kyokoさんの映画レビュー・感想・評価

kyoko

kyoko

映画(420)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

若草物語が大好き!原作はもちろん全て何度も読んでいるし、映画化されたものはほとんど観ている、と思う。。ここ数年多忙とズボラを理由に映画を観る本数がかなり減ってしまったり、鑑賞メモもやめてしまったりで、>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

謎の時間、謎の展開、謎の編集
気まずい沈黙、決して心地良いとは言えない間合い、、
なんとも不思議な長い夢みたいな映画。
内容こそ全然違うけど長さと浮遊感というか、
感覚的にジャック・リヴェットの『セリ
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

しょうらい、へんくつ、げんきん

と心に刻んだ。
あんなご近所さんがいたらいいのに。
『孤独のススメ』と似たような作品かと思っていたけれど、こちらは純粋にハートウォーム。
あっちは思ってもみない展開を
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

『LA LA LAND』が最高すぎる件‼︎
特に始めと終わりが好き☆

大好きな映画
・ロシュフォールの恋人たち
・ワン・フロム・ザ・ハート
・ラムの大通り ...etc.
の要素が少しづつあったなぁ
>>続きを読む

高台家の人々(2016年製作の映画)

3.0

原作のファンなので映像化を楽しみにしていました。ただな〜〜! 光正さんのイメージが斎藤工とは違うんだよなー、個人的には(イメージより大分濃い)。ちなみにマサオは原作とのギャップが凄いけど結構良かった(>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

4.0

前半と後半、印象がガラッと変わる〜。
どんどん人の気持ちが明らかになっていく感じで、悪人ってそんなにいないんだよね、って思わせてくれるし、もう、最後の「ヨハン!」はヤバかった。
唐突に終わるけれど、そ
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.5

少し前に新宿シネマカリテで。
かかってからしばらく経つので、空いてるかなーと思いきや、ほぼ満席でだいぶ前方の席。
そして不思議なことに、始まってあまり経たないうちから隣のご婦人が豪快ないびきをたてはじ
>>続きを読む

ギャラクシー街道(2015年製作の映画)

2.2

以前、三谷監督の宝物は「奥さまは魔女」のDVD-BOXだと書かれた記事を読んで「私もですよ!」と思ったことがある(あれ、すごい嵩張るんだよー)。

今回のオープニングアニメを観て、明らかにオマージュを
>>続きを読む

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

2.9

予約していた日に大雪が降ってしまったので振り替えギリギリ可能な3日後に出直した…
ってそこまで必死こいて見に行ったのにこのバカバカしさよ!笑
なんか昔の「バチ当たり修道院〜」とか「神経衰弱ぎりぎりの〜
>>続きを読む

ブラス!(1996年製作の映画)

3.6

あれ? これにはロバート・カーライル出てないの? って言う感じで『フル・モンティ』とかる~くダブってました。
ウェールズの炭坑の町が舞台。
私は演奏シーンが入る映画って何故か大体好きなんですけどこの作
>>続きを読む

百貨店大百科(1992年製作の映画)

3.2

『青春シンドローム』『猫が行方不明』『家族の気分』のセドリック・クラピッシュ監督長篇デビュー作品。
思わずクスクスッと笑ってしまう、そんな作品。
大笑いじゃないんだけどちょっとあったかくなる、そういう
>>続きを読む

スローガン(1968年製作の映画)

3.2

やっぱりこの頃のジェーン・バーキン可愛いなぁ~。
セルジュ・ゲンズブールもなかなか良い感じです(欲目)。
小物が! ディテールが! この時代のプラスチックな感じ好きなんだなぁ。
実際こういう所には住み
>>続きを読む

あなたがいたら/少女リンダ(1987年製作の映画)

3.4

出来たばかりのシネスイッチで観たなあ。エミリー・ロイドが可愛かった。でも、唐突にガスマスクはヘン。

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.8

おっさんらがパンツ脱いで爽快!って普通だったらありえへん世界。^_^

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

ニューヨークのティファニー本店に行った話をすると大抵「アレ、やった?」って聞かれるのがヘン。みんなもやりたいらしい。
あと、原作のカポーティはオードリーが演じるのは気に入らなかったとか。マリリンが良か
>>続きを読む

サイレント・ムービー(1976年製作の映画)

2.6

タイトルの意味が分かった時はこれを観た自分に対して無性に腹が立った!

ポリエステル(1981年製作の映画)

3.5

臭い付き映画っていうフレコミからしてかなりヘン。ヤバすぎる!

