AMYさんの映画レビュー・感想・評価

AMY

AMY

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

3.0

タイトルとポスターを見て、英語の教科書に載っていて昔読んだ内容だと気がついて観賞

Malawiという国名とKamkwambaという名前を鮮明に覚えていて、出てきた瞬間英語の教科書のやつだーとちょっと
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.0

Jerry Bruckheimerも時代に抗えなかったかと思わされた

相変わらずカーチェイス、どんぱち、炎、爆発はあるものの、ドローンやネックレス型などの小型内蔵カメラ、ハッキングして情報を得るなど
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

有名なポスタービジュアルはずっと知ってたから、気になっていた作品

冒頭のcreditみてTarantino作品であることを初めて知った…

さすがTarantino監督と思わせる世界観
全てが繋がっ
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

2.5

実話を基にしたストーリー

Leonardo DiCaprioがイケメンとかではなく、とにかく美しい!

途中までは、10代の男子っておばかねえと思って見てたけど
やっぱり、ちょっとしたきっかけがあっ
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

2.5

Ethan HawkeってGATTACAの主人公なのね!って言う驚きが観賞後に知ったけど尾を引く

とにかく終始Duncanにイライラした笑

Annieの何となくずっとこのままの生活が続くのか…とい
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.5

Seth RogenとCharlize Theron
設定と配役がぴったり

展開はあるあるだし、エンタメならではのあり得ない設定だけど、個人的にこれはこれで良しと思えた

お下劣な笑いもあったけど、
>>続きを読む

幸せのちから(2006年製作の映画)

4.0

Chris Gardnerの半生を基にしたストーリー

自分にとって思い出深い作品で
実は前に途中途中見たことあったけど、きちんと落ち着いて始めから見たいと思ってあたためていた作品

Chrisは父親
>>続きを読む

マイ・フレンド・メモリー(1998年製作の映画)

3.5

素敵なお話だった
古き良き時代のアメリカの映画作品

Macaulay Culkinの弟Kieran Culkinが主演の作品だけど、2人ともそっくりなのと兄弟揃ってKevinという名前の役笑

Ma
>>続きを読む

ヘヴン(2002年製作の映画)

3.0

たまたま見つけた作品だけど、“Perfume”と同じ監督と知って驚いた

惹かれるのに日数や時間は関係ないし、惹かれる理由なんてわからないし、言葉にできない、でもなぜか惹かれる
そんなことが詰まってる
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

2.5

製作されたのが少し前ということもあって、エンディングがものすごくしり切れとんぼ…

その後のAppleを実生活で知ってしまってる身からすると、そこから盛り上がる部分は描かれないのか…と思ってしまった
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.5

主題歌:Everlasting

恋愛要素が強いから、今までコナン映画では『天国へのカウントダウン』と『迷宮の十字路』がベストと個人的に思ってたけど

メッセージ性とテーマ、トリックとストーリー展開
>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

2.7

前作より今作の方がおもしろかった

ちゃんと起承転結ありつつ、お馴染みのMikeとMarcusの掛け合い、カーチェイス、どんぱち、炎、爆発笑

そして、ついにSydの登場

Marcusのお家が急激に
>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

2.5

個人的にいつか見なきゃと思ってた作品


Jerry Bruckheimerらしい、どんぱち!炎!爆発!って感じだったし、音楽もそれなりにこだわりがあるんだなと思った

MikeとMarcusの掛け合
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

なんだかポスターに惹かれず
タイトルから中身が想像できなくて、SFの映画館で選ばなかったがために見ていなかった作品
ものすごく後悔
時期的にも当時見たかった

2002年から2003年のSacrame
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

Columbia×MARVEL作品

若干のトラウマがありずっと見てこなかったけどついに観賞

思ったより楽しめた
あんまりvillainぽくない所が共感できて良かったし、VenomがEddieを選ん
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

4.0

90sのUSが舞台
ネオン、Drive in Thater、Amusement Park、Diner、あの赤いLollipop、好きな90s音楽の数々…
どタイプすぎる映画だった

監督が学生時代に目
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.5

2008年11月に起きたムンバイ同時多発テロを題材にした作品
本作を観賞するまで、この事件を知らなかった…

こんな事態は誰も想定していなかっただろうし、恐らくテロ発生時の訓練なんて受けていなかっただ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

