lalalalabombaさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • lalalalabombaさんの鑑賞したドラマ
lalalalabomba

lalalalabomba

映画(172)
ドラマ(12)

罪人の嘘(2014年製作のドラマ)

3.0

人は人の犯した罪を裁けるのだろうか、国は裁けるのだろうか。

無実と無罪は違う。

裁判は有罪か無罪かを問う。
しかし、有罪か有罪ではないか。
Guilty or not guilty

有罪以外は
>>続きを読む

0

レディ・ジョーカー(2013年製作のドラマ)

2.8

大手ビール会社に対する社長誘拐と企業テロは様々な組織が絡む大きなシステムの中の出来事だったというよくある話。

人はそれこそ十人十色というが組織に入るとそれはそうもいかなくなる。

それが営利企業でも
>>続きを読む

0

水晶の鼓動 殺人分析班(2016年製作のドラマ)

3.1

シリーズのスピンオフのそれも第2弾らしいか、これが初めて。

台風襲来に備え家にこもって撮りためた中で一番長いのを観た。

連続殺人事件とテロ組織による連続爆破事件。

未熟な女性捜査官を軸にベテラン
>>続きを読む

0

悪貨(2014年製作のドラマ)

3.0

2019年の参議院議員選挙で「れいわ新選組」の山本太郎は消費税は廃止とぶち上げた。

それを聞いてそんなことして大丈夫かという意見を持つ人が多かった。

今世界を作り上げている貨幣システム。
そのシス
>>続きを読む

0

モザイクジャパン(2014年製作のドラマ)

2.5

何が言いたいのか、いや、言いたいことはわかるけど…。

会話のシーンはとてもよかったが、全体的に中途半端な感じで抑揚がないというかリズムが感じられなかった。

高橋の作品は初めて観たけどいい声してるね
>>続きを読む

0

死の臓器(2015年製作のドラマ)

4.0

ぼくの持っている運転免許証と健康保険証の裏に臓器移植の意思があるかに✔︎をする欄がある。

どの臓器も提供する意思はないと✔︎を入れている。

いつも重厚なドラマを制作するWOWOW ドラマW。

>>続きを読む

0

コールドケース ~真実の扉~(2016年製作のドラマ)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「特捜部Q」を彷彿させる。
海外の脚本、枠組みを日本人の役者と演出で作ったという感じのなかなか斬新なドラマ。

くどい説明はしないし、展開も早くて飽きさせない。

ユースケサンタマリアの回では主演の女
>>続きを読む

0

社長室の冬 -巨大新聞社を獲る男-(2017年製作のドラマ)

4.0

芸能人の不倫や大麻、幼児の虐待や老人の運転ミスと食いつきのいいニュースばかりが目立つ。

最早、風前の灯となった新聞。
紙の媒体とかネットメディアとかの問題ではなく報道機関として機能しているかどうかの
>>続きを読む

0

楽園(2017年製作のドラマ)

2.6

いつもなかなかのクォリティのドラマを見せてくれるWOWOWドラマW。

何本か観て、原作は宮部みゆきだし期待して観る。

約6時間という長さが必要だったのは作品の構成上ではなく別な理由だろう。

登場
>>続きを読む

0

模倣犯(2016年製作のドラマ)

3.5

ドラマWで宮部みゆき原作と思い録画してみた。

WOWOWにしては安っぽいと思って見てたらテレビ東京だった。

ストーリーは流石に宮部みゆきなので面白いが演出でこうも安っぽくなるのかと感心した。

>>続きを読む

0

震える牛(2013年製作のドラマ)

3.9

ドラマWで同じ原作の「不発弾」が見応えあったのでこちらの方も一気に全話鑑賞。

「不発弾」よりもっと身近な食品に関する組織(民も官も)の闇。

一時期話題になった食品偽装はより巧妙になって牛肉100%
>>続きを読む

0

不発弾 ~ブラックマネーを操る男~(2018年製作のドラマ)

3.7

フィクションではあるのだが、古賀という主人公のモデルになった実在する人物がいるのではないかと思い巡らせながらずっと観ていた。

自分よりいくらか年下の設定であまりバブルの恩恵を受けてないと思われる世代
>>続きを読む

0