ヘアスプレー(1988年製作の映画)

3.6

娘にスパルタダンスレッスンさせてるデビー・ハリーの髪型があまりにもヘン。泣けるレベル!笑

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

3.6

ジョン・ウォーターズ風に言えば「良い悪趣味」らしいんですけど。 友達3人で『ディバインの会』を結成してたなぁ~。

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.8

ダリル・ハンナの化粧はかなりヘンだ。
しかも当時「カックイー!」って思った。

トップガン(1986年製作の映画)

3.0

笑:この映画は実はゲイムービーらしい。
『スリープ・ウィズ・ミー』でのタランティーノの説明によるとトム・クルーズとヴァル・キルマー演じるアイスマンとの最後の絡み「俺のケツについて来い!」に至ってはもう
>>続きを読む

フラメンコ(1995年製作の映画)

4.0

カルロス・サウラ監督のドキュメンタリー。
私、スペイン人に生まれれば良かったな。だって街中で急にフラメンコ踊り出しても自然だし。っていうか、アンダルシアを旅したとき、「前世はここだよ!」とサクロモンテ
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.5

ヒュー(グラント)にキューン。
ヒュー(馴れ馴れしい)ったらカワイイのよ。
(『モーリス』の時は目もくれなかったけど)
この映画での役柄は『フォー・ウェディング』の時の彼を彷佛とさせます。
あの、何か
>>続きを読む

ウォーターボーイ(1998年製作の映画)

3.5

このダメっぷり、愛しくてたまりません。31才の水運び係くん。
水フェチ、重度のマザコン。愛車は耕耘機みたいなやつ。
私、オットコ前が好きなはずなんだけどダメなのにも弱いのね、何だかんだ言って結局。
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.7

なんかあのキアヌ、ヒロミ・ゴーに見えるんだよね…。『ネオ』ってどうなの?
どうも穿った見方になってしまう…映画がギミックだらけだからだろうか?
あの「戦闘プログラム」とやらに『酔拳』も入ってたような気
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.6

スタンリー・キューブリック監督の遺作。R指定だけあって年齢層も高く。
でも別にR指定って程エッチな感じはしない、キューブリック的(?)な映像。
最初の方は催眠術をかけられているかのような気分で(アイズ
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.5

観終った途端に「ギャロ最高!」と口をついて出た。
気分は立ち上がって拍手(実際はメロリンキューでしばらくその場に座ってた)。
最ッ高にスウィートでキュートでダサカッチョイイ『バッファロー’66』。
>>続きを読む

メッセージ・イン・ア・ボトル(1999年製作の映画)

3.4

観ながら頭の中にずっとあった言葉は「喪失」。
物語の終わりに主人公のモノローグにもやはり「喪失」という言葉が出てきました。
始めの方は『めぐり逢えたら』とダブり、終わりの方は『愛と哀しみの果て』とダブ
>>続きを読む

ベリー・バッド・ウェディング(1998年製作の映画)

2.7

かかる映画がいつもB級以下!(私基準)という昔懐かし新宿ピカデリー4で観たっけな。
キャメロン・ディアスとクリスチャン・スレーターが出ていても間違いなくB級。

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

3.6

冒頭のジャック・O・ランタンがグワッと映ったところからして、もうティム・バートンワールド。
よく明るい作品中にもダークなイメージを醸し出す彼だけれども今回は漆黒の(まさに)中にも明るい感じが。
とにか
>>続きを読む

恋する人魚たち(1990年製作の映画)

3.8

クリスティーナ・リッチ、当時10歳。家でも水着で水中メガネしてた水泳フェチの女の子役が最高だった!
その後もずっと出演作にあたるたびにあの子がこんなに大人になって…と、目を細めているのですよ。アダムス
>>続きを読む

エイミー(1997年製作の映画)

3.9

もう大変だった! 普通泣く場面じゃないだろうという冒頭から泣き通し。こんなに泣いてる人も周りにはいなかったけど。
でも終わった後、みんな軽く泣いたような顔してたね、ありゃ。
彼女の歌声には心洗われるこ
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

3.7

心に染み入る優しい雨のような作品だった。
『カラー・オブ・ハート』で昔のドラマオタクな高校生を演じていたちょっとクセのあるトビー・マクガイア(後のスパイダー男)、ワタシ好みのタイプのカワイコちゃん、シ
>>続きを読む

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

4.0

ロバート・デ・ニーロ、ビリー・クリスタルっていう私の大好きな演技派(ビリー?)俳優がW主演。
デ・ニーロはもちろん大スターで何の説明もいらないと思うんだけどビリーはね、アカデミー賞の司会ってのがいちば
>>続きを読む

>|