前作を1年前に見た時に、思いの外ハマってしまって、ずっとこの続編が見たくてTV放送されるのを待ってた

前作よりグロ要素が多かったり、ちょっと逸脱しすぎた伝説、歴史設定があったのが残念

前作は、少年
>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

4.0

Columbia作品観賞

想像より遥かに楽しめた
SFやっぱり好きなのかもしれない

州は違えどあの周りに何もない感じと言い、軍が絡んでいる感じと言い、Area 51を意識してるだろと思った

今に
>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.0

冒頭のシーンというか心の声のナレーションを聞いたら、なんて男だコイツって思ったけど
Marcusとの交流で変わっていくところが良かった

恋人とか親子とか家族とか…形なんてどうでもいいんだよねきっと
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.0

自分がやっていないことはわかってるし伝えられるけど、知的障害があるから実際に起きたことを詳細に説明することは難しい
おまけに不運なことに、被害者が警察庁長官の娘…

娘を思う気持ちは人一倍だからこその
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

なかなか評価が難しい
自分の中でもよくわからない


監督のAri Asterによると本作は「フォークホラーの皮をかぶったブレイクアップ・ムービー」とのこと

もしそうなら、DaniのChristia
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.0

実話を基にしてるのがすごい

それにしても、退役軍人、頑固ジジイ、家族を顧みない、stereo typeがひどい典型的な白人役が本当に似合うというかいつもそのキャラだなClint Eastwood笑
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

改めて難しい問題だなと実感

親は子供を産む産まないの選択はできるけど、子供はどの家庭に、どの国に、どの環境に産んでもらうか選ぶことはできない

生まれた時から理不尽な生活を強いられて、しばらく家を開
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.0

ポスターの文言を読んだ瞬間からこれは見なくてはと思ってた作品
見るべき人と一緒に観賞笑

くだらないけど実験内容がおもしろい
自分も試してみたいと思ったり笑

でもただのコメディじゃなくてシリアスな描
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.0

自分史上5作目のWoody Allen作品

いつも言ってるけど、オレンジのライティングとOldiesな音楽がやっぱり最高

でも他の作品に比べると、内容はうーんだったかなという印象
BobbyにもV
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

Margot Robbieが演じてるのはわかってたけど、良い意味でMargot Robbieを感じさせず、本当のTonyaに見えて良かった

やっぱり家庭環境、幼少期の人間関係って大事
スケートに夢中
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

80年代の音楽、国を超えた様々なキャラクターなど、ポップカルチャーがぎゅっと詰まってるところがワクワク感満載で最高

何回か見て、色々なキャラクターやオマージュを見つけたいな
そういう楽しみ方ができる
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.4

Gabriele Muccino監督作品は泣ける


“Close To You”聞いてKatieが泣くところにグッときた

どうせみんないなくなってしまうなら、始めから…というKatieの気持ち痛い
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.0

“Criminal Minds”ぽいアメリカあるあるな事件を基にしてるところが良かったし、テンポも早くて適度なハラハラ感が良かった!

けど、ラストがえっ?って感じで…

“Zombieland”のL
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.9

やっぱりコンフィデンスマン好きだわ

長澤まさみに「この年でドラゴン桜やるとは思わなかったわ」ってセリフ言わせたり
江口洋介に対して『一つ屋根の下』のシシシーってやるところとか
小ネタが素晴らしい
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

2.5

庵野秀明が棒なのが…
申し訳ないが、気になる…

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

気になっていた作品

Chironがなかなか帰りたがらないところからして、母親はjunkieなんじゃないかと予想したけど、登場した母親がregistered nurseぽい格好してたから安心したのに、
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

こういうJUMANJI的な、見て誰も嫌な気持ちにならない、みんなが楽しめる作品って良いよね

途中に出て来るコウモリがものすごい人形っぽかったけど、そこはご愛嬌

Gooniesが探検してるところはな
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.0

普通におもしろかった
良い意味でぶっ飛びすぎた三谷ワールド感がなくて見やすかった

政治家がよく使う「記憶にございません!」が本当になってしまうストーリー

こんな風にうまく進んだら現実世界もっと平和
>>続きを読む

>|