lilyさんの映画レビュー・感想・評価

lily

lily

映画館で観れる映画が好き。
最近はもっぱら洋画>>>邦画。
MCUとSWとクレイグ007は永遠に贔屓。

白黒はっきりさせたい人なので
ズバズバ書きます。

映画(142)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.8

キノフィルムズさんの試写会にて。

ダコタの演技を観るのが久しぶりだったけれど、本当に彼女は観る度に魅力が増していて次が楽しみになる。きれいな顔立ちをしてるのにそれに媚びない演技力。素敵。

スタート
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.1

実写も邦画も好きではないけれど、銀魂は例外の一つ。前作も良かったけれど軽くそれを越えてきた感。平成最後のイケメン無駄遣いとはよく言ったものだがまさにその通りである。おまけに若手が中心だから未来に期待も>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

トム・クルーズ凄すぎた。
ミッションシリーズはこの一言に尽きるよなぁ、って毎度思うけれど毎度期待を越えてくるのだから本当に凄いである。あの足の速さもはやワールドレコードではないだろうか。
それにしても
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

キラキラしてる映画は観ると上がる。この女性版オーシャンズもそんな作品の一つになった。
元祖とはまた別物でありながら、繋がりもあって新鮮。キャストの豪華さは元祖と同じく。
ケイト・ブランシェットの美しさ
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.1



…うん、わたしにクドカンは理解不能である。

以前から苦手意識はあったが、大好きな綾野氏が出ていてもそれは覆せなかった。残念。
終始意味がわからないので誰かに隣で解説していただきたかったくらいであ
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.2

まさかMobyが出ているとは…(Lift Me Upをエンドレスリピートしていたことがある)

この作品、総じて言えるのは日本語訳がとてつもなく良かった!心に響く言葉を使っている。作曲家や監督の言葉一
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

前評があまりにも悪かったので、期待をせずに行ったからか逆に良かったように思う。"SOLO"の名前のルーツは上手く考えられていたし、皮肉屋で傲慢なところがあるハン・ソロの本質が描かれていた。ミレニアムフ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

オギー一人の物語、という認識で映画館に向かったが、その予想を覆し一人ひとりの登場人物にフォーカスされた映画で、そのことが評価を押し上げた。醜形に苦しむオギーは勿論だが、彼の周りにも大なり小なり問題を抱>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.3

観終わって、まず思ったことは、これを言葉に表すのはとても困難であるということ。沸き上がった感情の処理に困ってしまった。知っている現実の一部が残酷に、非情に描かれていた。
当事者でないから好き勝手に言え
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

本気で映画館で観なかったことを後悔した、すごく好きなテイストの作品。(個人的にジェイミー・フォックスが苦手なのに関係なかった!)
まずもって何より音楽のセンスが光る。音と人の動きが連動してるのが好きな
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

遠い昔、そんな、いつかの自分を
彼女の姿に投影して観る人は
きっと少なくはないだろう。

10代って、まだ本当の意味では
他人の痛みが分からない時期だと思う。
なにかのきっかけがあって、初めて知る。
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

2.3

一言で言うなら
「メイズをランしてない」メイズランナー。

それはもはや前作からですが、やはり変わらず。ミンホとニュート目当てで観たかっただけ。1作目はほんまに良かったのに、なしてこうなった…シリーズ
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.8

個人的にB級映画の傑作。くだらなさすぎて面白い。中身のあまりない映画もいいなってはじめて思わせてくれた。
見所はやっぱりヒットガール。たった一人で敵をぼっこぼこに倒しちゃうのに可愛い。クロエの魅力を完
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

2.1

ダニエル・デイ・ルイスの演技は良かったものの…彼女のスタイルそんなに際立って良いものに見えないのだが。作り手とミューズは結ばれてはならない、が持論でもあるので、本作は複雑な気持ちにさせられた。もしかし>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.7

対比の描き方がとても印象的。富裕層とストリート。静止画(ストップモーション)と動画。現在と過去。喧騒と静寂。諸々の対比が美しさを際立たせている。
若かりし頃のキアヌを初めて観たけれど、それより何よりリ
>>続きを読む

路上のソリスト(2009年製作の映画)

2.8

記者と路上生活者。施しは偽善か、或いはただの親切心によるものか。本人が思うそれと他者のそれとは違う。主観と客観が良いバランスに混じり合い、視点の交錯とツーショットの捉え方が良かった。二人が並んでいるシ>>続きを読む

ダリダ~あまい囁き~(2016年製作の映画)

2.1

どこか釈然としない、そんなエンドロールを迎えた。ダリダの人物像は良かったけれど、幼少期のトラウマと人格の関係性が浅い繋がりでしかない。エジプトで不意に回顧していたようだけれど、それまでに布石がないので>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

