noritamaさんの映画レビュー・感想・評価

noritama

noritama

東京オアシス(2011年製作の映画)

2.6

小林聡美と加瀬亮が共演しているシリーズは好きな作品が多いのだが、本作はあまり私には刺さらなかった。夜の東京の高速道路からの景色は綺麗だったけど、あとはオチのない小説を読んでいるみたいだった。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

格差といった社会問題に対する問題提起ではなく、ノマドというひとつの生き方を描いた映画。主役のファーンをはじめ、出てくる人がみんな素朴な善人ばかりだったところが少しリアリティに欠けていた感じがした。周り>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.7

景色めちゃくちゃ綺麗。物語も素直で気持ちよく見られた。エンドロールめっちゃジブリ!

シングルマン(2009年製作の映画)

3.8

コリン・ファースの初老のゲイの大学教授役が妙にハマっていた。自分は男性でも同性愛者でもないので本当のところは分からないが、少なくとも映画等で見る限りでは男性同士の恋愛は異性愛よりも純度が高い(互いを思>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

途中までヒトラーに好感を持っていて、認知症のおばあさんと対面したところでふと我にかえって怖くなった。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.9

BGMがバッハのせいか設定は日本なのにヨーロッパ映画のような味わい

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.9

出演者がやたら豪華なドキュメンタリーという感じで、めちゃくちゃ面白かった。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.8

面白い。マギーの合理的な考え方に共感できた。嫉妬渦巻くドロドロ愛想劇よりずっといい。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.9

少年の一夏の成長物語。スティーヴ・カレルが珍しく性格悪い役。プールで良い人たちと出会えてよかった。

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)

4.0

科学とスピリチュアルが上手く融合していてよかった。カレンの人格が実に素晴らしい。

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.6

「君子危うきに近寄らず」。あそこまで強烈に負のエネルギーが漂う村を選んだ時点で結末は決まっていた気がする。金持ちババアとその取り巻きたちは最悪だけど、ヒロインも融通利かなすぎ。書店の雰囲気とビル・ナイ>>続きを読む

インサイダー(1999年製作の映画)

3.8

骨太な実話。ラッセル・クロウ演じる内部通報者の追い詰められ方がエグかった。

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.9

ウディ・アレンの中でも結構好きなほう。クリスティーナが「アントニオとマリアがヨリを戻しても平気だと思っていたが、実際の自分はそれほど寛大ではなかった」と自己分析している部分に共感。「自分はこうなったら>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.8

同監督のゾンビ映画が若干駄作気味だったのでヒヤヒヤしながら観たが、こちらはロマンチックで素敵な映画でした。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.9

前半退屈だったけど、真相が分かってからは面白かった。真相がクレイジーすぎ(良い意味で)。アクションが香港映画っぽい。場面の切り替わりが唐突なので観ていて少し疲れた。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.8

全体的に雰囲気がとても好き。グレッグとアールが作るパロディ映画もレイチェルが作った本のアートも、どれもセンス良すぎて感動した。

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.6

自分がベン・スティラー側の夫婦と同年代なので、非常にわかりみが深かった。ジェイミーみたいな若者が目の前に現れたら、私も夢中になると思う。表向きは魅力的で、他人の懐にするっと入り、悪気なく相手を利用する>>続きを読む

大都会/ビッグ・シティ(1963年製作の映画)

3.8

インド映画なのに終始静かで、昭和の日本映画のような雰囲気。夫が失業し、家計を助けるために働きに出る女性の話。プライドばかり高くて全く役に立たない男性陣とは対照的に、主人公の女性はめちゃくちゃ有能でかつ>>続きを読む

ポルトガル、夏の終わり(2019年製作の映画)

3.8

死期が近づいた女優が家族と親友をポルトガルの観光地に呼び、みんなでひとときの時間を過ごす話。ストーリーはなんてことなかったけど、雰囲気はエリック・ロメール作品に似ていて、いかにもヨーロッパ映画で好きだ>>続きを読む

二十日鼠と人間(1992年製作の映画)

3.9

観てから何日か経つのに、あまりの衝撃に未だにこの作品が頭から離れない。子ども並みの知能しか持たない大男を演じたジョン•マルコヴィッチの演技の素晴らしさもあるけれど、やはり原作のストーリーが普遍的な名作>>続きを読む

バーディ(1984年製作の映画)

3.6

ラストが衝撃的。バーディは何枚も上手でしたね。ニコラス・ケイジがとにかく若い。

>|