CINEMAと暮らすさんの映画レビュー・感想・評価

CINEMAと暮らす

CINEMAと暮らす

映画(1299)
ドラマ(1)
アニメ(0)

こちらあみ子(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

あみ子に応答するのは?

原作は今村夏子のデビュー作となる同名小説
冒頭、継母はあみ子のことを「あみ子さん」と呼び、実母ではないことが分かる。継母は習字教室の先生をしている。子どもたちや、その親からの
>>続きを読む

天使の恍惚(1972年製作の映画)

2.3

日本改革のため、闘争を続ける若者たちを描く。

方向性の違いから仲間割れが起きるような状況で、ある者は視力を失い、ある者は爆破のために街へ出る。
各々が革命に参加する理由や政治信条をぶつけながら、SE
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.5

東大900番教室で行われた三島由紀夫と東大全共闘による伝説の討論を振り返るドキュメンタリー。

1000人もの全共闘が待ち受ける場に単身乗り込んだ三島は挑発にも乗らず、揚げ足も取らず、対話を通して、自
>>続きを読む

世界を変えたテレビゲーム戦争(2019年製作の映画)

3.3

ゲームの黎明期からPlayStation誕生までを描いたドキュメンタリー。時代を彩ったゲーム会社の栄枯盛衰を俯瞰的に学ぶことが出来る。

ラルフ・ベアの開発したピンポンゲームを見よう見まねで作ったアタ
>>続きを読む

ザ・ブルード/怒りのメタファー(1979年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

精神治療中の妻ノーラと別居し、娘を育てるフランク。妻の両親が謎の死を遂げた真相を探ると、妻が産んだ奇形児の仕業だとわかる。娘を守るため、フランクは妻を殺す。

ノーラに一片の情けもかけられないところが
>>続きを読む

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

際どい番組をメインに扱うTV局の社長が見つけたヴィデオドロームの世界。徐々に現実が侵食され、精神が崩壊していく。

謎のビデオがきっかけで、死に至るという構造は『リング』と同じ。『リング』は生前の恨み
>>続きを読む

名付けようのない踊り(2022年製作の映画)

3.6

"場踊り"という表現で知られる舞踊家・田中泯​。彼の踊りとの向き合い方を捉えたドキュメンタリー。

場と踊ることが田中泯のスタイル。場(=空間)は常に流動的であるがゆえに、無限の踊りが生まれることにな
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ゲーム版「君たちはどう生きるか」

プログラマーのミリーとキーズが、自分達のコードが盗用された証拠を見つけ出すために、ゲーム内のモブキャラの力を借りる物語。

銀行員のモブキャラだったガイが、サングラ
>>続きを読む

honey(2018年製作の映画)

2.0

事故で両親を亡くし、親代わりとして育ててくれた叔父に恋をする奈緒。強面な鬼瀬に告白され、一度は断るも、徐々に彼に惹かれていく。

ジャニーズの全員がそうなのかはわからないけど、頑なにキスは見せない演出
>>続きを読む

ジュブナイル(2000年製作の映画)

3.0


仲良し4人組の小学生はキャンプ場でテトラというロボットを見つける。テトラが必要とする物資や情報を集める。ネット環境が必要だった4人は変人と噂される物理学者・神崎の家に忍び込む。

山崎貴の映画監督デ
>>続きを読む

アポロンの地獄(1967年製作の映画)

3.3

後世に絶大な影響を与えたギリシア悲劇『オイディプス王』をパゾリーニが映画化
パゾリーニ版『オイディプス王』に仕上がっている

ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

白石和彌の長編デビュー作

『フォレスト・ガンプ』がrun(走る)なら、俺たちはsail(航海する)だ!
と言わんばかりのラストは、失踪の結果、自立した兄の姿を見せてくれる。

悪魔の毒々映画をカンヌで売る方法!(2004年製作の映画)

3.3

大切なのはショーマンシップ

『悪魔の毒毒モンスター』で知られる映画会社トロマがカンヌで自社作品を売り込む様子を収めたドキュメンタリー

自分だったら「居合わせたくないな〜」と思う反面、ここまで吹っ切
>>続きを読む

Disney's クリスマス・キャロル(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスに起きた奇跡の裏に隠された、恐怖の臨死体験。

ロバート・ゼメキスは、本作の5年前に『ポーラー・エクスプレス』というフルCG作品を監督している。この作品は「不気味の谷」と呼ばれる、現実とCG
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

好きを貫くは普通のこと

お魚博士と聞くと海洋生物学者か?と思うが、海洋生物学者になるためには魚以外の勉強も出来なければいけない。一つのことに秀でているだけでは海洋生物学者にはなれないのだ。
魚は好き
>>続きを読む

路(みち)(1982年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

第35回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作

1980年の軍事クーデター後のトルコ。仮出所を許された受刑者たちを描く。
 投獄中に妻のジネが売春婦になってしまったセイットは妻と息子を連れて雪山を歩く。
>>続きを読む

父 パードレ・パドローネ(1977年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

教育の機会を奪われた少年の生きる道
 この映画は35歳のガビーノの物語。小学校に通うガビーノは羊飼いの父の命令で学校をやめ、家業の手伝いをさせられる。文字もわからず、羊の乳搾りのやり方もわからないまま
>>続きを読む

(1971年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

恋の使者として弄ばれた少年の夏

 13歳の少年レオはブルジョワの友人マーカスの家で夏休みを過ごす。レオはマーカスの姉マリオンと買い物に出かけ、グリーンの服を贈られる。マリオンと親しくなったレオは彼女
>>続きを読む

鶴は翔んでゆく/戦争と貞操(1957年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この演説は果たして正解なのか

 モスクワで暮らすボリスと恋人のヴェロニカは平和な日々を過ごしていた。鶴たちが船のような編隊で空を飛んでいる姿が美しかった。やがて、第二次世界大戦が始まり、ボリスは志願
>>続きを読む

オーソン・ウェルズの オセロ(1952年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

第5回カンヌ国際映画祭グランプリ

シェイクスピアの4大悲劇「オセロ」をオーソン・ウェルズが映画化
ウェルズ自身が黒人将軍オセロを演じる
美しい妻デズデモーナの不貞を疑い、徐々に殺意に変わっていく心理
>>続きを読む

さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌(1992年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的な創造力に揺さぶられる。

ある日、まる子は静岡の親戚の家に行く途中に絵描きのお姉さんに出会い、仲良くなる。学校の課題で好きな歌をイメージした絵を描くことになり、まる子は音楽の時間に習った『めん
>>続きを読む

>|