とーんとーんさんの映画レビュー・感想・評価

とーんとーん

とーんとーん

映画(79)
ドラマ(0)

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.4

基本的にマッチョなおじさんが好みだけど、やや幼児体型にヌメヌメしたぷっくり唇、ケガしても一週間もすれば跡も残らず治りそうなみずみずしい肌に金髪の巻き毛のロレンソ・フェロが美しくて見惚れてしまった。

守護教師(2018年製作の映画)

4.0

点数が微妙だから、期待しないで見に行ったけど、十分面白かった。
正義感の強い曲がった事が嫌いな元ボクシングチャンピオンが女子高で学年主任という名の集金係に採用されて、自校の生徒の失踪事件の解決に奔走す
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アル中の妊婦⁉️って勘違いするような理解力の無い自分にはストーリーが全然分からなかったけど、海とか空とかやたら綺麗で、劇中歌じゃないのにエンドロールの米津玄師の歌に引き込まれる映画。
上4

おいしい家族(2019年製作の映画)

4.0

登場人物の服とか台所のキッチン雑貨とか目につく小物がみんな花柄で、
監督の目指してる花が咲き乱れてるユートピアを描いたファンタジー映画だったんだなって思った。

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どうしようもない現実は現実で、
お構いなしに時は進む感じの終わり方でイタリア映画らしい映画。

小鳥のさえずりのエンドロールは
あ~どうしよう~っていう感じの
なんとも言えない余韻でクラクラした。
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

5.0

シリーズ全部見てるけど、
これが一番好き♪
みんな仲良しだし、
みんな生きてるし、
ドン・オマールの歌もいいし、
後のシリーズだとなんだかんだで
世界の平和を守るヒーロー過ぎるけど、
これは初期の設定
>>続きを読む

未来を乗り換えた男(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ映画だけど、フランスのマルセイユが舞台の映画。

世界観とかあんまり説明ないまま進んで行くストーリーでヨーロッパ映画だなって感じ。

ドイツのナチスを参考にした集団に追われている設定だけど、
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.3

原宿クエスト試写会観賞。
セガフレード・ザネッティ・エスプレッソのドリンクと抽選で原宿クエストの金券プレゼント付。
試写の前に的場浩司さんとゆきぽよさんのトークショー。
二人とも映画を意識した衣装。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

CMで使われたことがあるような曲のサビしか知らないぐらいのクイーンの知識で観たけど凄い良かった。
公開されて1ヶ月以上経つのに映画館の一番大きいスクリーンで鑑賞。
映画館の大きなスクリーンのいい音響で
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.2

ニッショーホール試写会鑑賞。

SNS投稿でプレスシートのプレゼント有り。

ぽっちゃり体型のエイミー・シューマー演じるレネーが主人公。
ジムで床に頭打って、自分の思い描くスリムで美しい顔に変身した幻
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

4.0

Filmarks当選ユーロライブ試写会鑑賞。

Filmarksとa prayer before dawn(映画の原作の題名)のステッカープレゼント有。

中山ゴンザレスさんの
タイの刑務所の外観・撮
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

ワーナーブラザーズ試写室鑑賞。

ガガがシンガー役だから自然と多くなるライブで歌ってる顔のアップ映像と力強い歌声が良かった。

映画としてはガガ演じるアリーがメインだと思って観に行ったけど、
ブラッド
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

フィルマークス主催
神楽座試写会鑑賞。
丸山ゴンザレス さん、ギンティ小林 さんのトークショー付き。

前作見てなかったけど、
トークショーで3部作だって説明受けるまで
気づかないぐらい、問題無く面白
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

東劇試写会鑑賞。
脳死の娘を取り巻く家族のストーリーってぐらいの情報で鑑賞。
門扉に人魚がデザインされた都心の注文建築の豪邸を背景に題名が出てくる最初のシーンで金に糸目をつけずに脳死の娘に治療を施す系
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.2

ニッショーホール試写会鑑賞。
トランプ大統領一人を批判するというより、
今のアメリカの政治全般を批判して
若い子に期待って感じの映画。
それと、監督の出身地、ミシガン州フリントの
水質汚染の現状を多く
>>続きを読む

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

-

ユーロスペース試写会鑑賞。
参加者の年齢層が高めなのが印象的だった。

インド映画って煌びやかな衣装を着た集団が歌って踊っるシーンが必ず入ると思ってたけど
そういうシーンの無いインド映画って初めてだか
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

