YuriMiyazakiさんの映画レビュー・感想・評価

YuriMiyazaki

YuriMiyazaki

アルバート氏の人生(2011年製作の映画)

3.1

女1人で生きるって大変だよね…!っていう現実を突きつけられる映画。
仕事にしても、妊娠にしても、女が負担やリスクを被るのは当たり前で、それと戦うためには本当に強くいなければならない。

トランスジェン
>>続きを読む

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

4.3

タイの政治、歴史、宗教、風俗、が詰め込まれた本作、何一つ見逃せない3時間だった。

身体を売る女の子達とその背景を描いて同情を誘うような映像作品は数多あれど、富田監督演じるオザワがラック、ひいてはタイ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.7

溢れ出る愉快なブラックジョークの嵐に気づけば笑顔に。

昨今のフィンランドは一昨年をピークに難民申請が従来の800%以上増加していて、深刻な社会問題になっている。
そのうえフィンランドが福祉国家である
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.3

ストーリーとしても面白いのだけど、それ以上に人の手仕事の念のようなものを感じる映画。

すっげー…

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.2

誰しも心の何処かに同性愛的な気持ちとか、異性そのものになりたいという欲求を持っているものだと思う。
だからこそ、男は男として女を愛し、女は女として男を愛するべきだ、みたいな固定観念から一度自由になって
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

5.0

心に響きすぎてボロボロ泣いてしまった。

この映画は多くの芸術家にとっての光そのもの。

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.6

一言で言えば女の自立を書いてる映画なんだけど、

映画業界をテーマにしてるからなのか、各所各所にワクワクさせられるポイントが沢山あって久々に楽しい気持ちになった。
ギャグが本当にイギリスらしいのも笑っ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.8

あとからあとから心の全てを持っていかれる。

美しく繊細で聡明で常に神経が尖りすぎていて、家族や地元から浮いちゃった「みんな」の為の物語という感じ。
芸術に深く傾倒してきた過去のある人間は心のどこか皆
>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

5.0

いったい誰が、いったい誰がこんな薄汚れた世界の中でこんな綺麗なシナリオをかけるっていうの!!!という感動があった。
ほんとに美しい話。

性とは、生とは。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.2

一つも否定する気はないが敢えて言うと、犯罪心理学マニア向けのコメディ映画だと思った。
映画館で声を出して笑いそうになる場面が沢山あったけど、場面によってはあまり笑ってはいけなかったかもしれない。

>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.5

もんのすごいクリエイティブさに度肝を抜かれました。

はじめの映像からぐいぐい引き込まれるし、シナリオが重層的にきちんと絡み合う感じは飽きさせない素晴らしさがあるし、画面は美しいし、小道具遣いも効いて
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.0

すっごい映像バカが撮った作品って感じで、画面の美しさと各シーンへのこだわりを見つめているとふふふと笑ってしまうほど。
題材としてはありふれているのかもしれないけど、飽きさせないのは映像美ゆえかもしれま
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

4.2

愛という感情の可能性について描かせたらフランス人は本当に上手いなと思う。南仏の美しい風景とともに、心が洗われる作品です。

親から、男から、愛されたくても愛されない。愛に病に気が狂いそうな思いを抱えな
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

3.0

子供を主役にして、ここまで繊細で誰もが共感できる世界の映画を撮れること、単純にすごいなと思いました。
(自分が子供の頃これを演じる主役の女優さん達ぐらい客観的に状況が見えたら、いろいろ悩まずに済んだん
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

クストリッツァ得意のマジックリアリズムというか、現代の神話というか、寓話というか、そういう世界観を楽しめる作品。

アンダーグラウンドとかに比べると政治色は希薄ですが、銃や爆弾はめちゃくちゃぶっ放され
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.0

自身の出自とも重なる部分があり、終始心がキリキリとするしんどさがあった。

差別と一言といえど、そのきっかけは人種、言語、性、とにかく人との違いを見つければ多種多様なきっかけで生まれうるものだ。
しか
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

5.0

これだけ史実を克明に描いた映画に対して、良かったとか悪かったとか評価をつけるのもおかしな話だという気もするけれど、何から何まで良かったです。

勇敢な男達がいたことを後世に確かに語り継ぐ為の記録媒体で
>>続きを読む

あなたになら言える秘密のこと(2005年製作の映画)

3.4

陳腐な邦題がもったいないぐらいの真面目な映画。

難民の方々の背負った深い傷についてを思うと胸が痛むが、この映画に関してはそういった戦争の痛ましさは本当に最後の方でしか具体的に語られることはなく、前半
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

4.3

修道院の静謐な空気と、登場する女性達それぞれの魂の尊さがきちんと描写されていて何とも心打たれる。
それと同時に、宗教、信仰の在り方について深く問い掛けてくる作品でもあった。若い女医の起こした実話に基づ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.7

なにもかも王道だし展開も御都合主義ばっかりなのに、何故か見ていて飽きない魅力がある

ライアン・ゴズリングはいつ見ても普通のチャラ男なのに、毎作なんであんなに" 純愛 "って感じの演技が上手いのか。
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

2.4

幸福(しあわせ)という名のアイロニー映画、コントみたいだなと思った。

幸福感なんて永遠に続くものじゃないし定義も難しいけど、恋愛相手の肉体に触れてる間の安心感や幸福感はたしかにリアル。
そういうイン
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

5.0

久々にいいものを見たと言える映画。

類稀なる才能とその苦悩が痛いほど伝わってきて、見ているこちらの胃がキリキリとしてくるほど。
こういう熱量はドキュメンタリー映画ならではだと思う。

終始熱に浮かさ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.2

心理サスペンスとしての描写が優れた映画であるのは勿論のこと、この映画はイランの今を痛々しいほどに映し出している。

正直、ラナの行為は私の性分にそぐわず激しくもどかしく感じられて、私事ながら上映後に気
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.2

王家衛の赤へのこだわりを感じる映画。

愛し合っているのか、傷つけ合うことに依存しているのか、よくわからなくなってるカップルは数多存在すれど、

そういうどうしようもない痛みからの解放というか老いとい
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

3.5

画面の色彩がとても好きな映画。それだけでも充分エロティックでもうお腹いっぱい!って感じなのだが、特筆すべきは卓越したメタファーともいうべき映像表現である。

当作は不倫の映画(といった安っぽいカテゴリ
>>続きを読む

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.8

これ以上ないほど" 間 "に魅せられる映画。

台北の当時の風俗が知れて台湾マニアにはたまらない世界観であるということに加え、間にとらわれる時間が長いことによってか、生まれてくる没入感がすんごい。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.5

皆とてもいいというので、少々懐疑的な目で見た。

結果として、確かに面白かった。
映像、音楽、というかスタッフワークの素晴らしさが光る映画で、凡庸な恋物語を立派なエンターテイメント作品へと進化させてい
>>続きを読む