とっつあんさんの映画レビュー・感想・評価

とっつあん

とっつあん

  • List view
  • Grid view

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

地上波で鑑賞。あのブームが気になっていたが映画館やレンタルまで能動的になれなかった。原作未読、アニメ未視聴。音楽と風景描写は素晴らしい。特にカメラアングルとカメラワークが素晴らしいと思いました。
ただ
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.5

戦時占領下の逆境下で自らの言葉、名前などの文化を奪われていく市井の人々の闘いを描いた作品。残念なのはその略奪者が日本であったこと。当時の国際情勢下で植民地に自国の言語や文化を強制することは日本に限らず>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.5

最後まで息子が加害者なのか、被害者なのかわからないまま家族の苦悩が描かれます。子供のいる方には心を締め付けられる内容です。マスコミ、SNS、ウワサ、これらがより当事者を苦しめます。出演者の演技が素晴ら>>続きを読む

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.5

大空を鳥たちと飛ぶ少年の物語。壮大な景色と冒険ストーリーは飽きることなくエンディングへ引っ張って行ってくれる。一羽の異種鳥アッカを入れることで、少年と鳥たちの交流を描くことに成功しているが、もっと少年>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.0

演劇の舞台を映画化したということで納得。演劇としての見せ方、ストーリーは素晴らしいと思いますが、映画となると?をつけざるを得ないかなぁ。少し残念。

朝が来る(2020年製作の映画)

4.5

すごい映画を見てしまった。本当に演技なのか、ドキュメンタリーなのかって思ってしまった。最後の最後エンドクレジットまで素晴らしいの一言。誰の視点で見るか?永作博美が主役かと思いきや、そうかもしれないしそ>>続きを読む

潔白(2020年製作の映画)

3.5

ドラマでコミカルな、でも愛されキャラを演じてる印象のみだったシン・ヘソンが主演ということで鑑賞。できる弁護士の印象に置き換わるまで時間を要してしまいました(笑)
結末に少し驚き。母娘の関係が見所かな。

疑惑とダンス(2018年製作の映画)

3.5

53分と短く、何これって思っているうちに終わってしまう。何故か引き込まれ、そしてクセになる後味が残る映画。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

坂元裕二氏の脚本の素晴らしさを堪能できる映画だと思います。深いセリフ回しや、??がつくセリフにも深い意味があって、若い頃の一途な恋愛感情やすれ違いや衝突やもどかしさやさまざまな感情が練り込まれていて、>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

痛快アクションバイオレンスとCGの素晴らしさを鑑賞する映画。それ以上でも以下でもない。面白いか面白くないか聞かれると面白い。以上。
デビルマンの実写版??(笑)

おろかもの(2019年製作の映画)

3.5

不思議な空気感に知らずと引き込まれる。
結婚間近の兄の浮気相手と仲良くなって…と展開されるストーリー。主人公の妹視点を中心に展開されるが、兄の浮気相手やスパイス的にクスリと笑いを提供する中国人の友人な
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

終盤までありきたりな不倫映画で、結局男の妻も納得し、全てが丸く収まり、幸せになりましたとさっていう映画かと思い、つまらなかった。しかし、終盤にこの展開!と衝撃がありました。

あの執念を持った前妻が紗
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

黒木華のキャスティングが役にピッタリと合っていました。「何が本当で、何が嘘か、作り物か」を考えさせられる映画。本当であるものにも、偽物であるものにも安室が必ず絡んでいる。彼は、善?悪?考えさせられる。>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

3.5

「チイファの手紙」→「ラストレター」→「Love Letter」の流れで鑑賞。これらとは設定を大きく違う作品。光と陰、映し出す雰囲気の素晴らしさが岩井作品。バズーカぶっ放したり、偽札での錬金術のあっさ>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.0

他の方と同じようにラストレターからの鑑賞でした。正確には「チイファの手紙」→「ラストレター」→本作ですが。ずいぶん昔に観た記憶はありましたが、何も覚えておらず、むしろ面白くなかった印象が。今見直すと、>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.0

岩井監督の同原作の中国映画チイファの手紙に心揺さぶられてからの視聴です。どちらも光の切り取り方や画の美しさはずば抜けていますが、中国版はより繊細で心に染みました。ただ台詞が心に届くのはやはり日本版です>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

4.0

ラストレターと同時にレンタルしましたが、こちらを先に鑑賞。中国ならではの空気感や美しさ、俳優の醸し出す世界が素晴らしかった。スマホでのやり取りも描かれていますが、対比された手紙でのやり取りが時間や時代>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.0

おそらく男性が思っている以上に女性が置かれている状況は、いろいろな壁に囲まれ閉塞されているのだろう。日本でも韓国でも。男性から、社会から、そしてそれを経験したであろう女性からも。大声の主張を聞くわけで>>続きを読む

世界で一番いとしい君へ(2014年製作の映画)

