Hoshiduruさんの映画レビュー・感想・評価 - 17ページ目

Hoshiduru

Hoshiduru

血糊と老俳優がすきな女子大生

映画(739)
ドラマ(0)

トイレット(2010年製作の映画)

4.1

面白かった。ことあるごとに「ばーちゃん!」ってさけびたくなる、そんな映画だと思います。

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

2.0

演出も演技もくどい感じがしてしまいます。前回綺麗に終わったのに続編はいらなかったと思う。

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.1

ハリウッド映画!お金かかってます!って感じがビシビシあります。ストーリーは言われてたほど難解ではなかったと思う…途中集中切れてたけど言いたいこと伝わるし…劇中で出てくる説はまあ、信じないけどそういう解>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

4.4

ゾンビ大好きなんですけどゾンビ映画を観たのはこれが初めてです。だって追いかけてくるとか怖いじゃん??ですが、今回はアクションとコメディ重視だしゾンビ弱いしで凄く面白く観れました!

お爺お婆と共にヒャ
>>続きを読む

風俗行ったら人生変わったwww(2013年製作の映画)

1.9

2016年1本目がこれでしたよ…

佐々木希の芝居の違和感は置いとくとしても、原作にある感じが出てなくて残念。ネットに投稿されたものの映画化といえどさ、別にそんなネットに擦り寄らなくていい!って思う。
>>続きを読む

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

3.5

是枝監督の映画は食わず嫌いしていたけれど、よかった。全体的に不思議な距離感があって、その中でみんなが不自然なんだけれど、それが自然、というような感じでやってて面白いなぁと思う。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.5

「幸せ」の表現が凄くしっくりきたので。
主人公の底ぬけの明るさのようなものに違和感があって、これは楽しめないかなーと思ったら、ちゃんとそこを問題として扱ってくれてよかった。
観終わった後も残ったもやも
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.7

SF映画はE.Tしかみたことないので、主人公達が何を言ってるのか全く理解できません!だけど楽しい!これって凄いことだなぁと思います。現実にこういう場面があるときって、だいたい疎外感を感じます。

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.8

原題「Mirror Mirror」からも分かる通り、結構女王側も描きます。好きです。
最初は「白雪姫の眉毛太すぎだろ…」とか思ってたけど、最終的にリリーコリンズのファンになりました。
派手で華やかでハ
>>続きを読む

マウス・ハント(1997年製作の映画)

2.7

主演の二人が好きでみました。
笑える!人間のバカっぷりと、次はどの手で出し抜くんだろうというネズミの攻防がみてて楽しい!終盤の展開はゲゲーってなったけど。

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.1

切なくて素敵な映画だった。何でかとても悲しくて苦しくて、幸せを一度知るというのも残酷だなと思った。

ラバー(2010年製作の映画)

2.2

結構好きだった、悔しい!
なのに何でこういう評価かっていうと、この映画がクソ映画と評されるのを期待してる気がしたからです。だから悔しいんだけどね。
内容はタイヤが意志を持ち、念力で人を殺します!いや、
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

2.2

ずっと観てられなかった。最初は笑えたけれど、みんながみんなひどい。「裸足のピクニック」を思い出したな。

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004年製作の映画)

2.5

前回に比べて大分不快な印象が減ったような気がした。
新キャラがいい感じで世界観もめちゃくちゃ(いい意味で)楽しかった

ミート・ザ・ペアレンツ3(2010年製作の映画)

2.7

軽く見られていい映画。
自分の中で段々と評価上がっていった。でももうお腹いっぱい!ドラマみたいな感じ。続きが公開されるなら観るけどー。

フットノート(2011年製作の映画)

2.2

ラスト直前までは凄くワクワクして、これはどう終わらせるんだ⁉︎って期待してたんだけれど、だかれそこまでは星4くらいだったんだけれどなぁ、オチが嫌。オチ…?まあ、とにかく嫌や。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

2.8

キャラ濃いよね。演出もくどいなぁ。

ストーリーは二転三転するのが魅力なんだろうけど、キャストの感じで何となくわかっちゃうよねー。でも仕方ないのかな、それは。鈴木浩介はやっぱよかった。

ワンダフルライフ(1999年製作の映画)

1.5

すっごく素敵な作品だと思うんだけどね、途中で寝てしまって、もう一回観ようかな、みたいな気持ちにはならなかったんだよなぁ…。

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

3.4

ほのぼのしててよかった。
最後までの二人の距離感というか、凄く素敵なものを見てる感じで純粋に応援できた!
内容シンプルなので、TVシリーズみてないけれど楽しめた!

