kwtrさんの映画レビュー・感想・評価

kwtr

kwtr

映画(113)
ドラマ(0)

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

5.0

どのキャラクターも本当にいい

特にステイサムの使い方が最高すぎる

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.3

ピエ瀧ああいう役似合うなぁ

作品を通して観やすい作品で非常に良かった

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

4.2

加瀬亮が前作ではセクシーなインテリヤクザでものすごくよかったのだが、今作は急にただ吠えてるだけの三下に成り下がってしまってて少し残念だった

バッティングセンターのところは好き

トータルで前作より劣
>>続きを読む

呪怨 ザ・ファイナル(2015年製作の映画)

2.5

ホラーはなぜほっといたらすぐギャグに舵を振り切ってしまうのか

天井に顔面がめり込むとかギャグ漫画でしか見ない表現だろう

あ、ギャグとしてみるとそれなりにおもろいっす

呪怨 終わりの始まり(2014年製作の映画)

3.5

劇場での音響効果などが合わさると何をどうしても怖くなるものだが、改めて家で観ると何が怖かったのか全くわからなくなるそんな作品

劇場での思い出を加点してこの点数に

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.5

サメ、ステイサム、深海へのロマンといろんなものを満たしてくれる素晴らしい作品

以降何度目かの視聴にはなるが、公開当時劇場で観られたことを幸運に思う

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.8

若干タランティーノ風味のリーアムニーソンを楽しむ映画

呪怨2(2003年製作の映画)

2.0

純ホラーのビデオ版1、ホラー風シュールギャグのビデオ版2を観れば十分

劇場版はあらゆる点でクオリティが低く見る価値なし

呪怨(2002年製作の映画)

3.5

話の展開の仕方があまり好みではない

演出は良い

やりすぎるとビデオ版2みたいにシュールギャグになってしまうが

呪怨2(2000年製作の映画)

3.2

後半特に、急にほん怖レベルになって思わず笑ってしまった

コマンドー(1985年製作の映画)

5.0

不朽の名作

普段洋画は字幕派だがこの作品だけは吹き替えで観たくなる

着信アリFinal(2006年製作の映画)

3.0

コメディ映画として楽しめました

絶対に笑ってはいけない着信アリ

モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ(2016年製作の映画)

4.5

Webアニメ一期から映画まで通してのスコアにはなるが、かなり満足出来た

この映画団体で視聴してしまうと世界観やキャラクターの関係性がさっぱりわからないので注意

>|