lericさんの映画レビュー・感想・評価

leric

leric

映画(132)
ドラマ(0)

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.1

この人の作品は自己否定的な男子が主人公になりがちで面白い

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

2.4

学生ってだいたいいけてる数人のグループで、付き合い別れて、ふり、ふられしてるよね。

音楽が違和感ありました。

脳漿炸裂ガール(2015年製作の映画)

2.0

原曲が最近嫌に脳内ループなので。

よくあるデスゲームストーリーで安心の邦画クオリティってかんじ。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.5

家でハリーポッター。ジャックブラック×佐藤二郎は強い。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

ちょうどいいスリル、ちょうどいいホラー、ちょうどいいコメディ。

ちょんまげぷりん(2010年製作の映画)

3.5

ゆったりほっこり

そして意外と働くことと家に着いて考えさせられる映画

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆(2020年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

92年生まれのデジモンドンピシャ世代です。

当然だけど、僕達が住む世界にデジモンはいない。そんな僕らと、しかし世代は近しい主人公たちの物語。

『子供達の成長のエネルギーでデジモンが進化する』
成長
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.9

メッセージ性、映画としての面白さ、キャストの魅力どこをとっても良かった

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.4

無理やりこじつけと予想が容易い結末

でもまぁ最後のシーンは好き

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

ホラーだと思ってみると拍子抜けだけどテンポ良い映画で楽しかった

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.7

観た人の日常に上手いこと恐怖心を植え付ける設定。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

観終わったあとにもう一度
「JOKER」
という言葉の意味を噛み締めてほしい。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

4.0

蜷川実花 光の教会
色使い、コントラストが作風とマッチしてて好き

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.8

原作がめっちゃ好きで、ストーリー的には原作好きなんだけど、映画は映画で好き。

メカニックな感じとミミックのうにゅうにゅ感、良し。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.7

マスコミに翻弄されてることに気が付けていない人達に観てほしい

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.3

佐藤二朗のフンバが観たくて吹き替えで観賞。佐藤二朗だった。

>|