makiさんの映画レビュー・感想・評価

maki

maki

映画(9)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

2.5

ここ数年の所謂「青春映画」って、その年代じゃなくて中年向けなんじゃないかと思う。

90’sに10代を実際に体感したから好きな気持ちはわかるけど岡崎京子風味はもうええ。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

途中「おばあの助けは要らん!(千鳥ノブの口調で)」とツッコミを入れた自分がいました

リンドグレーン(2018年製作の映画)

4.2

誰かの生涯を2時間で描こうとすると駆け足になってしまうのは避けられないので、あえて18歳からの数年だけを切り取ったのがとても良かったと思います。
その中でちゃんと彼女の奔放さや意志の強さも描かれていて
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

5.0

大好き過ぎるんです、この作品。

日々映画を観続けてると、ごく稀に生涯大事にしたくなるような作品に出会える事があって、それはとても幸せな事で、もはやそんな作品に出会える事を楽しみに観てると言っても過言
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.0

京都国際映画祭の先行上映にて鑑賞。

ここ最近ドラマや映画にたくさん出ている渡辺くんですが、正直どれを観ても個人的にはあまりピンと来ずでした。

ですがこの作品では彼の良さが存分に発揮されていて、色即
>>続きを読む

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

第三夫人として嫁いできた14歳の少女、と聞くと、おそらく女達の愛憎劇が…と想像したのですが全くそういうお話ではなく(監督の曾祖母の実体験を元にされているそうで、当時は日々の暮らし
を送るだけで精一杯だ
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

4.2

感覚を研ぎ澄ませて、この世界に入りこむ事が出来たらとても楽しめる作品だと思います。

オワーズのガシェ医師の家に行ったとき、「私は自分の人生を愛している」と壁に書かれたゴッホの言葉を読んで、あんなに貧
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.0

指摘されてる方もいるけど、確かに嘘みたいに優しい世界だしストーリーもそれほど新鮮味はないかもしれない。でも、すぐに心が曇りそうになる今の世の中、これぐらいの澄みきった映像作品が観れた事がうれしい。それ>>続きを読む