neruさんの映画レビュー・感想・評価

neru

neru

映画(133)
ドラマ(13)
  • 133Marks
  • 81Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.3

「痛ましくも美しい愛と再生の物語」とあるので愛情とか希望を強く感じられる作品かと思ったら、痛ましいが強かった。

薬物依存なんて綺麗事で描いてられないか…

堕ちていった人の再生には周囲の支えが絶対必
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

4.8

何回観ても好き。ほろ苦いけどなぜか満たされる。

にやけずにはいられないイチャイチャ、部屋の暖色系の灯り、冬、ストーブ、透けてる黒タイツ、裸で毛布、ダッフルコート、美大の校舎、田舎道、小さい映画館、ガ
>>続きを読む

透明人間(2018年製作の映画)

3.7

ふわふわ感がたまらない
雨粒で顔の輪郭がわかるのとか色々楽しい
等々、アニメーションが素敵

短編だけど、鬱屈と寂しさと勇気と優しさと、これどうなるんだ!?というわくわくが詰まってる

内容の解釈は簡
>>続きを読む

陽だまりの彼女(2013年製作の映画)

4.1

観たのは昔だけど、期待以上で予想外で可愛くて愛おしくて切なくなったのをよくよく覚えてます

めがね(2007年製作の映画)

4.0

観終わった後、テレビを消して携帯も放り投げて
外の風にあたりながら深呼吸して伸びをしたくなる(できればメルシー体操)

「いくら真面目にやっていても休憩は必要」という言葉に心が解けた

間合いを楽しむ
>>続きを読む

たみおのしあわせ(2007年製作の映画)

3.3

煮え切らなさはあるけどじわじわくるコメディ。
世にも奇妙のホラー系じゃないやつ見た後の感覚に似てる…
たみおとお父さんはいつまでも仲良し

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.7

全体的に映画!ドラマチック!って感じはあるけど
2人のすれ違いはもの凄く普遍的でリアルなので観ていて苦しい

もう限界だと思うきっかけは大きく分かりやすく描かれていても
そこに至るまでに2人が積み上げ
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.8

頭の良い2人の会話劇がメインの作品
予想と違う展開が面白くて飽きずに鑑賞

映像とか映画の雰囲気がお洒落
確かにこれは大人の恋だ〜と思う反面、
主人公の2人こじらせすぎてて笑う
でも素直じゃない不器用
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.7

シンプルに笑えて、元気が出る

「主人公がだんだん外見的に美しく変化する」がほぼ無し、初めから終わりまで同じなのが面白い

自分も普段、つい足りないものばかりに目を向けて後ろ向きになっているなーと気付
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.0

いつかの有名爆音上映で「絶対ハマるから!!!」と超リピーターの友達に連れられ観賞

満席のシアターでは上映前に「お待ちかね!さぁ始まるよ!」的なMCに続いて歓声あげながら組んだ両手を掲げる観客の皆さん
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.9

前半ホラーみたいな怖さとグロでこの先耐えられるかな…と思ったけど、いつのまにか見入って観賞

許されざる過去があるから、松ケンと暮らす毎日が始まってからの愛があたたかくて悲しい
吉高由里子きれいでした

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.2

体感時間90分くらいでした
遊園地で1日遊んだくらいの興奮と満足感です

>|