テンポのアップダウンの使い方がうまくて、尺がそこそこあるにしては間延びしていなかった。ある種の狂気の沙汰、的な。暴力と激情の応酬。誰も彼もが負けていないはずなのに、アリソン・ジャネイの存在感が凄すぎて>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.9

後半が近づくにつれ、鬼気迫る表情になっていくロイ・シャイダーの演技に息を飲んだ。「元気だと言い張っている病人」の表情がとてもうまかった。あんなにも酷い男なのに、それでも娘とはうまくやっているのだから、>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.1

偏見と差別。生まれた瞬間からそれが当たり前って、どんな感覚だろう。彼女たちはどこかで諦めながら、それでも生きていくための努力を怠らなかった。だからこその結末だと納得させられる。
黒人の人たちの素晴らし
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

観るつもりなかったのに観に行ったらめっちゃ良くて度肝を抜かれたパターン!
スピルバーグはThe Postを観てからのながれだったので若干の違和感を抱えての鑑賞だったが、始まってみれば何のその。さすがで
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

初日に行きましたが見事に打ちのめされたので、2回目行ってようやくレビュー書けます。
何て言うか、もう、衝撃がすごい。ひどい。(決して悪い意味ではなく)
いろいろ覚悟して行ったのに全てひっくり返されて思
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.0

ラップもHIPHOPも好きではない、でも音楽に関する映画が好きなので良かったかな。
本当にHIPHOPが好きな人たちからすれば不満の残るラストシーンだったように感じる。
不遇に苛まれ、逆境にぶち当たり
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.9

楽しい気持ちになりたいときに観たい作品のひとつ。
料理は彩りも盛り付け方もきれいだし、音楽はとっても楽しくて踊りたくなる!
でもそんな中で、料理長として、部下を馬鹿にするなと胸を張って言える彼はとても
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.1

モノクロなのに美しい映画。
色のない映画を観るならオードリーが一番すきだけど、これはこれでストーリーの運び方が良い作品。ラストに向けて少しずつ歯車を噛み合わせて回り出す物語。目を離せなくなる。
戦争映
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.5

カメラワークとゲイリー・オールドマンの名演技、そして言葉。これに尽きる。
古典的なショットもありながら、現代的で時代とのギャップもあり、けれどそれが作品を壊してはいないのだから素晴らしい。むしろ引き立
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

4.0

オードリー・ヘップバーンが終始ひたすら可愛い。着ている服のどれもが大人びているはずなのに、彼女があの軽やかな声で話し、まるで少女のように気儘にふるまうことで気品を残しながらも愛らしさを漂わせている。>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

2.2

スパイもの、と思って観たけれどそれほどに感じられず…カタカナでスパイ表記するより諜報員という方が合っているような。
結末の導きは良かったけど、期待していた割にはそうでもなかった。ジェニファー・ローレン
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

メリル・ストリープの圧倒的存在感。
それを良く見せるための工夫が随所にされていて、やはりスピルバーグ作品は素晴らしい。
女性がまだ社会的に地位を認められていない70年代アメリカ。そんな中、自ら決断を下
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

いつの時代にも偏見と差別はある。それが作用した悲劇的なお話。だけどその過程には確かな愛情があって、だからこそ尚更に憤りを感じずにはいられない。
引き取り手の二人がそういう関係でなければ良かったのか?普
>>続きを読む

イエスタデイ(2014年製作の映画)

1.9

思ってたよりBeatles要素が薄くてがっかり…
エンドロールでサビメロシャッフルするくらい盛り上がってほしかった。
内容は、Beatlesに心酔してる少年たちと言う割にそうでもない。他の恋愛だったり
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.9

アマンダちゃん目当てで行ったのにシャーリー・マクレーンに見事に心を持っていかれた映画。突き刺さる格言がたくさん出てくる。それも彼女の経験に裏打ちされたものだから響くし説得力がある。こういう考えだったか>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.8

どんなに粗悪な環境でも生きることを諦めず、そして隣にいる人と手を取り合って生きていく。そんな彼らの強さと優しさに涙が止まらなかった。自分には何もないだなんて冗談でも言えなくなる。
リース・ウィザースプ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

最近のMCUにしては簡潔にまとまりのある作品だった。でも映像の良さは変わらずで大満足。重火器を使うシーンがあまりないし人間しか出てこないので他作品より迫力は劣るかもしれないが、自然の美しさやテクノロジ>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

2.6

ダニエラの演技と歌声、音楽はまさしく本物で素晴らしかった。
けれど一本の映画として見ると、やや厳しい。
間延びしたシーンが多く、洋画の当たりが良い最近にしては珍しくまだ終わらないのか、と思ってしまった
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

この作品が"はじまりのうた"と"シング・ストリート"に繋がったのか、と納得の作品。二作品に比べて見劣りはするものの、低予算であったこととなぜそうなったのかを聞いたら納得。

楽曲はどれも良くて、観るま
>>続きを読む

>|