ネコ子さんの映画レビュー・感想・評価

ネコ子

ネコ子

監督・出演者で作品を選びがち❣️
怖い顔の俳優さん好き

ツイッターやってます☺️
https://twitter.com/Nekoko06855882?s=03
時間があればのぞいてください🎵

映画(103)
ドラマ(0)

ディクテーター 身元不明でニューヨーク(2012年製作の映画)

4.0

どこぞの国を彷彿させます‥。

ある国の独裁者アラジーン(アラディーン?)が、側近の裏切りにより民主主義の国アメリカに取り残されてしまう。そこには、マナーの悪い人たちや自分を批判する人々がいて、、とい
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.9

エイミー・シューマーって、パペットのミス・ペギーに似てると思うのです。←←褒めてます。

ジムに通ったり、動画をマネしたりして、毎日美しくなるための努力をしている主人公のレネー。それでも自分の容姿が好
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

原作者の魚喃キリコ氏とは出身地が近いこともあって、ついつい気になって作品を観てしまいます。はっきりとしたメッセージ性もないし、優柔不断な主人公が多いので、彼女の作品は観る人を選ぶのかもしれません。ただ>>続きを読む

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

4.5

ヴィゴ・モーテンセンを知るまで、しばらくはヴァンサン・カッセルが私の好きな(怖い)顔ランキングで1位👑だった。2位はウィレム・デフォー。その後、マッツ・ミケルセンやマイケル・シャノンが現れて、現在ラン>>続きを読む

フライド・グリーン・トマト(1991年製作の映画)

4.3

4人の女性の群像劇かと思いきや、2人ずつの物語に分かれており、過去と現在が交互に描かれます。

スポーツにしか興味のない夫との生活で自分に自信を失いつつある主婦エヴリンに老女ニニーが聞かせるのは、逆境
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.8

ジム・キャリーが死んでも死んでも何度も生き返るくらいのしつこさが特徴のコメディ・スリラー作品。とにかく喋る喋る!一応、彼は《準主役》です。

表向きなストーリーとしては、テレビの不具合を直してもらおう
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

期待値低めで挑みましたが・・・
❇「FOX サーチライト・ピクチャーズ」❇
で始まったので上昇しちゃいました。

個性を持った登場人物たちが"不思議な生き物"を受け入れるまでの時間を描くのではなく、そ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.3

よくできた内容ですね!
地味ながらも素晴らしいと思います。

「JUNO」「ヤング≒アダルト」の脚本家と監督が手掛けた3作目。一見関係なさそうなシーンを上手くつないでいくやり方は、本作品でも発揮されて
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

軽い気持ちで鑑賞しましたが、ものすごく丁寧に作られた作品で驚き!
テンポがいい上、細かいところまで面白いので、目と頭で追うことが間に合わなくて巻き戻しながら観ました。
ラスト30分は、作品の意味が一気
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.8

「よくある話と違って悲しくならずに明るくて2人が魅力的でキュンとした!」というアメリカ人の言葉を信じ、闘病系が苦手ですが鑑賞しました。って、やっぱりな展開の「切なくなる」やつやん(苦笑)

が、その流
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.5

◯◯シーンが苦手なのでスコア低めです。アメリカでは鉄板ネタですが、ぜんぜん慣れません…(;ω;)

「glee」と比べられがちですが、こっちは華やかな大学生活。「お前、歌の才能あるんだからスポーツなん
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

3.8

※原作は読んでません。
小学生の頃、なぜかこのポスターに一目惚れして、部屋に飾っていたなぁ…なんていうのを思い出し鑑賞。ソフィア・コッポラも大好きだという本作品。美しく撮るカメラワークが好みらしいです
>>続きを読む

TOKYO!(2008年製作の映画)

4.5

有名監督3名が"東京"を舞台に、それぞれの解釈を織り交ぜた3篇からなるオムニバス映画。

①「インテリア・デザイン」
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩 他
物語:上京した女性
>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

3.8

「ローマの休日」などで知られる、ウィリアム・ワイラー監督の社会派ドラマ。セルフリメイクだそうです。 オードリー・ヘプバーンとシャーリー・マクレーンの豪華共演!!に惹かれて軽い気持ちでチェックしてみまし>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.5

一人の女性の一生分の恋愛を見届けた感じから、ラストで一気に解放!!鑑賞後はどーんと疲れました!!

なかなか結ばれない二人。
これにサスペンス要素があれば、心がかき乱されてハラハラドキドキなんだろうけ
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.9

《パラサイト="寄生虫"》に侵略された高校を舞台に展開される「青春・サバイバル・パニック・ホラー」!!

