レオナさんの映画レビュー・感想・評価

レオナ

レオナ

2016/5/5〜
劇場で観たもののみ

映画(124)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

こういうロボットガシャーン系は馬鹿にしていて前作も観てなかったんですけど、めちゃくちゃ面白かったです。まず私の持論である「映画は110分が至高」、なんと本作品は111分です。内容も明快でアクションも最>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

面白かった!1未観ですが、十分でした。こんなに振り切った作品、素晴らしいですね。
アクションシーンの綿密な構成に心踊り、小道具と場所の使い方、没入感を煽るカメラワークと大きめ効果音、細かい部分まで面白
>>続きを読む

愛の病(2017年製作の映画)

-

面白かった。エミコに少し憧れた。あれくらい傍若無人になれたら清々しいな。『治ってるやん!』のところは爆笑で、『氷菓』に続き岡山天音がとても良かった。

わたしたちの家(2017年製作の映画)

-

シネフィルによるシネフィルのための映画。これを観て構図が、カットが、切返しが、とnoteに1000字レビューを書ける者だけがシネフィルを標榜していい。私はまだまだ、俳優が、演技が、ストーリーが、という>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

-

良かった。といえどもこれは又吉先生の火花という作品が良いのであって、映画化というよりかは映像化に近かった。
木村文乃可愛いすぎる。あと100回変顔してほしい。
そして菅田将暉はやはりものすごい役者だ…
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

-

猫は最高。神が創り与えし最強の生物。どの猫も等しく尊い、そして可愛い。全員いいコ。

最低。(2017年製作の映画)

-

良い作品で、なかなか刺さった側の人間だと思う。結構泣きました。
AVというものを通して、女性の生きづらさを描いていると感じた。それぞれAVに関わる彼女たちは自分で決めて出演し、悲壮感はない。なのに周り
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

オリジナル脚本ですか?良いストーリーで最後スカッとした。
結構、難解な題材を扱っているのだけれど、すごく上手く構成・編集されていて、ここまでちゃんと伝えられたのすごいな。私理解できてると思うよ。
いや
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

予想と違い0怖いでウケた。前評判でアメリカのみなさんがめちゃ恐怖って言ってたので身構えたんですけど、全然怖くない、アメリカ人ピエロ恐怖症すぎでは?

内容はもう、これはストレンジャー・シングスでござい
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

シャーリーズ・セロン、この世で最も美しいものの一つではないか。スモーキーアイカッコ良すぎるな…。

映画のほとんどアクションで、ひとつひとつがすごくカッコ良かった。映画館のアクション、階段のアクション
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

これは最高作品だった。
私サントラが良い映画は好きなのでもちろん好き。音ハメカーチェイス・銃撃戦とてもクールだし、所々”キマった!”ってシーンがあって『クゥーっ!!』となった。
(デボラに電話して出た
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

-

稀に見る傑作!面白かった。
いわゆるメタ構造になっていて、物語とはなにか、物語を創ることにどういう意味があるのか、そもそも私達が映画や小説の虚構世界を有難がっている意味とは?等々、示唆に富んだ作品だっ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

原作に衝撃を受け、読書メーターには『グロ過ぎて実写化は無理でしょう』と感想を書いていたやつの実写化。
う〜ん原作ファンとしてはやっぱり難しいね、どうしてもグロ過ぎて見れないシーンもあったし、沼田まほか
>>続きを読む

>|