MomerathsBさんの映画レビュー・感想・評価

MomerathsB

MomerathsB

2017年〜劇場鑑賞用です。

□セル盤鑑賞はブクログに書いております
http://booklog.jp/users/momeraths

□好きな映画
・ペットセメタリー
・ロボコップ
・オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
・マジカル・ガール
・銀河鉄道の夜

□好きなドラマ
・ブレイキング・バッド
・ハンニバル
・Mr.ROBOT
・エレメンタリーホームズ

映画(103)
ドラマ(30)

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

-

次男ナビンズの子供時代はぽっちゃり🤣いかれ具合はお変わりないようですが。お元気そうで何より。
これまでの設定は無視されているので、何故レザーフェイスになったのか?が楽しく追えました。

【以下ネタバレ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

いざ、眼前にクリヘム&クリプラ(&一応クリエバ)が並んだあの征服感!!!これこれ!!!ってなる。太った?髪切った?合いの手が良い!!!最近GotGのアニメも見始め、こんなに遠くまで来たのかと改めて痛感>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

サントラ、原作小説、脚本、インタビューetc...
どれも最高だったので兎に角ガッカリしないよう慎重に慎重に映画館へ。
それで一言でいうと、大好きでした。あと何回か観たいし、円盤も欲しい。パンフは売り
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

ゲーム初心者じゃないか?
裏とかボーナスステージの鉄則なのに、5年間、誰もやらなかった…?!
デカ目プリクラ、FF風さらさらヘア…このデザインはちょっと…どうかしら…?と疑念でいっぱいでしたが、胴体が
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

これほどの迫力にして、相変わらずの頭の悪そうな設定w笑うしかないな…
まだアイスにトッピングするのか?!と丁寧なマジレスや、あのロシア人とは真の友情を築けそうだ!的な予兆…
RP1と2本立てで観たので
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

戦時下の政治の話をポップコーンなど食って観るやつはいないかと思ったが当然いた!!(ダンケルクの時も書いたけど。マナー違反とは思わないけどうるさい)

小洒落たシーンやカットが多用されていましたが、シネ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

-

窓のカットを印象的に使ってましたが、昼の屋内は自然光に見えるような照明だった…?!とてもキレイ
足音や扉の開閉音が、人間の存在感をめちゃくちゃアピールしてきますが本当は居ない感。残酷でした。あの悲鳴の
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

-

ここ数ヶ月PR誌を切り抜きスクラップしながら待ちわびていた。
公開館数と、スクリーン座席数の少なさか?常にほぼ満員状態だった印象です。観るのが遅くなってしまい後悔。もう一回くらい見たかったです。
問題
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

片方だけ笑窪がある!
という主人公の設定からして作り込みがおかしい🤣
自作しただろういびつなギターが素敵で老害の破壊活動には悲鳴が出そうでした。
靴磨きをしている、なんて先進国ではどこの「世界名作劇場
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

-

90年代に金ローで死ぬほどみたものの、改めて午後ローで予習したら案外シリアスだった一作目に壮大なロマンを感じました。

この新作も導入から無駄が無く、見入っていました。唯一、無駄があるとしたら、ボード
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

-

終始なんでこんなに面白いんだ?!がとまらなかった。超楽しくてずっと笑顔😊そして「ダディイズラブユー✌」で大喜びしてしかも泣いてしまった。実はけっこう泣いた笑
PS3のはやったことなかったので調達してき
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

いまいち…🙂

そもそも黒パンティは別に好きでもないからなのかもしれないが、ラストのアベンジャーズ予告バッキーで大興奮するだけでした。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

ファーストカットは、伝説を予感させる不穏さがあった。
ストーリーが見えてくると拒否反応がでるウザさ…

トランスジェンダーの亜種かと思っていたのですが、斜め上でした。ラスト!ラスト!と騒がれるだけある
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

-

「ひなぎく」かと思いましたが、「パーティーで女の子に話しかけるには」みたいな攻めた作風とやたらかっこいい楽曲構成でした。2015年の本作をアンジェイ・ワイダは知ってるかな…ああ、ポーランド…

今年2
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

なんだ、ウルトラ怪獣散歩か。

期待して先に小説版(文庫600p)を読んで、更に期待しすぎた。
脚本みたいなものかと思いましたがはあくまで“ノベライズ”。鑑賞後に読むべきでした。

映画は物凄くあっさ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

-

@舞台挨拶付きジャパンプレミア

発売5分で残席4だったこのイベント。なぜkjm閲覧権限までつくのか?作品のファンなのかな?と思っていましたが…
ダイアンの彼氏のダリルが新作ゲーム『DEATH STR
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

