kyoheiさんの映画レビュー・感想・評価

kyohei

kyohei

30歳 2015年ぐらいから映画館で観始めました…
それ以前の作品で何かお薦めあれば教えてください(^o^)v

映画(445)
ドラマ(0)

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.7

台詞に絶妙に絡んでくるアメリカなジョークが多数合って新鮮だった。

お話的には、全く住む世界が違う女性2人が主人公の話だった。

動画配信系のブログをしている若干大丈夫なのぐらいの気の効く専業主婦のス
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.2

凄いクオリティの映像を観れて楽しかったとまず思いました。
正にアメコミを凄い技術を使ってアニメ化するとこうなるのかぁと感心しました。

主人公が白人じゃなくて、アフリカ系とプエルトリコ系のハーフの少年
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

初めて映画館のスクリーンで、イーストウッドの演技を観ることができました。
これまで過去作のダーティー・ハリー、パーフェクト・ワールド、グラン・トリノは、レンタルやらテレビでやってたのを観てた感じだった
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

映画タイプのなかで、許されないタイプと許されるタイプの映画があると思うのですか、これは許されるタイプの映画だと思いました。

なんか久しぶりに平日のレイトショーで観たんですけど面白くて良い気分転換にな
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

子供みたいな感想なんですけど、単純に観終わって、良いもの観れたなぁと思える映画だった。

こんな良い話が実話だったのには、人生捨てたもんじゃないなと思えますよ。

ガサツで腕っぷしは強い無学だけども家
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

とにかく映像が綺麗で美しい映画だと思いました。
特に、中盤の山が火事になるシーンとラストの感動的な海辺のシーンの2つのシーンが印象に残りました。

スマートフォンで観たので、映画館のスクリーンで観たな
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

原作未読、去年ぐらいに映画館の待合室にあるテレビで予告編が繰り返し流されていたのが気になっていたんで、観てきました。

最初は違和感あった、一人だけ実写の中にいるお目目ぱっちりなアニメ的なヒロインも、
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

正直観終わってのすぐは、なんか微妙だったのかなぁと思ってなんですけど、数日たってから、この映画の事を考えてみると良かったかもと思えてきましたね…

主人公のアン女王は、自分に比べてみればもの凄い高貴な
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.2

ポスターから漂う日曜劇場のオールスター感…
濃厚な映画体験でしたよ。

映画館のスクリーンに写し出されるドアップの顔は迫力がありましたよ…
正直、会議シーンばかりなんですけど、なんか嫌な方で共感しまし
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

一昨年公開されたジャスティスリーグでアクアマンを観た時は、水辺で強い魚と話せるマッチョ髭の大男的イメージだったんで、まさか単体映画がこんなアクション超大作になっているのに驚いた。

さすが、スカイミッ
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

4.0

シティハンターとの出会いは、十数年ぐらい前ぐらいに動画サイトのGyaO!でアニメを観てたのがきっかけかな…
その後、原作(かなり下ネタきつめなのを良くアニメでは、こんな風にチューニングしたと感心した…
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.2

デイミアン・チャゼル監督の過去作の『セッション』、『ララランド』と共になんか強烈な感情を持った師弟や恋人の二人を描いていた音楽映画が凄くよかったので、『ファースト・マン』も気になって観てみました。>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

どこか懐かしい感じの匂いのするオールスター映画だと思いましたよ…
スペシャルドラマ感が凄い…
この時期にやって映画で本能寺ホテルもあったなぁ…とボンヤリと思いだしました。

正直、木村拓哉は検察側の罪
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

前作と一緒で歌って、踊るミュージカルかつファンタジーで楽しい映画だった。
そして、やっぱり家族の問題が解決すると…扉が開いたら帰ってしまう…メリー・ポピンズには、やっぱり何か切なさと寂しさも感じました
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.0

初めてイ・チャンドン監督作品を観ました。
村上春樹の原作も読んでない…
テレビ版は、最初のジョンスとヘミが出会ったぐらいまでを観た。(そこぐらいで寝落ち…)
そんな自分が観終わって思ったのは、久しぶり
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

4.0

全編がモノクロで続いていく印象深い映画でした。

偶然、拳銃を拾ってしまったが為に、いつか銃を撃ちたい…そんな衝動に刈られていく主人公を村上虹郎が演じてましたよ…

正直、チャラチャラしてる若干世間を
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

4.0

物語の序盤に鈴木家で、いきなり引きこもり気味だったお兄さん(加瀬亮)がいきなり首を吊って自殺、お母さん(原日出子)はショックで記憶喪失…

結構考えてみたら重い内容なんですけど、記憶喪失のお母さんにつ
>>続きを読む

がっこうぐらし!(2018年製作の映画)

