しゃべりタランティーノさんの映画レビュー・感想・評価

しゃべりタランティーノ

しゃべりタランティーノ

映画(270)
ドラマ(0)

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(2019年製作の映画)

3.3

ホワイトトラッシュ感満載。
最近観たスキンといい、ほんま😒

ああ、なるほど。
コーエン兄弟風ね。
把握。

ジークの妻の顔芸は
アカデミー賞もんやね。
へレディタリーのトニコレと
いい勝負😆

それ
>>続きを読む

秘密のキッス(2014年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

ミュージシャンからHIVをうつされた女子が、
それを乗り越えて、
愛し合える相手をみつけるまでのお話。

音楽の使い方が陳腐で、
地上波の再現ドラマを観てるみたい。

スペイン映画ゆうたら、
昔のペネ
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

3.2

ここにもまた不器用で愛すべき男が。
そこにライクーダーのスライドギター。
キュンキュンします。
なんだけど、私的にはそれだけかな。

ダーバビル家のテスはいつ出るんか
そればっか気になって
半分はそれ
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ラストの横断歩道での
2人の表情が沁みる。

ビョンさまだって
久しぶりに会えたお母さんの愛
もっと欲しかったやろに
弟に最後まで譲って😭
ほんっとに優しい男なんだから💕
レストランで写真を撮るときに
>>続きを読む

ストレンジ・アフェア(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ええー。

ほんまに本人、わかってないんやろか?
グレッグキニアも、ほんまに
知らんかったんやろか?
あのドスケベ老人、どないかしぃな。
ないわぁ、ほんま。

霊媒師のおばさん
ロニーの子やとかゆうて
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ふむふむ。
 ↓
ふーん。
 ↓
おおーっ。

って感じで観た。

あの引きこもり女子が
姿を現したときから
もう違和感しかなかった😆

火口のふたり(2019年製作の映画)

2.2

うーんつまんない
って思ったら
やっぱり白石一文だった。
観なくてもよかった。

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.7

あ、またパティケイク?
あれ?
年とったら痩せてヴェラファーミガに⁉︎
あれ?
短編と同時上映やから
なんや、ややこしいな。

信じてきたレイシスト思想から
どう解放されるか、という
心の葛藤を描いて
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

うおーっ
これ以上ない報復!
私的には生きてて欲しかったけどな。
あのままもうしばらくだけ。

デッド・ウィッシュ(2018年製作の映画)

2.3

ハイスクールのマドンナ的存在の女子が
昔の花形男子と
田舎で不幸な結婚生活を送っている。
そこへ都会に出ていた昔の彼氏が登場して
彼女をかっさらう。
もうストーリーがベタ過ぎて
壺やらなんやら以前のと
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.6

この監督の映画って、いつも
面白いんだか面白くないんだか
よくわからない。

ただのシリアルキラー物語にはならない
ラスフォンの地獄めぐり世界観をみせてくる。

「男に生まれただけで罪を背負ってる、
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドイツひどいやんかー🇩🇪
反省ってせんのかー。

お父さん射殺のシーンは
怖すぎて無理。
すっごい臨場感やった。

サンドイッチ食べたら
意外と紙の音がしてしまいました。
すみません。

ロミオ・マスト・ダイ(2000年製作の映画)

3.5

めっちゃ昔に映画館で観たとき
ラッセルウォンにノックアウトされて
今、久しぶりにWOWOWで観てみたら
またラッセルウォンにノックアウトされた

「色男は死ね」はウマイ!

アリーヤの飛行機事故は
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

作品に面白さはあるんだけど
序盤、オウムが死んでしまうシーンで
テンションだだ下がり😢
鳥かごのシーンはショッキング。
そこから気分が上がらず😔
金魚もしかり。
パーティにいたラクダちゃん?
みたいな
>>続きを読む

ラスト・ソルジャー 森に潜む兵士(2017年製作の映画)

2.5

B級感半端ないけど、みんなが言うほど
つまらない作品でもなかったような。
結構、きちんとグロかったし。

でもガンショットの音は
USJのジョーズみたいやった🤣

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.5

ハジョンウ見よう思て観たのに
それどころやなかったわ。
ハラハラドキドキしくしく。

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.0

ミスミソウの監督とくれば
これまた観ないわけにはいきません。

あー邦画の醍醐味。
邦画はもっとこういうのを撮ってくれー。
いけー。やてまえー。
いてこましたれー。うぇーい。
  ↑
ちなみにこういう
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

