Hoshiduruさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

Hoshiduru

Hoshiduru

血糊と老俳優がすきな女子大生

映画(735)
ドラマ(0)

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.3

予告観ながら「これ意外と生活できるよね〜」って話してたのが懐かしい。電気だけじゃないのかい! 現実は甘くなかった。

「私には無理だ」ってなりつつ、高校の修学旅行で無人島でサバイバルしてた友達とかを想
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.6

好き!!!かっこい!!私にとってのはじめてのヒーロー映画になった感じがする。
ヒーローってかっこいいんだ!!って、そんな当たり前のことに今まで気がつかなかった。
正義とは何か、悪とは何か、勝利とは何か
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

ひゃーーっ!ばかーーっ!ってなりながら観てた。ちょっとくすくす笑った。

くまちゃんラッセルクロウはバリバリ動けるし(アクション担当そっちかい!)ゴズリングはとにかくダメなお父さんっぷりで…
かっこい
>>続きを読む

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.0

柄本明が本当に死んじゃうんじゃないかってずっとこわくて泣きそうだった…!

ずーっとずーっと柄本明は生きていると信じていた気がして、だから、ガンが発覚したとき、私まで声を失いそうになった。家族にガンが
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

面白かった! 前半は登場するたびに変わるクロエちゃんのヘアスタイルにどれがいいかな〜って見てたけど、前フリが終わってからのデンゼル無双がやっぱ凄かった。

元々ホームセンターの店員ということもあり、割
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.3

安定感と疎外感! やっべ前作観たの前すぎて半分くらい???ってなってた。だからレビューも信頼性ないです。次作観る前には原作読みます。

前半はなんかやべーことなってそう!!ってなりながらも、みんなの成
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.1

小さい頃に見た実写バレエや絵本のイメージを思い起こすシーンで時々懐かしんだり。

特にメッセージ性とかは見出せなかったけど、素直にそこそこ楽しめた!ベンジャミンかわいい。 ピーターにヘイトが溜まりすぎ
>>続きを読む

コウノトリ大作戦!(2016年製作の映画)

3.8

ちょっと悔しかったな…。期待外れかな?って前半30分くらい思って、やめようとしてたのに。 最後は涙を堪えてた。

何が良かったんだろう、って後から考えてるわけです。今も。わかんないんだ。
くだらないん
>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.4

ステイサムさんの映画ってだけでおばかな感じだと思ってごめんなさい!割とほんとにクライムサスペンスでした。がっつりのエロと配慮されたグロあり。

アクションも控えめ。知能戦ですが国家権力vs悪の権力の裏
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

世界をかたちづくるもの

※天才のふりして感想書きます

統合失調症のケースが典型的すぎてすぐ気づくけど、信じたくはなくて、だってそれがなければ、彼にとっての彼の人生はこんなにドラマチックだったろうか
>>続きを読む

バンビ、ゴジラに会う(1969年製作の映画)

3.4

なんでclipしたんだろ…。そしてなんで見たんだろ…。
クレジットがmarvなのかmaryなのかと思ってるうちに終わるあっけなさ。
SAKEROCKの「会社員と今の私」のMVにもあるこの世界観は幼い頃
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.2

あの日への後悔とあの日からつながる期待の中で目の前の相手にうっとりとしながら、口だけはべらべらと忙しなく動かしつつ、あの日の中でまどろんでいる。

すごく素敵で好きで、私にもやっと恋がわかったのかな、
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.7

実は観たことなくて、「circle of life」は歌ったことあるけど、食物連鎖でしょ??って思ってました、ごめんなさい。

ミュージカルシーンも色鮮やかで、みんなテンション高いし、スカーも悪役らし
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.4

じゃあそれで何か出来るの?

ロビンウィリアムズvoiceのわんこを見たかっただけなんだけど、登場は遅くて、だけどすごく素晴らしかった…。 かわいすぎ、いいとこ持って行きすぎ…!あの犬を出すのはずるい
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

2.8

あんまり情報がなかったまま観ちゃったので、ベットシーンの多さに驚愕してた。ちょっと家族で見るには刺激が…👀

正直なこと言っちゃうとあんまり垢抜けられなかった感じがある。ハリウッドリメイクの割に…。
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

突き詰めた先に待つもの

なぜかもっとヘンテコな映画だと思ってた。おとうさんは巨人じゃなかったし、子供たちは超能力を持ってなかったし、すごく、人間だった。

バリバリの資本主義社会で生き、供給過多な生
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.1

ホームズというよりはルパンのような…?
ムキムキのホームズとか、謎めくレイチェルとか、色々と新鮮なものが多かったけど、ホームズとワトソンの関係だけは変わっていなかった。
残念ながら原作は読んでなくて、
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

IMAX〜〜!なんかねー、すごかったね。
隣の席にいた外国人の二人組が瓶ビールのんで”ふらのチップス”(って何?)食べながら、セリフや歌詞をつぶやいて笑い合ったり、リズムに乗ってたりしてた。意外と不快
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.8

手に入るはずなのに、なぜか手に入らないそれがほしい。 それが手に入らないのは、自分だからだ。

執念の渦巻く物語であったことは確かで、みなさま、それぞれ違うものにご執心です。まとまらないままぶつけます
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

試験前の神頼みを見返したくて、BGM的に流してたけど、ほとんどがっつりみてた。

浪人中の今、この受験勉強に何の意義があるのかとか、大学入って以降の将来への漠然とした不安とかをひたすらに考えてしまうし
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.7

全然期待してなかったけど、面白かった!