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

2.6

優しい映画だった!もっとほのぼの系なのかなーと思ってたから、思ったより違う系統で驚きだった!邦題が悪いのか、サムネとかのきれいさとの不釣り合いさなのか…

青天の霹靂(2013年製作の映画)

2.3

大泉洋はよかった。映画は…よかった気もするんだけれど、思ってたの違って残念

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.7

シリアスな話だったりするのに何となく日常の可愛らしさみたいなものも見えるのは、役者の魅力だろうか。
主演のフォレストウィテカーは凄く上手だったと思う。どこか愛嬌のある役柄を見事に演じて、ストーリーの重
>>続きを読む

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

2.7

役者が引っ張っていってる感じ。
藤原竜也側からも描くのは良かったかなー

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.7

歌の出し惜しみがないはずなのに、出し惜しんでるのと大して変わらないクオリティなのが良かったなぁと思う。

主人公は本当に特別な訳ではなくて、周囲からの支えと努力があって生きてこれたんだなと感じた。
>>続きを読む

蝶々夫人(1955年製作の映画)

2.2

時代的に仕方ないんだろうけど
蝶々が若いからなのか、世界に夢を持ちすぎていて、なんだか苛立ってしまった。あと眠くなっちゃった。

ビーン(1997年製作の映画)

2.1

予想通りの出来栄え。
ただ、もうちょっと短い…というかドラマで観たかった!くらいの感じかな。あと下品。

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

2.8

見せ方があんまり良くない気がするけど、ストーリーは良かった!

女子ーズ(2014年製作の映画)

2.7

コメディとしては軽くてだるくて面白かった。高畑充希いいね。ただ人間ドラマ風がやり切れてなくて、いれなくていいんじゃない?とは思った。

太陽の坐る場所(2014年製作の映画)

2.5

随所に安っぽいところが見えて、自主制作映画っぽい感じがしました。
ストーリーがカバーするのかなぁとか思っていたけれど、それも違ったかなぁ…。

バッドガイ 反抗期の中年男(2013年製作の映画)

2.0

大人って…なんなんだろう。
ガイに対しての大人気ない大人達を問題視するのはOKだと思うんだけれど、ガイ自身も大人気なさすぎて…うーん。
あと退屈でした!

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

2.1

最初のほうの下りとかネタは面白かったんだけれど、シリアスパートについていけなかった…あんまり原作をちゃんと知らないからかしら。

笑の大学(2004年製作の映画)

2.2

否定的に接してたものに対し魅力を感じる流れは好きなはずなんだけれどなー。どうしてもこの話は好きじゃない。

あなたを見送る7日間(2014年製作の映画)

1.0

途中までも全く観れてないし最後まで集中力が続かなかったです…。

変態小説家(2012年製作の映画)

2.7

サイモンペッグを愛でる映画かなー。
ストーリーはだんだん面白くなってきます、きっと。最初は観るのやめようかなーとか思ってたけど。

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

かわいい映画。最後の「パパ」のセリフは、人生二言目のセリフなんだろうなぁ、と思って、父親との和解のようなものと、自らが父親になったということ、もう色々な物が合わさって感動の波が押し寄せてしまった。おば>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

4.3

自殺用品店なのにめちゃくちゃ内装明るくて笑いそうになった。
末っ子のキャラクターは普通に良いとして、あの家族になぜああいう子が!と思ったら、みんな抑え込んだ感情の表れのようなものなのね。生命の喜びのよ
>>続きを読む