とまぴゅーさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

とまぴゅー

とまぴゅー

映画(1342)
ドラマ(3)

OVA 東京喰種トーキョーグール JACK(2015年製作の映画)

4.0

有馬と富良の出会い編。
オカッパの有馬…と思っていたけど、動いているのを見たらそんなに悪くなかった。
こういう話は東京喰種らしくて好きだな。

OVA 東京喰種トーキョーグール(2015年製作の映画)

3.0

月山とホリチエの高校での出会い。前からこの二人の出会いは気になっていたので、u-nextで見れて良かった。
松前が出たことが一番嬉しい。

青の炎(2003年製作の映画)

2.5

貴志祐介原作、蜷川幸雄監督。
長回しのカメラが印象的で、若くて可愛らしい二宮君とあややが見られる。

貴志祐介は合わないのかなー。登場人物が満遍なく不快。
可哀想な境遇の主人公なんだけど、如何せん中二
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

17歳と24歳、同性同士のひと夏の恋。
ヨーロッパ映画らしく、人によっては波がなくて退屈な映画かもしれない。
でも私はこの映画を観ている間、JUNEの漫画を読んでいるような感覚になり、時間はあっという
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.0

グロは最初の掴み程度。閉鎖された空間の中で徐々に人の本性が炙り出されていくのが醍醐味。
箱のデザインがお洒落で好きだな。でも閉所恐怖症なんで、こんな密閉された空間はダメだわ。見てるだけで息苦しくなって
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

4.5

有罪率99.9%という日本の刑事裁判。この映画からもう10年以上経っているので現状がどうかはわからないけれど、とてもリアルに感じた。大体が忖度で動く世界。
この映画を見て何となく気づいた、多分私は裁判
>>続きを読む

ヘルレイザー2(1988年製作の映画)

3.0

今作ではセノバイト誕生の瞬間や、ざっくりではあるがセノバイト達の昔の姿が見られる。ファンサービスかな?ピンヘッドは絶対ピンヘッドのままの方がカッコいいと思う。
相変わらずおぞまし内容だったけどそれも褒
>>続きを読む

サスペリア PART2/紅い深淵(1975年製作の映画)

4.0

サスペリアとは関係ないのに勝手にPART2扱いされた不幸な作品。
ホラーではなくサスペンス。今ではよくあるトリックだったりするけれど、一緒に犯人探しが出来て楽しかった。
主人公格ではない登場人物たちに
>>続きを読む

ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978年製作の映画)

4.5

ダリオ・アルジェント監修版から観たかったがなかったので、とりあえずディレクターズカット版を。結果、こちらから観て良かったと思う。
ダリオ・アルジェント版の動画を1つ2つ見てみた感じ、あちらはスリラー味
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.0

4時間近くあるのでなかなか手を出せなかったけど、酔った勢いで4時間ぶっ続けで見てみた。
すっごく園子温色が強いわ。内容が濃すぎて、「まだ30分経ってない…。まだ半分も見れてない…。」現象が何度も起こっ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

子供の頃、テレビ放送がある度に見てたな~。今ではCGがちょっと粗いと感じるけれど、それでも充分楽しめる。
大人になった今だからこそ感じる、26年はとてつもなく大きい。
まさかお姉ちゃんがキルスティン・
>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.5

受験勉強の合間に息抜きで見ていたことを思い出す。あの時も夏休みだったなあ。この映画のヒットから部活動青春映画が流行った覚えがある。

後々有名になる俳優がちらほら。エンドロールで杉浦太陽も発見。
シン
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.0

大停電により完全に都市機能が失われた東京を離れ、自転車で実家のある鹿児島を目指すロードムービー。バラバラだった家族がとっても不自由な旅を通して再生していく。リアリティはあるようでない。
発想は面白いし
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃に楳図かずおの洗礼を読んでブルっていた私には嬉しい映画だった。白人一族の思惑が判明するまでの、気まずくて薄気味悪い雰囲気がとても良い。
面白かったんだけど、どうしても洗礼と比べちゃうかなあ。で
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

セガール映画のような安心感があるが、こちらの方が洗練されている。
デンゼル・ワシントンを主役に持ってきたのが良いよね。知的さと格好良さを兼ね備えていて、見始めてすぐ主人公に好感を抱き始める。
2も出た
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

誰が犯人なのかわからない緊迫した雰囲気は良いんだけど、あまりにも犯人に都合よく偶然が重なりすぎる。オチありきの脚本なんだろうな、という感じ。
とは言え、リーアム・ニーソンらしい映画が見れたので結構楽し
>>続きを読む

少女椿(2016年製作の映画)

1.5

原作の大ファンというわけではないが、これは酷いと思う。
みどりちゃんやカナブンの年齢を引き上げたのはまあ仕方ない。時代設定がぐちゃぐちゃなのが何とも気持ち悪い。
昭和を意識しているものの、団員が寝泊ま
>>続きを読む

ルームメイト(1992年製作の映画)

4.0

ルームメイトを募集したらヤバい奴が来ちゃった系。
話も面白かったんだけど、それ以上にブリジット・フォンダがとにかくかわいかった。25年以上前の映画なのに髪型もファッションもオシャレでかわいい。これは憧
>>続きを読む

グロリア(1980年製作の映画)

4.0

シャロン・ストーンが主役のリメイク版は見たことがあったけど、こちらの方が面白かった。
ジーナ・ローランズの迫力が凄い。銃ぶっ放すところやビンタも様になる。酸いも甘いも噛み分けてきたような年齢だからこそ
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

1.5

ムカデ人間1.2のアイデアを取り入れ、刑務所の費用削減のために500人の囚人を繋げちゃう。1.2で主役を演じた俳優をメインに使っているからファンには嬉しいのか…?

