KzBourreeさんの映画レビュー・感想・評価

KzBourree

KzBourree

映画(280)
ドラマ(0)

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

4.5

面白すぎ。
うらぶれたホテルかと思いきや、立派なロビーラウンジ。
ダサい客たち。これで何が起こるの?人情者?なーんてありません。
落ち着いて見ていると飛び上がることもしばしば。意外性は最大です。
たっ
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

3.6

新しい視点のアクション映画。
お母さんがどうしたわけかすごく強い戦士に。
その過程が描かれていないのが残念。つまり彼女の覚悟、というのが本来はとても大事なテーマだと思うから。

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

2.8

映画には向かないと思われます。
小説は読んでないけど、おそらく本来書いてあることをうまく投影出来なかったのではないかと。

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

近未来SF
コンピューター進化を予見したシンギュラリティそのもの。
そう、人間とコンピューターが同化して初めてシンギュラリティと言える。
ただ鍛えていない肉体があれほど機敏に動くというのはあまり納得し
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.6

セコセコした生活の中で、門脇麦さんの役柄を見ているとホッとため息が出るような。
人生ゆったり生きたっていいんだな、と思う。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.1

英語のナチス映画?少し違和感あるけどそこは面白さでカバー。
撮影にはチェコが使われているようですね。最初の1時間はあまり変化のない親子愛のコメディーかと思い、正直引き込まれなかった。
しかし、後半にな
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.4

何が真実で何が妄想で何が嘘なのか最後どうでもよくなる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

60年代は素敵だな。行ってみたい。
と思いつつ、何かが起きそうで何も起きない。
眠い、と思っていたらいきなり目が覚める。
いやはや、なんて作品だ。

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.3

随分前に小説は読んでいたけど、映画は新鮮でした。

大脱出3(2019年製作の映画)

3.6

1と2を見ないで見てしまった。
パワフルでした。

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.9

倫理的に怖すぎて、先を見るのが怖くなる。
未来永劫起こり得ないとは言えないと思うけど、起こって欲しくない。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

2.9

世の中シニア層が増えたので往年のスターの映画が流行るのか。
少し退屈でした。

君に届け(2010年製作の映画)

3.6

少し嬉し泣き。
しかし今は堂々たる俳優が女子高生とは。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.7

小説を読んだのであえて見ずにいたが、むしろ面白かった。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.1

楽しめた。
殺し屋、ヤクザものなのに笑いの要素がピンポイントで効いてくる。
岡田君のアクションがすごいけど木村文乃の馬鹿女ぶりもなかなかだ。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.0

役作り難しかった感じしました。
最後ははめられたのか?たぶん見直さないとなんと言ったのか分からないけど、鑑賞者に預けて終わる感じです。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.0

クィーンの盛り上がりを期待して観たけど、残念ながら足元にも及ばず..,
本人がエグゼクティブプロデューサーと出ているのでほぼ自伝。
カッコいいところを中心にしていないだけ悪くないです。
音楽家としての
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.1

テレビ番組を知らないで見たので、登場人物の背景などわく分からず。
ちょっとひねくりすぎですね。
もっと意外性がないと、映画的には。
ただ正月に家族と見たけど、単純に正月向きで面白い。

劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2016年製作の映画)

3.8

京アニの作品、何か観なければと思いこちらにしました。
普段はアニメはまず観ないけど、なんか涙腺緩む内容でした。
原作はもっと高校生らしい悩みとかたくさん出てくるのでしょうけど、コンパクトで良いと思いま
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.2

江戸時代のこういうの好きです。
佐伯泰英さんの作品を読みたくなりました。
主人公の磐音が強すぎないという設定も現実的で悪くないと思います。必ずどこか斬られちゃう。それに礼儀正しい。
こういうのは、頑張
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.7

ジャッキーチェン、やるなぁ。
65歳とは思えない。
純粋に楽しめました。

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.4

陸軍と海軍の違い?
なんだか太平洋戦争の零戦を見ているみたいだった。
最後にあの終わり方はなんかスッキリしない。有事の際に結局日本は大国に頼るのかなぁ。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.3

本のストーリーは簡略化されているが、作者の意図は十分伝わっている。
福山さんの演奏、ギタリストとしてもしっかりしていた。
確かに映画に挟まれているいくつかの演奏は福田進一さんで、それはもう素晴らしいの
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.4

あまりのバカらしい内容を真剣にやるところが凄い。
しかも最後まで見てしまった。
埼玉育ちの千葉県民としては...

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

4.3

親父と娘の葛藤と愛。
音楽で気持ちが一つになれるなんて素晴らしい。
古いレコード店も懐かしさが。
でも機材があればあんな風にたった二人でビートの効いた楽しい音楽を作れるんですね。やってみたい気もする。

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

素晴らしいの一言。
ニューヨークから南部に行くに従って黒人差別が少しずつ。
それには動じない気持ちを見せていた黒人ジャズピアニストのシャーリー。
毎晩ボトルで飲むカティーサーク。そして彼の本心が主人公
>>続きを読む

>|