hitomiさんの映画レビュー・感想・評価

hitomi

hitomi

【Mark】2015年12月:8本 / 2016年:107本 / 2017年:180本 映画を観たらすぐここへ。その時に思ったことを一気につらつらと書き連ねる派。

映画(418)
ドラマ(19)

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.0

自分には難しくて理解に時間がかかったしこれからもかかると思うけど、これすごい作品だ。観てよかった。

個人的ないざこざが拗れて、他人に利用されて、どんどん大きくなっていくってめちゃくちゃよくあるよね。
>>続きを読む

SPF-18(2017年製作の映画)

2.2

びっくりするほど内容うっっすい!笑

よくあるティーン向けの青春映画って感じだけど、心情描写が雑すぎてなんでそうなったのか、なんでそう感じたのか、が全然分かんない。子どもってそんなばかじゃないし、まし
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

2.0

今となってはよくある、青春自分探し映画。やっぱり古い作品苦手。なんでだろう、雰囲気かな。

特に何も起きないけど、ああこういう風にもがいてたことあったなあ、って思うし、いまだに自分が何者かなんて分かん
>>続きを読む

シエラ・バージェスはルーザー(2018年製作の映画)

4.0

好み!
ありきたりな現代恋愛ではあるけど、音楽の使い方とか、主人公のリアルな苦しみの描き方とかすごいよかった。好き。

親がどんなに子を愛してくれても、それだけじゃどうにもならないことってたくさんある
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

2.5

こういう作品がどうしても苦手で、観終わるのに時間がかかってしまいました。
もっとたくさんの作品を楽しめるようになりたいのに、、苦手な作品はどうしても苦手なので仕方ないのですが。

リアルでドライな、そ
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.0

自分には少し合わなかったというか、好みの作品ではなかった。でもこの作品が愛される理由が分かる。

無駄のない構成が面白かったなあ、これだけの長さがあるのに全てが繋がってる。

観る前はただのマフィア映
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.6

怖すぎて死ぬかと思った(ホラーとスリラー苦手)

後半畳み掛けるような恐ろしさがやばかったです、ほんとに怖すぎて泣きそうになった。笑

前半にあった、彼女の親戚たちの差別的な迎え入れ方は結構いやらしー
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.3

これが実話ってすごすぎる!
でもこんな人と関わりたくない笑

バリーに確固とした信念がなかったのがなんだかもやもや。流されまくって利用されてただけじゃない?

面白かったけどそこが気になったまま終わ
>>続きを読む

ハンナ・ギャズビーのナネット(2018年製作の映画)

4.0

これはわたしの物語。
わたしの物語はあなたの物語。

全人類の教科書として本当にたくさんの人に観てほしい。

どれも彼女の身に起きた事実。辛くて苦しくて絶望した経験は本人にしか分からない。だから自身の
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

2.5

イタいな〜〜でもなんか分かるなあ笑笑
別に可愛くないしサクセスストーリーじゃないけど、なんだかリアルで応援したくなる作品でした。

自分の生まれ故郷の閉塞感を嫌い、地元に居つく人達がバカに見えて、それ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

満を持してやっと観てきました!姐さんたち、最高にかっこい〜〜!!

オーシャンズシリーズ、全部予習してから観てよかった!クスって笑える所が多くて、あー!この人!ってなったりして、シリーズ物のこういうと
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

2.9

雰囲気が好きな作品。
物語の内容は好みじゃなくて観る気にならなかったけれど、グレタガーウィグが主演ということで鑑賞。

リアルな話題の中に理想が少し入ってるような作品でした。人間なんて、大人なんてこん
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.9

やっと観ました!めっっちゃくちゃ好き!

ずっと観たかったのに時間がなくて観られなかった作品。地元の名画座的なところでやっていたので観てきました。地元のちっちゃい映画館で観る青春映画って最高。シングス
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

1.9

怖い。とにかく怖い。

スリラーとかホラー苦手なのですが、つい話題になっていたので日曜の昼間なら平気かなと観てしまいました。笑

こういう手の作品が苦手な理由は、単純に怖いっていうのと、なんでそんなこ
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.0

オーシャンズ8のための予習最後の3作目。

スカッとする〜〜!
12より13が好き。必死にやるんじゃなくってクールに仕事をする姿がかっこいい。

仲間を大切にする人は仲間から救われる。因果応報ってこと
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

2.6

ちょっと不気味だけど、勇気の出るかっこいい話!とはいえ、いくつか気になる点もあるので2.9で。

家族がミシガン州から越してきたのがまず勝手に親近感。笑
ミシガン州に留学していたのでなんだかシンパシー
>>続きを読む

シスターズ(2015年製作の映画)

3.0

大人だってハメを外してイかれたパーティーしたい!

大人だから、っていう呪縛から解放されて、一気にハメを外す姿は若い頃と何も変わらないんだなあ。大人ってみんな色んなものを我慢して諦めているのかな。だか
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

2.5

オーシャンズ8鑑賞に向けて11から続けて鑑賞。視覚的に面白かった、って感じ。

11があまりにもスマートにまとまっていたからか、今作はちょっと野暮ったく感じてしまう。続編モノあるあるなのかな。

なん
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.3

続編鑑賞後に改めて鑑賞。やっぱり楽しい!

