レオナさんの映画レビュー・感想・評価

レオナ

レオナ

2016/5/5〜
劇場で観たもののみ

  • List view
  • Grid view

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

オリジナル脚本ですか?良いストーリーで最後スカッとした。
結構、難解な題材を扱っているのだけれど、すごく上手く構成・編集されていて、ここまでちゃんと伝えられたのすごいな。私理解できてると思うよ。
いや
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

予想と違い0怖いでウケた。前評判でアメリカのみなさんがめちゃ恐怖って言ってたので身構えたんですけど、全然怖くない、アメリカ人ピエロ恐怖症すぎでは?

内容はもう、これはストレンジャー・シングスでござい
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

シャーリーズ・セロン、この世で最も美しいものの一つではないか。スモーキーアイカッコ良すぎるな…。

映画のほとんどアクションで、ひとつひとつがすごくカッコ良かった。映画館のアクション、階段のアクション
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

これは最高作品だった。
私サントラが良い映画は好きなのでもちろん好き。音ハメカーチェイス・銃撃戦とてもクールだし、所々”キマった!”ってシーンがあって『クゥーっ!!』となった。
(デボラに電話して出た
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

-

稀に見る傑作!面白かった。
いわゆるメタ構造になっていて、物語とはなにか、物語を創ることにどういう意味があるのか、そもそも私達が映画や小説の虚構世界を有難がっている意味とは?等々、示唆に富んだ作品だっ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

原作に衝撃を受け、読書メーターには『グロ過ぎて実写化は無理でしょう』と感想を書いていたやつの実写化。
う〜ん原作ファンとしてはやっぱり難しいね、どうしてもグロ過ぎて見れないシーンもあったし、沼田まほか
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

やはりフィジカル!圧倒的フィジカル!!
そうなんですよ、こんだけ強ければもう最強なんですよな…。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

考えれば考えるほど、すごい作品だったのでは…
信用できない語り手=役所広司に登場人物も観ている私たちも、翻弄される。ところが最後に彼は信用できない語り手ではなく、ただの”器”、つまり観ている私が、登場
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

-

面白かった!ちょうど漫画も同じところまで読んでいたので…
ただ、この映画の大胆な脚本、キャラやストーリーの細かい書き込みは一切せず「亜人」という設定のみを最大限に活かした作り方は大正解だと思う。
実験
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

-

わかる、わかるよ〜という物語。美しかった。
棺桶で寄り添うシーン、涙した。クリスティーナにとって、もうそこにはなにもない。妹みたいに生まれ持った与えられた環境でぴったり生きていける人はほんとうに幸福だ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

IMAXにて鑑賞。「戦争」を描いた映画。IMAXというのも相まって、音とか振動がすごく、爆撃される度、銃撃戦の度『あっ死ぬ!死ぬ!あぁ〜っもう死んだ!』となってめちゃリアルに怖かった。
最初はなんのス
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

-

最高だった。ストーリーは開始10分で全て読める超王道。その超王道ストーリーをもってこんなに面白いのは素晴らしいと思う。
構成が、演出が、台詞が、俳優が、演技が全て素晴らしい、最高。無駄なシーンがひとつ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

良かった。マイケル・キートンの蛇みたいな顔がよく似合っていた。
『お前は溺れている人間に近寄って、口にホースを突っ込めるか?俺は出来る』
『お前ら兄弟は本当に気付いてないのか?…教えてやろう。音だよ、
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

-

みなさまには申し訳ないのですが、ほんとは『ハクソーリッジ』を観ようとしてチケット買って、劇場で発券したら『忍びの国』だったのです。

そんな凡ミスで観た、期待も前知識もなかった映画ですが、結構面白かっ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

マジ怖くてムリだった。ほぼ画面みれなかった。
なにも猫まで殺らなくても…オーバー・キル・ジェーン・ドウ

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

-

ウディ・アレン、お馴染みのお洒落なやつ。カットとキャストが美しくて画面が素敵な映画。
世の常、"ザ・男と女の物語"。いつもドラマクイーンで世界は自分を中心に回っていて、でも必ず安全圏にいる女と、それに
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

宇宙人と言語学という、私の好きなもの2つがテーマなので好きでした。
叙述トリックのような構成。宇宙人可愛い。
もし未来が見えるとして、それが辛いものだったら?答えはヘクタポッドが教えてくれている。彼ら
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

すごい、ディズニー映画で初めて好きかもしれない(私ディズニー苦手)。
とにかくエマ・ワトソンの綺麗さがすごい、こんなに美しかったのか…?!
テーマパークみたいで、エンタメを詰め込んだ映画。大人もわくわ
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

-

そめやんのラップが聞きたくてみた映画。
サントラは好き。野外映画祭に向いてる作品。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

-

“Fumeiyo Yori Shi!”(不名誉より死)、爆笑した。
いや〜もう今後も大変だよ、キングギドラとかゴジラも見なきゃいけないしスーパーマンとかバットマンとかアイアンマンとかミイラとか全部追う
>>続きを読む

>|