よみうりホール試写会鑑賞。
来場者がほぼ女性でちょっとビックリ。

会場はすすり泣きの声があっちこっちで聞こえて来たし、
上映後には拍手が起こったから一般的にいい映画だったんだと思う。

以下は原作未
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.3

ニッショーホール試写会鑑賞。

前作も出演者の他の作品も未鑑賞の
作品に対してフラットな状態で鑑賞。

ただのB級SF映画だと思ってたら
一周回って面白くなる映画だった。

B級の割にCG映像頑張って
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

この前のトークショーで話題になった
2018年3大低予算映画
(カメラを止めるな・サーチ・クワイエットプレイス)
だから期待して鑑賞。

フジテレビのマルチシアター試写会鑑賞。

出演者はほぼ主人公家
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

ソニーピクチャー試写室鑑賞。
ルーペのお土産付。

家族でパソコンのアカウント登録を
する所からスタートして
本当に全編PC画面だけなのに、
登場人物のキャラクターや関係性が分かりやすくて
中だるみす
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

2.8

東京カルチャーカルチャーの
ジャパンプレミア観賞。

凄い振り切った内容の映画だった。
登場人物については必要最低限、
むしろ足りないぐらいの描写。
登場してすぐ退場の出演時間の短い登場人物複数。
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

金曜ロードショー観賞。

どっかでジェネリックジブリってコメントを読んで??って思って観賞。

確かにジブリの作品の何かで観たことある設定、登場人物、場面で雰囲気ジブリだった。
特に最後のラピュタっぽ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.3

NHK地上波放送で観賞。
2016年3大アニメ映画の1つとして評判は知ってたけど、映画館で見なくてもいいかなってスルーした作品。
裏で24時間テレビを放送しているのが意味深とか思ったりして観賞スタート
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.1

金曜ロードショー鑑賞。
耳をすませばのバロンが出てくる映画ぐらいの知識で鑑賞。
良くも悪くも金曜ロードショーで鑑賞に最適の映画だった。
元の上映時間が短いからCM込みでもそんなに長い時間にならないし、
>>続きを読む

フルスタリョフ、車を!(1998年製作の映画)

2.7

たぶん凄いいい映画だったんだと思うけど、(一部で上映後拍手起きてたし)でも陰謀事件の歴史を事前勉強せず観賞したのと、分かりやすいハリウッド映画ばかり見てる私には難解で理解出来なかった。観賞後ネタバレサ>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

試写室にて観賞

公開時、豪華なキャストで気になったけど、あんまり周りで話題にならず、気がついたら近所の映画館で公開が終わってしまっていて見損ねた作品だったから、楽しみにして観てきました。

映画公開
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

アメリカで公開されてSWシリーズ初の赤字映画とか後のスピンオフ映画が白紙になるくらい人気の無い映画って前情報から期待せずに見に行って来た。
個人的にはそんなに駄作だったとは思えない、それなりに楽しめる
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

王様のブランチのミニシアターコーナーの宣伝見て、絶対面白いのだ!って思って期待して鑑賞。
期待を裏切らない凄い面白い映画だった。
公開から全ての回が満席になるのが納得のオススメ映画。
声出しOKの映画
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

3.3

ナチュラルメイクのマーゴットロビーが可愛い映画。
登場人物は3人だけ。会話と何気ない立ち振る舞いで全然価値観の違う人々なのが表現されてた。
原作だと登場人物が2人らしいけど、映画は3人に変更されてる。
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

外国から見た日本って中国と韓国と香港のごちゃまぜな感じかアニメや特撮の極端な表現の事が多いから心配だったけど、ちゃんと日本だった。
日本人役は日本人が声優だからイントネーションも違和感無いし、
未来設
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.1

ユーロライブ観賞
最近、一瞬しか映らない背景まで凝ってたり、登場人物が多かったり、会話のスピードが早かったりと情報量が多い映画を見てたから、この映画は凄いシンプルで新鮮だった。
白黒映像、通行人さえほ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

簡単なあらすじを読んでハリウッドセレブ相手にギャンブルを主催してのし上がったやり手の赤裸々スキャンダラスなストーリーだと思ったら、いろんな事を言い訳にして楽な人生はいくらでも歩めるのに、逃げずモリー・>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

TOHO鑑賞
ヴァン・ヘイレンのジャンプのBGMで
ゴミゴミしたスラム街っぽい近未来の住宅から老若男女がゴーグルしながらパントマイム状態でゲームしてるシュールな感じを抜けて主人公が秘密基地に行ってゲー
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

朝日マリオン試写会観賞。
主人公の男の子がいい子だったから映画の後味はいい映画だった。
でも、豪華な俳優陣に思わせぶりな違和感のあるチラシ、ちょっと期待して見に行き過ぎたかも。
宗教ネタで傍に座った外
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

東宝東和試写室観賞
自分もカトリックの学校に通っていたから、授業前のお祈りとか季節ごとのミサとか突然のスカートチェックとか懐かしかった。
それに、やや過保護でなかなか自分がいいと思ったことを褒めてくれ
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.2

ヒューマントラストシネマ観賞
良くも悪くも危険な事が起きない少年少女の独りで遠出の様子を愛でる映画だった。はじめてのお使いを見ているような感じ。
普段アクションやファンタジーを多く見ているから、トラブ
>>続きを読む

>|