アオヤマ君が何事にもまっすぐで、まっすぐ過ぎて孤立しててもおかしくないんだけど、世界はとても優しくて、大人たちが強くて、なんだかとても素敵な世界のお話だった。
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

2.9

2.4+コリン補正0.5
皆相変わらずパリピ感すごい、地元と家族を愛するヤンキーっぽい。 ごめん、でも文句はいっぱい。

(ハリー)→サム~共に島~→ビル→ハリーの順番が日記の通りでしょ?とか、おばあ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

開始10分くらいで「あー、了解了解」みたいな気分にはなって、この、今となっては結構ありきたりな手法をどう生かすんだ?もしかしてこれだけ? ってちょっとハラハラしつつ観てた。やられた。

舐めてたなあ。
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

狂気とホームビデオの同居。
「命って不思議だね〜」って映画、と一言でまとめる事も、まあ可能なんだろうけど。

お話としてはシンプルで、余計な設定は言及されず「まあ不思議だけどいっか〜」って流させるスタ
>>続きを読む

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

3.2

昔からずっと、今でもたまにやる、好みの妄想の設定。「自分は誰かの意思の元に動いているのでは」という、言うなれば「神様のレシピ」論はひどく絶望的で、同時に自分の運命を自分で裁量しようとすることの責任から>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、全てを悟ったその瞬間からそれはそれはボロボロ泣いてしまって、嗚咽すら漏らしてしまった。

正直ロキやガモーラの死もあっさりすぎて、なんかサノス強すぎて「こりゃなんかあるんだろな」と思ってた、と
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

教科書のような面白さ。ずっとびくびくしながらくすくすしてたのに、最後はなぜか寂しくて、ちょっと涙を流してた。

「IT」と同じテイストなんだなあって今更気づいた。「IT」観た時に気づくべきことだった。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

3Dメガネを外すとき、にやけが止まらなかった…。

そんなに観る気はなくて、評判は聞いてたけど前情報なしで観た。今年は映画あまり観れないだろうけど、久々に観れる…って時、こういう映画観たいよね!!って
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.3

絶対ウォーリーが可愛いやつやん…と思って観始めたのに、意外とイヴも可愛い。でも一番モーが好き。

この美しく優しい物語を純粋に受け止めずに、抽象的に描かれた何かとして無理矢理人間の関係性に当てはめよう
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.7

丁寧に作られてるなあ、っていうのがいちばんの印象。「演技」感とか、演出の妙なクサさとか、そういう「青春!」ぽさを逐一感じてはもやつきながら素敵だなあと思ってた。

タイトルの出し方とEDの映像は綺麗だ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

ずっとため息をついていたし、自然と自分の手を握りながら、さすりながら、見守るようにして眺めていた。

とても綺麗な世界の中に流れ落ちるどろりとした醜い物もあったが、それらも含めたすべての汚いものが美し
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ヒュー・ジャックマンが、笑顔で歌い踊る姿を観に行ったし、そのことに感動していた。大好き。

すっごく話としては抽象的でふんわりしていた。さらっとしていて、何も残らない。これ以上踏み込んだらきっと後味の
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.0

色々心当たりがありすぎてうはぁ〜ってなった。
どんな運命だったって巡り会うだなんてロマンチックな運命は信じてないし、どんな関係もささいな噛み合わせによって大きく変化していくものなんだし。そう、つまりは
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

友達に「怖さの感じはゴーン・ガール系!」って言われたからウキウキして観たら、いや、普通にビビるし。しかもかなりグロいシーンくるし。あ、それは警告受けてたような……!

オチのつけ方がとても好きです。こ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.8

きっついわあ。心揺さぶられるわあ。
そんな、そんな恨めしそうな目で見ないで。
ヨシカはすっごくイタいかもしれないけどね、客観視がちゃんと出来てるんです。ちゃんと服似合ってるし、一個持ってればいいような
>>続きを読む

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

3.2

「死んでた俺ね、本物らしいんだよ」「へぇぇ」

ルパン目線からすれば、不二子と銭形(自分で「銭形さんは」とか言っちゃう可愛さ!)のダブルヒロインだし、次元や五右衛門からすれば、ルパン→不二子ポジション
>>続きを読む