youngさんの映画レビュー・感想・評価

young

young

  • 96Marks
  • 11Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

2.9

名前だけは聞いていた映画。マフィア映画の原点?なのかな。血で血を争うしーんと家族愛が対照的。ちょっと長いかな

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.7

久しぶりに見た名作。昔見るのと今見るのとやっぱり受け止め方が違う。悲しくなるストーリーだ

地下鉄(メトロ)に乗って(2006年製作の映画)

3.0

タイムトラベルもので、時代背景見るのもおもしろい。しっかし、最後の結末が悲しすぎる。あまり妊婦には見せるものではないな。

タイムトラベルしながら、自分の父親、母親、不倫相手の生い立ちに迫っていく内容

月に囚われた男(2009年製作の映画)

2.9

やや複雑だったが、よくできたストーリー。宇宙で働いていたのが自分のクローンというストーリー。人手不足で過酷なところで働こうとすると究極はこうなるのだろうか

U・ボート(1981年製作の映画)

3.7

どんな戦場にも人がいて、ドラマがある。それは潜水艦だってそうだろう。ドイツのユーボートを舞台にした長編映画。決死の思いで浮上したときの喜び、そして帰ってきたあとの一瞬の悲劇。戦場にかける橋を彷彿させる>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.6

近未来を予想するかのような映画。ワクワクする感じがいい

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

2.5

報道の現場ってこんなもんかな。人道がまったくなさすぎ。

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.1

大人の恋でキュンキュン。非常に現代風な感じ。
だめ男を養っていた彼女から、だめ男が卒業していく様。大人な感じのつながりかただなぁ。

吉原炎上(1987年製作の映画)

2.1

遊女として生きていくつらさ。病んでしまっても不思議ではない。明治の良き時代を見ることができてよかった。
現代の風俗嬢も同じように病んでるんやろな。

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

3.2

昔はこんな生き方、ほんまざらにあったんやろなぁ。今では考えられないなんとドラマみたいな生き方。

ベイブ(1995年製作の映画)

4.7

思わず慟哭してしまった。ベイブが勝った時の朴訥な牧馬主の気持ちを考えたら、グッときた。動物なりのやりとりと生き方が素晴らしい。こんな会話してたら楽しいだろうなぁ。いつか豚飼ってみたくなった。

極道の妻たち(1986年製作の映画)

3.7

これは確かにかっこいい。ほんま極道ってのは自分の理屈・理論で通す。
この生き方も一つの生き方。そして関西弁がどすをきいてる

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

2.5

60年代の映画、という感じがする。最後の銃撃戦は、今だとあまり見られないシーンだろう

藁の楯(2013年製作の映画)

3.4

正義とは何か、信念を貫くとは何かを考えさせられた。

地球が壊れる前に(2016年製作の映画)

2.2

ちょうどトランプ大統領のパリ協定離脱の話があったので、内容としてはホットな内容。パーム油をつかっている日清も叩かれていた。あまり予断を許さないこの現状。

通学シリーズ 通学途中(2015年製作の映画)

2.2

高校生の恋愛という感じ。キュンキュンはしなくなってるなぁ

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.4

芸能界の実際なんてこんなもんかもしれない。美を持つことは力だろうが・・・。

渇き。(2013年製作の映画)

2.4

だいぶブラック。かなり黒い。人の負の部分が良く見れる。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.3

よくぞこんなエロッちい作品を豊橋で撮れたなぁとある意味で感動。完全にギャグ映画

エディット・ピアフ愛の讃歌(2007年製作の映画)

3.3

フランスの有名なシャンソン歌手。なんというかすごい半生。そしてその反動なのかすんげぇわがまま。シャンソン歌手が日常で大きな声だしたら、すごい声量でしょうな。
少女期に歌ったラ・マルセイエーズが印象的。

プレシャス(2009年製作の映画)

4.0

アメリカのハーレム出身の黒人女性が教育の力で前を向いて歩みだそうとするいい映画。
自分の父親にレイプされて、母親にはいじめられて、障害をもつ子どもを育てて・・・。ほんと厳しい現実。
そして支えようとす
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.1

なかなか難しい。俳優のつながりがわかりにくい。しかし壮大なテーマである

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

2.3

人間の脳の可能性を広げるとこのようになるらしい。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

インドのスラムで生きるというのはなんと劇的な人生か。その人生がミリオネアになっている、素晴らしいインド映画

戦場にかける橋(1957年製作の映画)

3.3

クワイ河マーチが有名。戦争って時に人を結びつけ、そしてそれを別れさせようとするんだな。いい映画。

十戒(1956年製作の映画)

2.4

かの有名なモーゼの脱エジプトの映画。モーゼの話を学ぶにはいい映画

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

2.7

いくつかの内容が重なり合ったものであったので、ストーリーは既知だったけど、のび太が自立しようとしたところでは思わずグッときた。しかし、ジャイアンの理不尽さは激しいものがあるな

エネミー・ライン(2001年製作の映画)

2.4

ヘルツェゴビナ紛争を知りうるきっかけになっただろうか。

史上最大の作戦(1962年製作の映画)

3.0

一つの戦闘、一日にこれだけの力を込めれるのは、やはりWW2における、ノルマンディーが非常に重要なポイントだったからだろう。

>|