ストーリーは重そうで重くないし特に事件も起きないけど、それがいい。
ABBAの曲もそう。特に歌詞に深い意味はなくって、それがいい。音だけを楽しめる。幼い頃か
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.3

楽しかった!!!
とにかく明るくて楽しくて、観ている人を励ましてくれる、素敵な2時間。

けれど、それが逆に悪く感じてしまったのも事実。楽しかったけれど二番煎じ感がやっぱりある。一作目は観ておいた方が
>>続きを読む

ファニー・ガール(1968年製作の映画)

3.0

これが1968年の作品だなんて、、!
ほとんど古さを感じさせない。ストーリーも衣装も。交通手段はさすがに古いけど。笑

初めて幕間がある作品を観て興奮。笑笑

女性に決定権が全くない恋愛関係はめっちゃ
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

子どもでもなく大人でもない、でもちょっぴり子どもで大人な14歳。自分は特別な存在だと信じたくて、普通じゃない何者かになりたくて、必死にもがいてる。
なんとなく気持ち分かる。自分は未だにもがいてるけど。
>>続きを読む

ステップ・シスターズ(2017年製作の映画)

4.0

2017年の映画!!!って感じ!最高!

文化盗用と差別について、分かりやすく描いている作品。文化盗用って日本にいるとあんまり身近に感じることがない気がするけど、意外と日本の文化もされてるよね。それを
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.3

今更ながらやっとちゃんと鑑賞!
よく観てみたら、昔から知ってるやつだ〜〜!ってなりました笑
父が昔から週末にテレビで観ていた洋画作品のひとつ。知ってたわ。

サクッと盗んじゃうところがかっこいいね。そ
>>続きを読む

サブリナ(1995年製作の映画)

2.5

リメイク版だと知らずに鑑賞。
前半は楽しかったけど、後半はテンポが落ちてなかなか進まず、はっきりしない登場人物たちにイライラ。早く終わらないかなあと思いながら観てしまいました。

サブリナは自我がしっ
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.0

人間はみんな、人生のビギナーだ。
誰もが生き方なんて分からず、もがき、彷徨い、悩む。少しずつ、自分のペースで進み、少し戻り、生きて行く。それが人生。

静かで決してポスターのような明るさはないけれど、
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃよかった!!!
ダイナミックではないけれど、日常が少しずつ変わって主人公が少しずつ変化していく作品。大好き。
色使いも音も服も、全部が魅力的。ギラギラしたものではないのに、惹かれる。心に残
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

1.7

最高に好みじゃないし、意味も分からなかった、、、笑
でもこういう作品から色々考えるの、好きです。人生ってなんだろうとか、仕事ってなんだろう、幸せってなんだろう、現実ってなんだろう。

この作品は、人類
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.4

ウディアレン監督は苦手なんですが、この作品は映像の美しさとストーリーのテンポの良さが好みでした。特に色合いが好き。
鮮やかで可愛らしくて、アメリカ人の監督っぽいけど南仏感もあって。どこを切り取っても素
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.7

おもしろい!
こういう分かりやすい成長物語好きだなあ。

でもひとつ気になるのが、闇を抱えてそれに飲み込まれた人間が悪い、っていう表現。わたしの理解が足りてないだけかもしれないけど、「なぜ人間には闇が
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

2.3

スノーデンのこの話はあまり知らなかったので、一から知ることができてよかった。でもこれは今まで報道された内容となにが違うのかなってたいう感覚。わたしはそれをほとんど見ていなかったので(なぜか)内容には満>>続きを読む

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.8

ど好みの作品。こういうの大好き。

まず映像。淡いけどたくさんの色があって。儚くて夢見たいな色。でもいろんな色があって美しい。感情を色彩で表しているようで素敵なシーンがたくさん。

ストーリーと設定も
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

2.5

好みじゃないけどすごいなあって思った作品。

19歳でこれを撮ったことを鑑賞後に知ったので少し感想が変わりつつある。監督が主人公の年齢と近い時にこれを描いたということが面白い。視覚的な日記みたい。だか
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

1.9

タイムリープ系はその仕組みを説明しないで欲しいなあ、、仕組みが完璧じゃないから余計に理解できなくてもやもやする。笑

かなり昔に観たけれど、どんな話だったか忘れてた。当時はからくり時計が怖かったり、絵
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.1

天才児のサクセスストーリーかと思っていたら、全然違いました。家族が一丸となって1つの夢に向かう物語。One for All, All for Oneって感じ。すごく良かった

ビリーは最初ちゃんとバレ
>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

2.5

めちゃめちゃ「奇跡の」って感じだけれど、いい話。こういう作品を素直にすごーい!って感じられなくなってる自分が悲しい笑

ありがちな奇跡モノだけど日常の音を音楽にする過程が楽しい。悪者とされた人たちのバ
>>続きを読む

>|