licさんの映画レビュー・感想・評価

lic

lic

だから最愛の作品に出会える感動はひとしお。

ファミリー・プロット(1976年製作の映画)

3.3

映画の季節がやってきたー
墓の迷路シーン、監督になったら取り入れたい
軽くて爽快

エース・ベンチュラ(1994年製作の映画)

3.5

こんな早く恋に落ちるかねって思うけど、モニカがモニカのまんまなので、フレンズだったらありえる展開だなと思えば合点がいく

仮面の男(1998年製作の映画)

3.0

すごく年取ってたような印象だったけど、いま改めて見るとまだ美少年の香りが残っていた
2人分見れてお得

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

今宵も素晴らしい困り顔をありがとう
みんなに疑われて困るリーアムニーソン

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ(2010年製作の映画)

2.9

笑えばいいのか気持ち入れればいいのか塩梅がわからなかった。これは映画の欠陥ではなく、観た私のほうに責任がある気もする

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.8

トラックのオプティマスプライム出て来るシーンは感動のあまり垂涎もの。ベイ様が入れたいアクションありきの脚本の捨て方も潔く、そこに文句を言っては元も子もないでしょう。興奮しすぎて首痛めた
いつもより強め
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

ジャックもすごいけど、これを暗唱できるらしい平山夢明がどれほどすごいかがよくわかった

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.8

日本で作ったら片平なぎさになっちゃうところを、ローラパーマーもってきちゃうんだからやっぱりデヴィッドリンチはすごいよ

Sock 'em Dead(原題)(2015年製作の映画)

4.0

こういうコマーシャルを毎日見たい
ダニー・トレホ効いてる

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

はっちゃんありがとう!
サクッと東南アジアくらいまで行ってひとっ風呂浴びたような爽快感がありました。良作

サイコ(1960年製作の映画)

3.8

えー!でもやっぱりもしかして…いや違うんかい!…てか志村うしろー!を延々リピートして2時間没入する幸せ
現代ではマイケルベイ呼んできて、恐ろしいほどの技術と資金をブッ込んでもここまでのめり込めるか怪し
>>続きを読む

クレイジー・パーティー(2016年製作の映画)

3.1

「ジョンマクレーンになってくれ」はアメリカでも通用するんだとわかり安心した

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.3

たぶん善の人が作ったのでしょうが、果たしてこれだけでは本当に必要な人は救われないのではないかと

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

非常に個人的な先入観ですが、キャストや映像、音楽いろいろが「あ、これたぶん最大にクリエイティブではないパターンだ」って思ってしまって最後までなんかそんな感じだった。年に数回お届けされる、期待が膨らみそ>>続きを読む

(1963年製作の映画)

4.1

しびぃ〜〜〜〜‼︎‼︎‼︎‼︎


ゾンビよりアナコンダよりエイリアンより液体金属より怖い最強のキャラクター「鳥」を設定したことだけでこの映画は完成しているが、それを支える人間模様もぱーぺき
そして終
>>続きを読む

ハリーの災難(1955年製作の映画)

3.5

ツッコミどころ満載の無理設定でもぐいぐい観客を引きこんでいけるのは、完璧なコンセプトの賜物なのでしょう。たったの1分くらいでどの登場人物もキャラが完璧に伝わってくるあたり、現代のドラマにももっと学んで>>続きを読む

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

4.0

見始めたら止まらないすごい
このピストルの登場よりもカッコいい銃の見せ方はないと思う

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.6

15年くらい待ったかいがあったぜー!
うぉーーー‼︎っていう雄叫びチームと、現実を突きつけられて辛くて苦しいチームが、心の中で常に半分ずつ。
いつだって最先端で、いつだって憧れちゃう

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.5

一切期待を裏切らない展開が、むしろ自信の表れに見えて好感持てます

めまい(1958年製作の映画)

4.5

手の中で躍らされている感が非常に心地よかったです

ダイ・ハード3(1995年製作の映画)

4.0

ハーレムこわー!
アスピリンぼりぼりするのまじかっこいい

レ・ミゼラブル(1998年製作の映画)

3.0

なかなか歌わないなぁと思って、新しいやつじゃないことに気づいたのが再生から40分。しかし、時空を超えて困り顔のリーアムニーソンが見られて私得でした
特に序盤、背中で荷車を持ち上げる困り顔は、北の国から
>>続きを読む

>|