いつ、どこで、誰が、寄生されるか分からないドキドキ感!ロバート・ロドリゲス監督なのでCGを駆使
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

5.0

個人的に「FOX サーチライト・ピクチャーズ」の作品は、ほぼハズレなしだと思っています。だから、ファンファーレが鳴ってロゴが表示された時には、ガッツポーズしちゃいました。オープニングのキャスト・スタッ>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

4.0

ねっとりとした色っぽさはないけど、どこか蒸し暑さを感じる恋愛ドラマ。閉鎖的な空間の使い方がストーリーや心情に合っていて心苦しかったです。

同じ場所や同じ曲を繰り返し使用したりと随所にこだわりが感じら
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.8

漫画もアニメも全く観たことありませんが、宣伝を観ているうちに興味が湧きました‼️監督のこだま兼嗣さんは「名探偵コナン」シリーズも手掛けているということで期待してました‼️

安定感があり、面白かったで
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.0


( 」゚Д゚)」オーイ! ミコ~📢

"幽霊が見える"という不思議な能力を持ったせいで、ひとりぼっちになってしまったと感じている主人公の御子(みこ)。「誰も私のことなんて…」と心を閉ざしてしまった御
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.5

この脚本を執筆したのは、PTA が風邪で寝込んだ出来事がきっかけらしいですね。妻のマーヤがとても優しく看病をしてくれたことで、主従関係が変化する面白さに気付いたそう。

このエピソードを聞いて鑑賞した
>>続きを読む

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

4.5

スパイ🕵️‍♂️ものだと聞き、難しい内容だと混乱して楽しめないと悲しいので、吹替版を鑑賞。

笑い転げました~😆💣✨
パッケージのチープさからは想像できないくらいダイナミックな演出と笑い満載でしたね。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

久しぶりですね!
ヒューマンドラマでのアンチヒーロー!
母ちゃんカッコいい!🤣

幸せな家庭が事件によって生活が一変…みたいな王道なストーリー展開ではない。始まりから終わりまで、しかめっ面のお母さんが
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

年齢・性別・血のつながり関係なく、それぞれの優しさが凝縮されて1つになるあのラスト。グッときた!

なんと言っても主人公が純粋で好感が持てる。戸惑いつつも、周りに馴染もうとする。でも、自分を見失わない
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.8

雨の夜、モーテル、電波なし、見知らぬ人々…恐怖心の煽り方が見事でした。

ジョン・キューザックとレイ・リオッタの表情の変化が素晴らしかったです。おかげで、この二人の行動ばかり気になっちゃって…。今思え
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.8

「ゴーン・ガール」と合わせて観るといいと聞きました。ということは『女ってのは…』を描いたストーリーだと分かりますね。あまり内容について触れない方がいいタイプの作品です。

純粋に面白い。
まるで日本の
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.8

ベン・スティラーは、ウィル・フェレルの笑いとは違う気がする。ウィル・フェレルは失敗すればするほど面白いけど、ベン・スティラーの場合はあまりにも運に見放されすぎて可哀想な気持ちになる。

だから、主人公
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

4.5

主人公の入場曲「Sweet Child O' Mine」が泣ける!この前観た「はじまりへの旅」での使い方も感動したけど、こっちもこっちで良い!

1980年代に人気レスラーだったランディ。今はアルバイ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

ヴィゴ・モーテンセンは、やっぱり髭がない方がステキ。

テレビでスノーボードの成田兄妹が幼い頃に父親の厳しい教育を受けていた映像を観て、この映画を思い出しました。父親が子供たちに生き方を強制しているよ
>>続きを読む

デンジャラス・バディ(2013年製作の映画)

3.8

サンドラ・ブロックが真面目キャラで、メリッサ・マッカーシーが横暴キャラ。よくあるキャラ設定だし、だいたい二人のイメージってこんな感じだから真新しさもなく。知っている出演者も少なめだし、大きな展開も無い>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

大坂なおみ選手で注目され始めた「アンガーマネジメント」という心理トレーニング。もしトーニャ・ハーディングもこのトレーニングをしていたら、この大事件は起こらなかったのかもしれないですね。

靴紐のことで
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

これ3時間くらいにしてくれないかなって思うくらいの情報の多さ!冒頭からの30分間、登場人物や展開を飲み込むのに必死でした。(いい意味で)

大人になるための様々な壁にぶつかる主人公の輝きと痛み。「はば
>>続きを読む

チェイシング・エイミー(1997年製作の映画)

3.8

コミック作家の主人公ホールデンは同じ作家のアリッサに恋をするが、彼女はレズビアンだった!しかし、諦めきれないホールデンは彼女を想い続ける。やがてアリッサの重大な過去が明らかになって、、

男心が全く理
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

オリジナルに"かなり"寄せてあって普通に楽しめました♪「字が読めないんだ😭」ってウソ泣きするところとか、病院に向かう車内の会話などオリジナルで好きなシーンが本作品でも描かれていて個人的には嬉しかったで>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.5

始まって30分は全然理解できなかったんです。この作品は合わないのか( ´-`)と思ってたら、だんだん物語が飲み込めてきてラストまでの1時間はとっても面白かったです!慣れない絵のタッチも徐々に受け入れら>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

友達なし、彼氏なし、ついには前科持ちになってしまった主人公・鈴子(蒼井優)がアルバイト生活で100万円を貯めるごとに海や山、街を転々とする話。手作りのカーテンをお供にして。「100万円貯まったら…」は>>続きを読む

>|