ゆきのせさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきのせ

ゆきのせ

ウディ・ハレルソン ロスト・イン・ロンドン(2017年製作の映画)

2.9

この映画のドキュメンタリー映画があれば、本編より100倍面白かったのでは。

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

2.9

惜しい。設定を活かしきれてない。
40分くらいで超ハイテンション、スピードMAXの展開くらいにすればよかったのでは?

アス(2019年製作の映画)

3.3

お父さんポンコツすぎる
お母さんは家や車に止まっていられないの笑う

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.0

さわやか。色合いも音楽もキャラデザも作画もいい。
ただ、辞書を片時も離さず持っているのなら、俳句はもう少し難解な句の方が味も説得力も出た気がする。

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

2.6

この3人を主役に起用してよくもこんなひどい映画作れたな。
合成の質の低さにも驚いたが、ライアンレイノルズの使い方がひどすぎる。
軽妙でコミカルでよく喋るがどこか掴めない、憎めない愛嬌のあるやつをやらせ
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ジェラルドバトラーならもちろん宇宙だろうがどこからでも帰還できるよな

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.4

ほとばしる生命力、逞しさ
何だろう、初めてエスニック料理を食べた時のような気持ち
とりあえず満腹

ジェクシー! スマホを変えただけなのに(2019年製作の映画)

3.2

子供じみたギャグの連続だが、あまりに馬鹿馬鹿しくてケラケラ笑える。ちょうどいい。
吹き替え豪華すぎるし花澤さんがあんなことやこんなことを言わされててそれもまた笑えた。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

グランドシネマサンシャインの12階のIMAXシアターで観賞。
いやぁ圧巻だった。集大成らしく、ド派手なアクション満載で最高、Qもいつも通りかわいい。
敵役がもう少し存在感があればなぁ。

007の後釜
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.4

最新作に備えて復習。当時映画館で観た時は幼かったのであまりピンときてなかったが、相当面白い。
あと中2で見たら終わってた。疼かせる要素が多過ぎる。

ジョン・ウィックに慣れてしまったけど、若い頃のキア
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4

配信スタートしたので勇気を出して視聴。思ったよりは耐えれた。
セックスコーラスは爆笑やろ。何もかも人の喜怒哀楽に共鳴して発声してくるホルガ村。孤独なダニーには確かにそれが一番の療法だったのかもしれん。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.6

え〜めちゃくちゃいい、穏やかでユーモアに富んでいて、またみんな道の半ばなのがとてもいい。まだまだこれから、途中も途中。物語としてのわかりやすい終結はなくて、登場人物たちの未来を想像させる終わり。まだま>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.2

あっさり第二の人生をさっぱりした顔で歩もうとしてて笑った

刑事グロム vs 粛正の疫病ドクター(2021年製作の映画)

3.1

えぇ…意外と面白くて悔しい…
後輩ちゃん可愛かったし、グロムの低音ボイスめちゃ良い……トリオの活躍また見たい。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.2

並々ならぬドライビングテクがないと生き残れない世界。いったいいつ腕を磨いたんだ。ガソリンはどうしてるんだ。
みちみちに詰まったゾンビたちのビジュアルは良かった。後半で、そう活用するか!と爽快感も◎

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.2

前々から評判良いのは知っていて気になってたのだが、やっとアマプラで観れた。
静か〜に笑えるコメディ映画でした。
観る前にウーバーでチキン調達すべきだったと反省。ギャグもそんなに押し付けがましくないとい
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

父親がクリプラで祖父がJKシモンズってすげぇな。
なかなか面白かった。ただ何故ラスボス戦、なぜ敵を手負いのサイズ小さめのエイリアン1匹にしてしまったのか…ほぼ肉弾戦だし。ラストこそ豪快にギリギリで爆撃
>>続きを読む

>|