とーんとーんさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

とーんとーん

とーんとーん

映画(90)
ドラマ(0)

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

試写室にて観賞

公開時、豪華なキャストで気になったけど、あんまり周りで話題にならず、気がついたら近所の映画館で公開が終わってしまっていて見損ねた作品だったから、楽しみにして観てきました。

映画公開
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

アメリカで公開されてSWシリーズ初の赤字映画とか後のスピンオフ映画が白紙になるくらい人気の無い映画って前情報から期待せずに見に行って来た。
個人的にはそんなに駄作だったとは思えない、それなりに楽しめる
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

王様のブランチのミニシアターコーナーの宣伝見て、絶対面白いのだ!って思って期待して鑑賞。
期待を裏切らない凄い面白い映画だった。
公開から全ての回が満席になるのが納得のオススメ映画。
声出しOKの映画
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

3.3

ナチュラルメイクのマーゴットロビーが可愛い映画。
登場人物は3人だけ。会話と何気ない立ち振る舞いで全然価値観の違う人々なのが表現されてた。
原作だと登場人物が2人らしいけど、映画は3人に変更されてる。
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

外国から見た日本って中国と韓国と香港のごちゃまぜな感じかアニメや特撮の極端な表現の事が多いから心配だったけど、ちゃんと日本だった。
日本人役は日本人が声優だからイントネーションも違和感無いし、
未来設
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.1

ユーロライブ観賞
最近、一瞬しか映らない背景まで凝ってたり、登場人物が多かったり、会話のスピードが早かったりと情報量が多い映画を見てたから、この映画は凄いシンプルで新鮮だった。
白黒映像、通行人さえほ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

簡単なあらすじを読んでハリウッドセレブ相手にギャンブルを主催してのし上がったやり手の赤裸々スキャンダラスなストーリーだと思ったら、いろんな事を言い訳にして楽な人生はいくらでも歩めるのに、逃げずモリー・>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

TOHO鑑賞
ヴァン・ヘイレンのジャンプのBGMで
ゴミゴミしたスラム街っぽい近未来の住宅から老若男女がゴーグルしながらパントマイム状態でゲームしてるシュールな感じを抜けて主人公が秘密基地に行ってゲー
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

朝日マリオン試写会観賞。
主人公の男の子がいい子だったから映画の後味はいい映画だった。
でも、豪華な俳優陣に思わせぶりな違和感のあるチラシ、ちょっと期待して見に行き過ぎたかも。
宗教ネタで傍に座った外
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

東宝東和試写室観賞
自分もカトリックの学校に通っていたから、授業前のお祈りとか季節ごとのミサとか突然のスカートチェックとか懐かしかった。
それに、やや過保護でなかなか自分がいいと思ったことを褒めてくれ
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.2

ヒューマントラストシネマ観賞
良くも悪くも危険な事が起きない少年少女の独りで遠出の様子を愛でる映画だった。はじめてのお使いを見ているような感じ。
普段アクションやファンタジーを多く見ているから、トラブ
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

4.0

韓国文化院 ハンマダンホール試写会観賞。
小川泰平さんのトークショー付き。
韓国語で自己紹介したり、現役時代に着ていたベストを着ていらしたり、質問コーナー有りでサービス満点の面白いトークショーだった。
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.2

金曜ロードショーの日本語吹き替え鑑賞。
ピーターパンの前日譚のお話。
「チック、タック」でカウントしたり、
「ワニ」を怖がったり分かりやすい
フック船長らしい小ネタがクスりとさせられた。
タイガーリリ
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.5

一ツ橋ホール試写会観賞。
犯罪捜査の海外ドラマを見ているような
テンポが良くサクッと見れて楽しかった。
心に闇を持つ凄腕主人公、
出番が終わったら即退場の雑魚の皆様、
追い詰められるとペラペラ犯罪動機
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.4

ユーロライブ試写会鑑賞。
テルマエ・ロマエの作者のヤマザキマリさんのトークショー付き。
サバサバした話し方で自分らしく楽しく生きている感じが伝わってくる素敵な方でした。
映画はとにかくダイアン・キート
>>続きを読む

ヘラクレス(1997年製作の映画)

3.2

ディズニーチャンネルで放送していた日本語吹き替えを観賞。

公開当時、題材のギリシャ神話にあんまり興味がなく、独特の筋肉モリモリのキャラクターデザインが好みじゃ無くてスルーした作品。

分かりやすいし
>>続きを読む

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

3.5

ディズニーチャンネルで放送していた日本語吹き替えで観賞。

ライオンキングまでは見てたけど、ポカホンタスから絵のタッチがカクカクした感じで可愛く無くなって、ファンタジー要素が少なかったり、社会風刺が全
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.5

よみうりホール試写会鑑賞。
完全なるスポコン映画だった。
いつものインド映画だと思っていると
集団で歌い踊るミュージカルシーンも
髭を生やした中年モテ親父も出てこないし、
軽い恋愛要素もなしで
ちょっ
>>続きを読む

