リナイさんの映画レビュー・感想・評価

リナイ

リナイ

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

絶対になにかもっと凄いことが始まるんだろうな
と思いながらティミーの顔見てたら終わった

色んなところでオマージュされてるみたいだし、
原作は次回作までに読んどきたいな〜

めちゃくちゃ面白い!!じゃ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

やっぱり一番怖いのは、
影に潜む幽霊より
ある日訪れる地球の終わりより
そのへんにいる人間

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

音のある無音、色のない色彩、
ぼやけた鮮明さ、静止する動、
ノーラン映画の引力に無意識に引きずられて
物事が一点に集まったときに初めて
そうさせられていることに気づく感覚が好きだな

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

途中で気づいてしまった自分が憎いくらいには
緻密で面白いミステリー作品

ミステリーあんまり見ないけど、
ジャンルで分けたら今のところ一番好きかも!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

愛の力でなんでも越えていくというよりは、
加速した愛は何にもぶつからないという感じ

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.5

時代の流れを辿っていく雰囲気を
すごく上手に出していると思った

実際私がその国その時代を生きたわけではないけど
二人の生活に沿ってすすむ時間が
早くもゆっくりにも流れてるみたいだったな

青と黄色の
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

設定に期待しすぎたけど、
伝えたいところは結局普遍的なこと

「富を再分配しなければ人類は貧乏になる」の
言葉の通りになりそうだな

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見て完成する映画
サウンドの良さと作画の繊細さが全て

タイトルにつく名前は
Bellのままが良かったな個人的には

細田監督の作品は好きだけど、
総集編!番外編!くらいの気持ちで見た

強欲
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

4.0

映像と流れがとても好(ハオ)
課題が進まない夏の夜に
bgm替わりに垂れ流しながら作業したい

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

平成の夏感!!!!!!!!

暑苦しいくらいがちょうどいいし、
時かけとセットで毎年見ちゃう

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的に、韓国作品は
70分×20話、おまけに最終回110分!
くらいないと世界に入り込めないな

後半なんでウリボゴムの前髪消した?!!
生やせよ!!!!!ってなったけど
あの前髪ありのきゅるきゅる
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2人の魔法、解けてほしくはなかったけど、
解けない魔法は呪いにもなるから
二人にとって
魔法がなくても一緒に過ごせる
楽しい日がくればいいな

だからこそ、副題には共感できなかった
二人の魔法はないけ
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

賢くてお茶目で人間らしい人ってすごく憧れるな

夢でもいいから
ホーキング博士とキップソーンが
ああだこうだしてるところを
カフェとかで少し遠くから盗み見してみたい

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

苦しい顔、困った顔、はにかんだ顔、
全ての表情が複雑で、繊細で
リリーの心をそのまま見てるみたいだった

後半はもう綺麗な女性にしか見えなくて
あとで、my life my wifeのシーンに戻ったら
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5


「人が死ぬのは人に忘れられた時」

私のバイブル漫画にそういうセリフがあるけど、
本当にその通りだと思う

自分が死んだらどうなるんだろう
死んだ実感ってあるのかな
死んだと認めたくなくて、
忘れて
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

朝になればずっと陽が照らせばいいと思ったし
夜になればずっと静かに風が吹けばいいと思った
映像に流れる「空気」が好き

万物は流転する
もう二度と二人は同じ言葉を交わさないし
同じ川も泳がない
同じ果
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タイムトラベルのいちばん賢い使い方は
使わないことか〜〜〜、無理そう!

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

小4までカオナシが怖くて見れなかった
もっとはやく見ればよかったとも思うけど
千尋と同じ10歳で、
初めてあの世界を見たと思えば悪くないかな

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.0

ゾンビ映画やディストピアものばかり見てると
そろそろ自分も割と生き残れるかもしれないな?
みたいな謎の自信が芽生えてくる

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.0

トムホ好きはすぐにでも見るべきだけど、
ロバパ好きは心して見るべき(当方後者)

セブン(1995年製作の映画)

4.0

スッッッゴイ映画だけど、
二回目の鑑賞は全くだった
初見に全てを懸けて見るのがいい

アイ・アム・マザー(2019年製作の映画)

3.0

未来と現実
頭と心
愛とプログラム
倫理と自我

人の行いは情に流されがちだけど
そこまでプログラミングされたAIの愛は
どこまでが計算で
どこまでがその先なのかわからない

メメント(2000年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

逆再生して見たいところだけど
そうするとそれはもう
普通に逆再生になってしまうの悔しい

記憶も愛も、
上書きできないからこそ
毎回作り上げて繋ぎ止めた

ノーラン監督に
僕〜、実は時間逆行体験したこ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.0

途中から、薄々気づきながらも
違うオチを願ってた

家よりも街よりも大きく、
海の魚よりもたくさん愛してる

洞窟に行くよりも
もっと二人の日常も見てみたかったかなあ

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.5

台風の日とか大雨の日の学校って
なんであんなにソワソワするんだろう

>|