4.0

原作もアニメも全く知らない、なんとなく前半が日常系で後半がゾンビ系なのかなぁとボンヤリとした感じで観てきました。
観てた回、多分自分含めて、4人ぐらいだったような気がします…

正直、生徒役の娘達は初
>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

4.2

塚本晋也監督の舞台挨拶付きの上映回を観てきました。

監督自信が映画内では、とんでもなく強い剣豪の澤村役だったので、どんな人なんだろう?と思っていたんですけど実際は物腰の柔らかい良い感じの人でした…
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.2

スーパーヒーローの誕生をこんな風に描くことができるとは…最終的には、なんかよくわからないんですけど良い映画だったなぁ…みたいな余韻を残す不思議な映画でした。

正直思ったのは、2000年公開の『アンブ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.0

新作公開前に鑑賞してみました。
映画は、楽しいもんですよ…と改めて教えてもらえた感じがする。
新作が楽しみのような…不安のような…

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

4.0

年末に『ドラゴンタトゥーの女』を見返していたので結構楽しめました。
ダニエル・グレイグとルーニー・マーラがいなくなっていて、グロテスクやエロいシーンが少なくなっていても全然問題なかったような気がします
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.0

日曜日の昼下がりに3本連続して鑑賞の3本目『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

これについても気になる予告編かつ好き女優の吉田羊が出てるし、『今日から俺は!!』の太賀と『レディ・プレーヤー1』の森崎ウィ
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.7

日曜日の昼下がりに3本連続して鑑賞の2本目『ライ麦畑で出会ったら』

正直、観る予定ではなかったんですけど、1週間だけの貴重な上映と聞いたんで観てみました。
多分『ライ麦畑でつかまえて』を読んでいたら
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.2

日曜日の昼下がりに連続して3本鑑賞の1本目『生きてるだけで、愛。』

なんか文学系の作品なのかなぁ?と思ってたんですけど、たまたま、やってた予告編で菅田将暉がノートパソコンをぶん投げるシーンがあって、
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

年末年始の休みの時に『ロッキー4 炎の友情』を注入してたので、この『クリード 炎の宿敵』かなり楽しめました(^o^)

改めて、歴史のあるシリーズなんだなぁと感じましたよ…

まんまロッキー3と4を合
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.2

観終わって数日経ってから感想を書きますが、なんとも言えない不思議な感触の映画でしたよ…

改めて思ったのは、存在しない透明人間をまるでいるように思わせてくれたと言うだけでも実は良かったんじゃないかと…
>>続きを読む

愛と法(2017年製作の映画)

3.5

大阪を拠点に活動する弁護士夫夫のカズさんとフミさんのドキュメンタリー映画でした。

正直、自分がなんとなく聞き流していたニュースやら事件に、この二人が弁護士として、関わっていたとはと…
また、相変わら
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.5

とりあえず、ミスター・ガラス前に鑑賞。
こんな話だったとは…
どんな三つ巴(不死身、ガラス人間、多重人格)の話になるんだろうか?(>д<)ノ

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

とりあえず蜘蛛の巣を払う女前に鑑賞。
こんな話だったのかとボンヤリと観てきましたよ。
ルーニー・マーラがクレア・フォイになるとどうなるのかなぁ?

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.7

とりあえずクリード前に鑑賞2。
なんと言うか、真っ直ぐ過ぎるストーリー…
YouTubeにあった予告編そのまま…
アポロにあんな演出させられたら倒したくなるドラゴの気持ちもわかるような…
音楽もカッコ
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.7

とりあえずクリード前に鑑賞その1
ロッキーとアポロがイチャイチャしてたのが印象的…(^∇^)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.7

1月1日は、ファーストデイなんだと気づき、ここ数年毎年観に行っているような気がする。
思えば16年は、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、17年は『この世界の片隅に』を観にいった。
去年は、『オリエ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0

多分、今年最後の観賞にこの映画を観てきました。

はっきり言って、相変わらずハードな内容のストーリーでしかもバイオレンス、そして、アメリカとメキシコとの不法移民の問題も考えさせられる映画でしたよ。
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

前作のゲームセンターのキャラクター達の内側を描いたシュガー・ラッシュがかなり面白かった。舞台のお菓子の国の美しさ、そしてゲーム的オタク要素も良かった。

今回のシュガー・ラッシュ・オンラインもまぁ楽し
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

タイを舞台にした映画を観るのは、田舎の水上の小学校を舞台にしたすれ違いのダイアリーズ以来(美しくタイの風景と日記を題材にした素晴らしい映画だった…)です。
カッコいい予告編と結構評価がいいのでバッドジ
>>続きを読む

>|