シューマンズ バー ブック(2017年製作の映画)

3.5

青山一丁目駅から5分ぐらいのゲーテ・インスティトゥート東京ドイツ文化センターにて試写会鑑賞。
チャールズ・シューマンさんご本人と菊地成孔さんのトークショー付き。
内容は
ニューヨーク、ハバナ、東京、パ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.3

HARAJUKU QUESTのQUEST HALLで試写会観賞。
会場のビルのテナント提供のコーヒーがLINEのお友達になると貰えたり、
100人以上にビルのテナントで使える金券の抽選会があった。
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.3

一ツ橋ホールにて試写会鑑賞
入口でネタバレ禁止のマスク配布有。
いつもの試写会に比べて若い女子率が高い感じだった。
原作未読だったので、凄い疑って鑑賞したけど、事件の真相は見破れなかった。
紙の本への
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

ユーロスペース試写会鑑賞
父の罪を娘が償う神話がモチーフらしい。
元の神話を知らないけど
登場人物達のあまり感情を表さない表情に
生?性?欲だけが際立ち、どこか人間っぽさがないから浮世離れした雰囲気が
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.1

一ツ橋ホールにて試写会鑑賞。
ジェイミー・フォックスさんが最愛の息子のために頑張る映画だった。
ラスベガスの夜景、肉弾戦に銃撃戦、横転する車、麻薬ディーラー・カジノオーナー・買収された警官達・ちらっと
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ヒューマントラストにて観賞(下①)
ガルガドットの美しさを堪能する映画。
アマゾン族だから超人的な身体能力で相手を倒し、素晴らしい動体視力で決して怪我しないし汚れないし、雪が舞うような寒さでもワンダー
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.4

ヒューマントラストシネマ渋谷で観賞。
7ヶ国語話せるとか剥製作りが趣味とか名門大学全て合格の学力にスポーツ選手並みの体力を持ってるけど、森で暮らしてるから世間知らずな家族の面白おかしい生活の話がメイン
>>続きを読む

プレーンズ(2013年製作の映画)

2.9

友人の家でDVDで鑑賞。
カーズ好きの友人の息子のために借りて見ていたけど、開始20分で彼の寝息が聞こえて来た。
本戦出場のための予選会までは面白いけど、本戦はかなりダイジェストな試合内容の羅列でハラ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

TOHOにて観賞
チラシに載って無かったから出演しないと思っていた前作出演者がスクリーンに登場するので、前作のおさらいをしてから見た方が面白かったと思う。
チャニング・テイタムに期待し過ぎると思ったよ
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

4.2

アキバシアター試写会観賞
てらさわホークさんと松江哲明監督のトークショー付き。
いい映画は食事のシーンが面白いってトークに凄い納得。
真面目なアクションとコントのようなコメディの両方楽しめる映画。
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.3

公開時:ヒューマントラストシネマ鑑賞。
RADWIMPSのPVのような映画だなって印象。
新宿周辺の歩いたことのある知っている街並みを見て親近感が湧いた。
greeeenの雪の音のPV見た時の感覚に似
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

よみうりホール試写会観賞
50年前に実際にあった事件を題材にしているけど、白人警官に黒人さんが発砲される事件が今でもニュースで流れるから今も差別が無くなってない世の中が悲しい。
プリズン・ブレイクのテ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.7

松竹試写室にて観賞
ミステリー調のファンタジー映画。
海外ドラマで見慣れた俳優さんが出演されてた。
父親:ブレイキング・バッドのジェシー
主治医:ワンスの狩人
精神科医:シカゴ・メッドのチャールズ先生
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.8

ワーナーブラザーズ試写室鑑賞。
ジャスティスリーグの5人各人のロゴマークのシールのおまけ付。
王道のハリウッド映画でいい意味で単純明快な娯楽映画。
さまざまな自然災害で壊滅的な被害を受ける世界の都市の
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

2.5

模範解答にあるような理想的な登場人物達でちょっと自分には眩しすぎた。
ややシニア向けの映画の印象。

ラ・ベア マッチョに恋して(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ヒューマントラストシネマにて鑑賞(2/2)
マジックマイクのような感じかなって見に行ったら、ダンサーや経営者のインタビューメインのドキュメンターリー映画。
インタビューの合間合間にショーのシーンが流れ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

ヒューマントラストシネマにて鑑賞(1/2)
いつもあまり見かけないような客層の複数人の大学生ぐらいの集団が見に来ていた。
ビックリするシーンでいいリアクションしている姿が微笑ましかった。
R指定でグロ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

TOHOにて鑑賞。今までのDC映画に比べてユーモアのあるクスって思える言動が多くて楽しかった。
海外ドラマのフラッシュに比べて映画ではおちゃめな言動が多く最初ちょっと違和感あったけど、エズラー君演じる
>>続きを読む