最初からゆるい、ふざけた雰囲気。
の割に、ゾンビのむしゃむしゃは
意外とリアルでグロい💕

なぜならこれはテーマ曲だから。
これはゾンビのしわざだ。
ジムが全脚本をくれたから。
   ↑
アダムドライ
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.5

この3人が共演なんて
観ないはずがない。

にしてもライリー。
娼婦にただ演技させるだけだったり
蜘蛛が口に入っても気付かずに寝てるほど鈍感だったり🕷
なのに馬にとても優しくて
亡くなったら悲しんで
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

回復者は感染しない。
ようできたストーリー。
でも走るゾンビは反則やな。

5回はイスの上で飛び上がったわ。
あの音よ。

おでこツルツルかわいいエレンちゃん。
確かフラットライナーズ以来ちゃうかなぁ
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

4.3

ハリエットって名前だけでは
思い出せなかったけど
ハリエットタブマンで
めっちゃ思い出した。
アメリカ史の授業で出てきたぞ。
ちょ、こんなすごい人やったんかいな。
 
奴隷たちが当たり前のように
売買
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

大麻吸ったと思ったら
突然、ムード音楽とともにハダカ踊り。
きっとあれは見せ場で美しいシーン。
のはず。なんでしょうけど。
男とすぐ寝ちゃう小柄女子は
確かに春樹ワールドっぽいけど
奇をてらってるよう
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.9

いや、すごいな。
作品としての仕上がりが素晴らしい思た。

これだけのビッグネームを揃えて
無駄使いなし。
ルース君も負けてへん。
絶妙な音響効果。
完全に期待を超えた。

夫婦喧嘩のあとシャワーで合
>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最初のシーンで双子のエコーを結構しつこく映すし、何よりこの邦題。
すべてネタバレになってしまう。

主役の女子はタイプじゃなくて
皆さんが言うほど綺麗だとも思わず。

ミラソルヴィーノ
久しぶりに見れ
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

無表情のようであるのに
心の美しさや穏やかさが溢れている顔
流れるピアノとともに
とても美しいと思った。

「デ•ルーナ公爵家が持っていたものをすべて、タンクレディに返してやってくれませんか」
銀行で
>>続きを読む

貞子(2019年製作の映画)

2.8

ううう。。。またやってしまった。
1人でお風呂入られへん😢
わかっちゃいるのにやめられない
ジャパニーズホラー。

最初の方は和製キャリーみたいで
そんな怖くなかったんだんけど。
テレビから出てくるシ
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初の30分。レイプされて子ども殺されて。
あ、あ、赤ちゃん。
いくら過激なグロ好きタラでも
これはちょっと違う。

観なければよかったとは言わないが
観てよかったとも言えない。

監督は何を伝えたか
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.0

うぇ〜い!!
映画館再開したで〜い🙌🙌🙌
辛抱たまりませんで早速行ってきましたー。
再開1本目が、見逃していたドランなんて
ほんま幸せ。

見せ場の盛り上げ方は相変わらずうまい、
うますぎる。
もちろ
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.7

夜、暗い部屋で糸を通すシーンが印象的。

短髪の林遣都がめっちゃパレード。
H&Lの達磨一家の頭もよかったけど、演技うまいんだからこういうシリアスものにもっと出てほしいな。

あのシバ犬ちゃんの名前は
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.3

菊千代ちゃんと小さい本郷奏多が好き。
ボートでモビーディックを読んでるシーンにちょっと笑った。

あとはちょっとよくわからない。
映画館で観なくてよかった。

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

3.0

あ、冒頭シーン、これね。
誰んちでもいいからね
とりあえず入ってね
とりあえず殺しとこ、みたいな。
怖いやんか、もぉ😡

様々な角度からのマンソン作品
結構観てきたけど
加害者女子たちのその後、に焦点
>>続きを読む

ハリウッド 1969 シャロン・テートの亡霊(2019年製作の映画)

3.3

時間軸が行ったり来たり。
妄想なのか現実なのか。
なんだけど
早い段階で襲われた後の姿映しちゃうし
そもそも有名事件に沿ったものだし
なにより日付入りだったし
わかりやすかった。
ワンハリで出てくるシ
>>続きを読む

>|