3.5

病気の子供の描写の「かわいそう」エピソードだけで引っ張るわけではなく、父と母の馴れ初め、日常のエピソード、両親の考え、おじさんとの何気ない日常も丁寧に、かつ笑いを交えて描かれていて、あたたかい気持ちに>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.0

この評価ですが、2時間越えの長編にもかかわらず面白く最後まで見られました。何よりファンジョンミン、チョンウソンの演技が見事!悪役のクレージーさ、やさぐれ刑事のブチギレ具合、素晴らしい。カーアークション>>続きを読む

愛を歌う花(2016年製作の映画)

3.5

ハン・ヒョジュによる愛憎が共存する微妙な感情表現が素晴らしかった。狭い世界で共に育った親友だからこそ、その関係の歯車が狂いだすと嫉妬や怒りが歯止めなく相手に向かう。その虚しさや悲しさに気づきながらも後>>続きを読む

高地戦(2011年製作の映画)

4.0

戦争という極限の状況下での人間ドラマ、戦闘シーンの描写、そのバランスが素晴らしく、すごい映画だと思いました。凄惨な状況の中にもそれぞれ生きている人間がおり、それは主役側にも敵側にも存在し、正義はどこに>>続きを読む

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)

3.5

ラブファンタジーとしての後半からラストはよかった。脚本家が北川悦吏子氏で期待からハードルを上げたことがあるかもしれません。前半の「天国への郵便配達」に「どんなの?」って興味をひかれましたが、特に前〜中>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.5

殺人や陰謀が描かれる訳でなく、少女の日常に起こる小さな出来事が描かれ、「どういうこと?」ってその理由が示されずに流れる出来事もあるので、何が面白いのか?って思う人もいると思います。主人公パク・ジフの演>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.5

ウォンビンのかっこよさとアクション、ストーリーのテンポでグイグイ引き込まれていきます。ただ、悪役の非道さに加え、殺人シーンの描写、死体や眼球のグロさ、など目を背けるシーンが多いのも事実。これらに免疫が>>続きを読む

楽園の夜(2019年製作の映画)

3.5

殺人シーンのオンパレードです。ここまで惨殺シーンを入れ込む必要があったのかと思いました。
しかし、闇社会の中で生きる男と余命短い女の共鳴、映像美と演技力の素晴らしさでこの世界観に引き込まれ、登場人物の
>>続きを読む

マルティニークからの祈り(2014年製作の映画)

3.5

貧困と無知から犯罪に手を染めてしまった罪はるものの、その後の理不尽な不幸の積み重なりには目を背けたくなります。外交通商部の役人にしても、ひとつひとつは小さな落ち度や不適正なんだろうけど、それらが人の人>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

4.0

上質なサスペンス・アクション
ハン・ヒョジュ見たさに見ましたが、面白い!最初からグイグイ入り込んで最後まで目が離せなくなりました。韓国サスペンス・アクション素晴らしいですね。捜査員と犯罪者のキャラクタ
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.0

最後の最後まで見てほしい。

良いとの評価で見始めましたが、くだらないコメディで退屈、つまらないと思い中断しながら見ました。ところが、最後の最後で怒涛の展開❗️え〜、泣いちゃう〜というラスト。エンドロ
>>続きを読む

ミス・ワイフ(2015年製作の映画)

4.0

死んだ人が現世へ、違う人生を生きて.....っていうありきたりな(失礼!)設定で、キャリア人生より専業主婦礼賛っていう古い価値観が臭いますが、それを差し引いてもテンポのいい展開と出来事で面白く、ウルッ>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

4.0

ハン・ヒョジュにやられました。目が見えないけれど、前向きで明るいハン・ヒョジュの笑顔の魅力が素晴らしく、だからこそ2人の恋愛に惹かれます。視力を失ったジョンファとチョルミンにそんな因縁があったとは❗️>>続きを読む

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

4.0

まずはキム・ゴウンの演技が素晴らしかった。闇社会で生きてきた女性がある出会いをきっかけに心に変化が現れる演技、表情に見入ってしまいます。男中心の闇社会映画は多いが、女性視点が新しい。ゴッドマザーがイリ>>続きを読む

悲しみよりもっと悲しい物語(2009年製作の映画)

4.0

こういう最後まで見ると違う視点があったり、謎解きがあったり、巧みな構成で成り立っている映画やドラマは大好きです。通常はサスペンスやSFなどが多いですが、ラブストーリーでしかも泣ける構成でというのが素晴>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.5

あまりに甚大で規模の大きな出来事で、関係する組織、人物のどの視点から描くのか、どこまで政治的な主張に踏み込むのか、エンターテイメント性をどの程度持たせるのか、ドキュメンタリー映画にするのか否か。難しい>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2018年製作の映画)

4.0

家族の愛が描かれた素晴らしいストーリーでした。映像の切り取りもキレイで、演奏シーンにも心奪われました。登場人物がそれぞれ問題を抱えており、彼らが絡む中で描かれる愛があったかい。ユン・ヨジョンさんの演技>>続きを読む

>|