感想としては、普通に面白くなかった
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.5

ネットで画像を見かける度に気になっていた映画。ラジエーターガールとか凄いインパクト。
世界観が独特すぎて最初は付いていけなかったが、異形の赤ん坊が登場してからは画面から目が離せなくなった。ちょっとキモ
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

3.0

作業台の上で気味の悪い魚が捌かれながら語り出す物語。
意味不明すぎて逆に面白かった。映像が美しい。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画は観たいものがたくさんあったので、こんな初期の作品がwowowで放送さ
>>続きを読む

夕闇ダリア(2011年製作の映画)

2.0

5年程前に録画しっぱなしだったもの。何で録画してたんだろう。タイトルに惹かれたのかな。
全然面白くなかったけど嫌いじゃない。

セフレ関係にある男の彼女が自分の部屋に入り浸るようになるが、どうやらそれ
>>続きを読む

ネイルズ 悪霊病棟(2017年製作の映画)

2.0

途中までは悪くなかった。主人公だけに見える幽霊。誰も信じてくれず、どんどん精神的に追いつめられていく…と、ここまでは良かったんだけどな~。
途中から「あ、洋画ホラーによくあるダメなパターンに入った」と
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.5

revenant[帰ってきたもの、亡霊]というだけあって、何度も死と再生を繰り返す。ちょっと不死身すぎるのが気になるが、伝記小説らしいから多少は誇張があるか。
お綺麗なものではなく、本当にズタボロに、
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

1.5

確かタッキーが引退発表する前に視聴。これを最後の映画にして本当に良かったんだろうか…。
呪いをかけられた主人公が解呪のために奔走するっていうのは、リングや着信アリ2と同じ流れなんだけど、何でこうも緊張
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

実家の父親の部屋で見つけた「ユリゴコロ」というタイトルがつけられたノート。それは殺人鬼の手記だった。読み進めていくうちに、そのノートに感化されるようにおかしくなっていく松坂桃李…というお話。

前半の
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

気になってはいたけど、結局映画館までは見に行かなかったリメイク版。ホラーというよりジュブナイルものとして良かった。
オリジナル版と違って、章を分けて公開することで失敗してしまうのではないかと思っていた
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

4.5

鮮やかな色彩に幻想的で耽美な世界観、耳に残る不安を煽るような音楽。古典ホラーなので怖さこそ感じなかったものの、観終わった後にとても満足感があった。芸術系ホラーって枠かな?
主人公は可愛らしい見た目に反
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.5

遊星からの物体Xの前日譚。
あまり評価が良くないが、そんなに悪くなかった。主人公がめっちゃ好みのタイプの美人だったので加点してしまっているかも。
擬態した化け物は誰なのかというスリル感が前作と比べると
>>続きを読む

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

3.5

続編があるのは知っていたが、レンタルするのはちょっとなぁ…と思っていたらu-nextにあってラッキー。

前作の映画がお気に入りで、自分もムカデ人間が作りたくてしょうがないマーティン。職場の環境を活か
>>続きを読む

侵入者 逃げ場のない家(2015年製作の映画)

2.5

パニックルームのような話かと思ったら大分違った。アンナに感情移入して見たいところなんだけど、この人はこの人でサイコさんだから誰の視点で見ることも出来ず。
ホラーというにはサイコ度が足りないし、血も足り
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

プロメテウスから10年後のお話。
プロメテウスの時のようにその筋の専門家が集っていたわけではないので仕方ないけど、乗組員たちが危険予測出来なさすぎ。もっと悪く言えば頭が悪い。惑星の移住に必要なものしか
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

2.5

エイリアンの前日譚。1作目から30年以上ぶりにリドリー・スコットが監督。
エイリアンとのどんちゃん騒ぎを楽しみたい人には期待外れ。エイリアンが如何にして誕生したのかを知りたい人向けの話。が、説明不足で
>>続きを読む

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE(2013年製作の映画)

2.0

テレビ版の続編扱い。先にテレビ版を観ておかないと意味がわからないと思う。
テレビ版を観たのは随分前のことだったので、ヴェスパニア王国のことやらヴェスパニア鉱石のことやらはすっかり忘れていて混乱。さして
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.0

一言で言って凄い。
この映画が月面着陸もまだの1968年に作られたということが信じられない。キューブリックの宇宙へのイマジネーションは、ハウルの動く城などに見られる宮崎駿の機械への愛着に近いようなもの
>>続きを読む