leila

leila

  • List view
  • Grid view

小さな悪の華(1970年製作の映画)

-

ロールがおかされるシーンがトラウマ。
こんなにも男は単純なんだなって、、。

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

2.4

ファッション=人生っていう考えって、物凄く憧れるし、とても素敵だけども、その仕事には犠牲がある。ブランドを身に、常に完璧を目指す業界は、私は見ているだけで十分

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

1.3

こーいう映画はあまり好きではないけど
人間の心理がわかる

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

1.9

私は、男女の友情は最終的には成立しないと思う。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

2.4

六本木のTOHOって良いよね🎬

久々に娯楽映画見た。
笑った。ドムの赤ちゃん食べちゃいたいくらい可愛かった

最高の花婿(2014年製作の映画)

4.1

家族関係についてとっっっても同じものを感じた。面白い最高。

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.5

うーん、子を生かすも殺すも親次第ってことだね。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.1

アメリカ映画あんまり感動しないのに、感動した。208秒でハドソンに着陸するの決断したのはすごい…
トムハンクスいいわー。

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

2.5

ハリーポッターとアバターを融合した感出てた笑
ringは人間の欲を象徴しているらしい、納得。
続きが気になる。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

2.3

1番多く見たやつかも。
久しぶりに見た。
ハーマイオニーのbritishアクセントが大好き。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.1

思えば、初回作をちゃんと見たのは初めてかも。前見たのはすごい小さいとき。
ブリティッシュに憧れるきっかけになった作品だったなあ。
スネイプ先生がハリーを守ってたと知り、ちょっとほっこり。

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.0

でたー、あるある感がすごいけどたまに見たくなるタイプの映画。
アメリカの典型的なヒット要素満載のコメディ。 裁判で被告人にうまく失言をさせるようにもっていく弁護士の尋問が面白い。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

2.8

どんなときも明るいルーが素敵だった。

ウィルの気持ちもわかるけど、最後まで決断を変えなかったのはちょっと納得いかなかった。

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

1.0

どうやったらこんなにつまんない物語ができるんだろう。
素晴らしくつまらない。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.5

りりーが笑顔を見せるとき、本当に女性のように美しくて惹かれた。
エディはこんな演技もできるなんて…

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

3回目の鑑賞。

ベンのように、周りを見えてて、ハンカチを持っている素敵な男性に憧れる。笑

ボヴァリー夫人とパン屋(2014年製作の映画)

3.7

フランス人にとって、平凡な生活に飽きた英国人女性が美しくみえる気持ちがよくわかる。

やはり、、フランスの田舎に住みたくなった

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(2004年製作の映画)

3.1

13歳くらいのとき私は何になりたかったのかな〜?


かわいくて、ちょっぴり感動する映画でした。

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

4.0

Qu'il mangent de la brioche!
の言葉が誤解を生んだときの時代。

綺麗な映画。結局は歴史あるヨーロッパに
魅力を感じてしまうね…

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.2

2人の愛の誓い合う姿が素敵だった。

有名なラストシーンは心打たれる

モモ(1986年製作の映画)

3.3

本を持っているのになぜかまだ読んでないから映画を先に見てみた。
モモ役の子が可愛らしくて良い。
本をちゃんと読もうと思えた。

プリティ・ワン たったひとつの恋とウソ。(2013年製作の映画)

2.1

双子のお姉さんになりすまして好きな人を追いかけるところがなんとも言えず…
自分自身を好きになってほしい

キャロル(2015年製作の映画)

3.2

もともとレズやホモ同士じゃなくて、突然女同士が惹かれ合うという今までに見たことないようなストーリーで、なんとも言えない世界観だった。

あのデパートで目があう瞬間にはもうお互い、惹かれあっていたのでは
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

初めてちゃんと見たけど、いい話だった、と、心から言いたい。

婚約予定だった人は助かって、ジャックは最後までローズを守って死んでいったところがかなり悔しかった。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

エディの演技力に感銘を受けた。すごい、すごすぎる。

ホーキング博士の追求を詳細に知れただけではなく、彼が妻と作り上げたラブストーリーにも純粋さを感じた。

>|