-

あなたの旅立ち、綴ります
魔法少女リリカルなのは、始まります。
そして、次の曲が始まるのです
みたいなアニヲタノリの邦題。THE LAST WORDはジュラシックパークの語感が出るから仕方ないか。気持
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

-

こちらも新宿公開まで待てず有楽町へ。
聖なるハム殺しじゃねえか!!!w
ハネケにしては爽やかな潮風が香るようなライトな作品でした。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

-

前作の「ロブスター」が気に入って何度か劇場へ行きましたが、今作はハマりませんでした。やはり、バリーコーガンがあまり好きではないのが大きな要因。

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

-

TIFFで盛り上がっていた本作も有楽町のみの公開で都内でも異次元な争奪があるようだ。
「4Kレストア・デジタルリマスター版」で甦る!→ 2K上映観た。

キレイでした。あんな幻想的な長縄飛びが観られる
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

-

序盤、テレビ音声に混じってモスキート音流すの何だあれ!!!
ウルトラQ世代チェックか何かか?

小市民顔のマット・デイモンにあのキャラってただムカつくだけだし、憎めないとかお茶目でもないなのに何故グズ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

語りの人は、なんでもカモフラがお気に入りで、自室から大量のモデルガンが!!!な少年時代を送ったそうな…
問題児3人の出会いと別れ。さり気なくてほんわかします。

その後のデブ期、俺が働いてる店に来た軍
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

ザック・エフロンかわいい
ザック・エフロンかわいい
ザック・エフロンかわいい
ザック・エフロンかわいい

ここまで殺しに来るとは思わなかった…
『駆け落ちみたい』で発病、口説くシーンで吐血、お姫様だっ
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

-

爆音2018@新ピカ

何度見てもクソ笑うし気分爽快。

平日の昼回しかないので致し方なく仕事を休んだ🤣
タランティーノで一番好きなのは?で仲良くなった疎遠の友達来てるかな〜?来てなかったな…w
国際
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

-

◆トランスフォーマー配給作品を鑑賞する②

サムネの美女のみを認識し、(ポスター見なかったな)知ってる奴いねえと思っていた。始まった瞬間ベッドで目を覚ます男の横顔、『こいつ、クリマイの奴』だと気付く。
>>続きを読む

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

-

◆トランスフォーマー配給作品を鑑賞する①
楽しかった!!

チェックのシャツがぶっちぎりで似合わないファスでした。自他共に認める、ど底辺が基盤。先進国で教育を受けなかった非識字は辛いな。(ファスはイギ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

【一番大きなスクリーンでやってるのを見よう!キャンペーン】
知らずに突撃したら、凄く面白かった。

まず、ババアがかっこいい。とにかく最高に無骨なババアだった。それ見たことか、とコナン的な笑顔はしない
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

-

All Eyes On Meを見に行った時、予告で「ホワイト・ゴッドの監督〜」と聞こえ、シネコンでかかる事に異常に驚いた。大きめのスクリーンで感謝だが、見終わってみると、IMAXでもう一度見たくて堪ら>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

-

子ども向けだったか。物足りなかったが、お医者さんのころっと騙されるところ、良かった。
いちばん大事な、バケモノのワカメ、カニ、造形も良かったけど迫力がない(笑)
ルイのニヒルな印象も、あの髪型で伝えた
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

-

野暮かと思うが「ソーラー・ストライク」と何が違う?これがサメ映画であれば、そんなことは言いませんが。緊迫感が全然無いのが恐ろしい。
前提としてのアルマゲがクソ嫌いなのもあるかな?定番モノが嫌いなわけで
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

天才ネタはこういう描き方しかないのか?と戸惑うほどでした。
「マチルダ」と結末まで同じとは(笑)

ただ、本作は良作と思える。不思議な事に。キャストがいい、猫がかわいい、この加点が大きい。ギャグは思っ
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

-

ちょうど時間が合ったのでみたら死ぬほど退屈でした。管理職にしか見えない主役のおじさんが好かれすぎていて切なくなる。

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

-

コンプトンもそうだったが、新宿だとバルトでしかやらないのか…(笑)そして、今作もQBが字幕監修で安心なスタート。
逸話が多すぎて盛々しており、てんやわんやでしたが、どんな手法だろうが2パックは凄い!!
>>続きを読む

>|