を繰り返し唱え続けました。魔女系の動物映画ともいえますが、カラスが最恐でした。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

-

家族をひとつにするために…!!!この無垢な願いが切なくて切なくて。ジョーカーのタトゥも入れたくなるでしょう…

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(2017年製作の映画)

-

シロたんをずっと待ってた
前情報ゼロで鑑賞。
最強でした。不愉快な点がひとつもない!例の月が綺麗ですねシーンで不覚にも泣く…!

東京ヴァンパイアホテル(2017年製作の映画)

-

パズルやヒトリシズカの夏帆は全オタク野郎の心を掴んで離さなかったのだろう。本作の夏帆もキュンキュンくる。
ただ、OPがS価臭するのは…

メッセージ(2016年製作の映画)

-

初っ端からプリディスティネイション臭がしたので少し混乱した。時間の概念はなんと文字の方が解りやすいのか
帰結する時間軸を理解したラストの物悲しさよ…気持ちを伝えるだけか、難易度上がりまくりですね。
>>続きを読む

ざくろの色(1971年製作の映画)

-

tumblerで仕入れたかっこいい画像が、数年後、映画のワンシーンである事が判明し、ある日、新文芸坐での上映を知り駆けつけた。ようやく知るこの物語の全貌は高騰しすぎて手が付けられなかったのがファースト>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

LGBTは置いといて。積載量が凄いというかもう部屋から出られない巨漢の質量に等しいのではないか?想いが。重いって言われちゃうッ!
終盤の受け入れ体制は完璧で私にも標準装備できたら、と目標を賜った。

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

-

サウローーーーーンッッ∑(゚Д゚lll))
そこまでじゃないだろ?(笑)
なんとなく思っていた、ベイン戦が一番タフでマッチョで気合入ってる?に合点がいって泣きながら笑いました。Jは誠に愛らしい。

>|