W

W

スプラッター以外は広く浅く何でも見ます。ミュージカル映画や脚本が凝った話は特に好きです。
映画館という空間も大好きなので、映画は可能な限り劇場で見たいと思っています。
映画館でアルバイト経験あり。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

なんだか、見たあとに心が解放されたような気持ちになった。

ストーリーはよくある…というか、それほど奇抜ではないんだけど、とにかく映像表現が素晴らしい。

湯浅監督作にはそんなに馴染みがあるわけではな
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

前作が楽しかったから、今回も楽しみだな〜と思って見たら…まさかラストで泣かされるとは!!

"アクションシーンの派手さを重視した結果主人公以外の描き方が不十分"ってハリウッド大作が多いなか、今作はちゃ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.3

まさに、詩集の映画化。
感覚を鋭敏にして、映像と音楽に身を委ねる感じ。見終わった後、ちゃんと伝わるものがある。

このタイトルを踏まえての"東京には黒がない"とか
"愛はたくさんの人を殺してきたから、
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

"シャマラン信者"なので公平な評価はできないが、今回も安定のシャマラン作品。

「ヴィジット」よりスリルは少なめだけど、後半の相変わらずのシャマラン節とラストシーンで大満足。

全力でこの企画に乗って
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

見ながらずっと思っていた、「彼が救われてほしい」と。

だけど、この作品は安易なハッピーエンドを観客に与えてはくれない。

主人公リーはちょっとお調子者だけど、兄弟を愛し、家庭を愛している普通の男だっ
>>続きを読む

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

4.5

監督の実体験を基に、女子高生の聡子が摂食障害を通して自分を見つめ直す過程を丁寧に描いている作品。

前半は観客が主人公の体験を追体験するような作りで、誰でも感じる日常のほんのちょっとのことで本人でもコ
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.2


まさに、受難。
だんだん主人公がキリストに見えてきた(たぶん、狙ってやってると思う)

人がいかに感情や決めつけ、思い込みによって生きているかを思い知らされる。

でもまぁ「子どもは嘘つかない」なん
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。


これこそ真の「トンデモ映画」と言える作品でした(褒めてますw)

ハラハラするけどバカ笑いして、グロいんだけどビジュアルに頼ってなくて。

よくある「B級映画」に真っ向から勝負かけてる感じでした。B
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

ちょっと前だけど、公開すぐに「ムーンライト」見てきた。


徹底的に無駄をそぎ落としたつくりの作品。主人公のシャロンはびっくりするほどセリフを言わない、受けの演技に徹する。
セリフが少ないぶん、静か
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0


観ながら、「あぁ、前作は今作のために作られたんだ」と思った。
そのくらい良かった。

ストーリー以上の「20年の重み」がずしっとくる。
20代と40代では、1万6千ポンドの重みが全く違うんだよね…。
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

ケン・ローチの作品はいつも、社会派なのに声高に主張せず観客に考えさせる。一所懸命生きてる名もなき人に目を向けさせ、社会の片隅にこういう人がいるよ、と教えてくれる。

でも今回はいつになく、はっきり、大
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.0

吹き替え版で鑑賞。

適材適所の配役。
テンポよく、各キャラも魅力的。

歌は、詰め込むのはいいけどもっと一曲一曲ちゃんと聞きたかった。

劇場という空間を愛する人には響くストーリー

とにかく、MI
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.1


スタッフと役者が心を込めて作ったのが伝わって来る、ていねいに作られた作品だった。

いつもは華奢に見える生田斗真の肩幅の広さや背の高さに驚き、それがまたリンコさんの葛藤を生むのに効果的。

マキオの
>>続きを読む

愛、アムール(2012年製作の映画)

4.6

とてつもなく繊細な「愛」の物語。

親子や他人に比べて、恋人や夫婦は対等な関係だ。だからこそ、その相手に看取られることは一番幸せなことかもしれない。だけど看取る方は、それまで人生を対等に歩んだからこそ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.3


見終わった後では、これを"プリンセスもの"に入れていいのか悩む。
それくらい、冒険活劇。

主人公のモアナは意志が強いだけでなく、身体能力の高さも半端じゃない。

ドラマの掘り下げより、ひたすらアド
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.2


綺麗な映画だった。

殺しのシーンなどでリアルを追求しがちな最近の映画のなかで、必要以上に血も見せず、映像の刺激に頼らない。
でも、役者や衣装や風景の美しさは印象に残る。

いい素材を使って丁寧に作
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5


"見逃さないで 幸せのオマケを"

豪華な俳優陣の共演で見せる、これ自体が"幸せのオマケ"のような作品。

主人公だけじゃなく、周りの人たちが抱えているものも丁寧に描いているところに好感が持てる。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

序盤でいつまでも夢を追い求めている主人公に向かって、姉が言う。"ちゃんと社会人になって、あなたはロマンチックすぎる"
すると彼はこう返す。"ロマンチックでなにが悪い?"
これは、まさにそんな映画だ。
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

グザヴィエ・ドラン版「家族はつらいよ」

家族だからこそ、簡単に言えない。
家族だからこそ、分かりたい。
家族だからこそ、感情的になる。

家の中や車の中という閉じられた場所の中で、主人公はそれぞれの
>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)

4.0

たった70年前なのに、精神疾患がどう捉えられていたのか。
「治療、悪いものを治す」という固定観念のなか、作業療法が「患者を遊ばせる」「なんの成果も出せない」と軽んじられ、医師でなく看護師の担当になって
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

この作品の登場人物は、全員が正しく生きようとしていて、だからこそ みんなどこか間違っている。

原作は以前読んで強く印象に残っていたため、どうしても"自分のイメージと映画との間違い探し"的な見方になり
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

下ネタギャグやいじめへの対処法など、要所要所が雑だったりツッコミどころは多々あるが、最期に母と娘がやり取りする今作のクライマックスシーンで帳消しになる。

とにかく杉咲花が輝いている。それを支える宮沢
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.7

「この世界の片隅に」

いろいろな観点があると思うけど、「戦時中を生きること」をこんなに丁寧に描く作品はなかなかないと思った。
徹底的に日常を淡々と描くことで、そこかしこにある戦争の影にドキっとさせら
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

4.0

「地獄でなぜ悪い」

いやいや、園子温節全開!(笑)

なんか、スプラッターとか血まみれ系好きな気持ちが分かった気がする。あるラインを越えると笑いになるというか。僕は手持ちカメラマンのマシンガン乱射で
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

「シング・ストリート 未来へのうた」

ダサいけど、純粋で多感。
そんな高校生の様子が、リアルに描かれている。

さえない主人公は、イジメられ、恋をし、きょうだいやバンド仲間に支えられながら、成長して
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

「リリーのすべて」

今から90年も前に、世界ではじめて性別適合手術を受けて「男から女に」なったデンマーク人と、それを支え続けた女性の実話。

トランスジェンダーという概念すらなかった当時、自分のなか
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

僕が死んだら、残された人たちに見せたい。

そのくらい好きな一本です。

>|