linktakさんの映画レビュー・感想・評価

linktak

linktak

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.7

ステイサムがひたすら撃って殴って大暴れ。
何も考えずに楽しめる系のアクション映画笑

とは言っても結構アクションのパターンたくさんあるし、ステイサムかっこいいしで観てて楽しかった!
疲れた時にまた続編
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

ある程度の脚色はあるといえども事実を基にした作品なので、予定調和は少なく辛い描写も多かったが観て良かった映画だった。

全編にわたってピリついた緊張感が張り詰める作品で、そこだけでもかなり観る価値はあ
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.3

ソフィアコッポラによる日本描写は結構楽しく観れた。ちょっと極端かなと思うところもあったけど。笑

言葉が通じないある種孤独な世界の中だからこそ芽生えた男女の真の絆は観ていて心地よかったし、それと同時に
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.5

コロンバイン高校の銃乱射事件を徹底的な第三者視点で描いた作品。

何気ない高校生の日常に対して不連続に突如起こった銃乱射事件。
日常生活には脚本もなければ事前に決められたストーリーもないので、この不連
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

ーAIと人間の境目が曖昧になった時ー

1つ1つの画の作り方がとても美しく、印象に残った。
不気味な登場人物に加えて先の読めない展開がストーリーに集中させてくれる。
総じて完成度が高い作品だった。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.5

最近ブレーキングバッドにハマってひたすら観ていたのですが(そのせいで映画レビューが停滞してました笑)、ようやく観終わったので本作品を鑑賞。

ハッキリ言ってストーリー自体は微妙だと思います笑 ただ、こ
>>続きを読む

パブリック・エネミーズ(2009年製作の映画)

3.0

キャストはとても豪華だけど、正直見どころはそこくらいという感想。

全編を通じて視点が第三者的、表面的すぎてあまり感情移入できなかった。
もっと登場人物の感情や過去などを深掘りしてそれぞれのキャラクタ
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.9

最近レビューをサボりまくってて観たのは半年前ですが印象に残っていたので少しだけ感想を書きます...!

一言で言えばアルジェリアのジェンダーに関する社会問題を真正面から描いた作品。衝撃的なシーンも多く
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.7

サスペンスとしても十分に面白い作品だったけど、それ以上に社会に向けた強烈なメッセージが印象に残った。
あまり深く調べてないから憶測だけど、この作品においてはむしろサスペンス要素は途上国にはびこる問題点
>>続きを読む

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.6

時間も短いし力を抜いて楽しめる作品だった!
全編を通じて低予算なのは伺えるけどキャストはちゃんとしてたなぁ

設定が面白かっただけにラストにかけてはもう少しパズルのピースが埋まるような、あっと言わせる
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

3.9

かなり根の深い問題を題材にしているので、感想を書きづらいというのが本音の作品。
ただ、ストーリー自体はサスペンステイストが強めで観始めたら止まらなくなる構成になってた。

ひとつ印象に残ったのは、白人
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.1

自分的には二回観て理解度(おそらく)7,8割ってところな気がする。笑 脳死状態で一回目を観てしまったのが悔やまれる、、

時間軸の整理ももちろん難しいけど、やっぱり"逆行"っていう概念に慣れていないせ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.7

ジョーカーの姉妹作というかオマージュの元になったという点でも再度有名になった本作。なるほど、良く似た筋書きだった。

主人公たちの狂気に薄寒さを覚えながらもグイグイひきこまれていく不思議な体験だった。
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

ギミックたっぷりの映画。
これは完全に自分が悪いんだけど、この作品はぶつ切りにして何回かに分けて観てしまった…。そのせいでちゃんと集中しきれなってしまって色々気付けなかった部分が多かったと思う。

>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

かなりタイトルは有名な映画だけどあらすじはほとんど知らないまま鑑賞。
勝手にハートフルなコメディだと思ってたらちょっと違った笑 想像以上に深いテーマを扱ってたしコメディタッチではあるけどどこか不気味で
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

1人の男の心の再生の物語。
この映画はストーリーがどうこうよりもどういう風に話を解釈するかが面白いのかも。ということで、ネタバレも含みますが自分の解釈を。

どことなく単調さを感じながらも、安定した生
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

想像以上に切ない映画だった。


「あなたは独りぼっちの人生を選んだ」
っていうフレーズが印象的だった。
何度も裏切られ傷付けられるのは彼の純粋さが故だと思うし、その純粋さを失わなかったから立ち直れた
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.4

ビートルズへのリスペクトが散りばめられた予想通りビートルズファンのための映画。
自分はビートルズのファンとまでは言えないけど、それでも知ってる曲も多く改めて名曲が多いなと感じた。エドシーランも出ててオ
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.7

シンプルに良作だった!
人生において何を大切にするかっていうありがちなテーマではあったけど、ファンタジーと絡めたり、所々笑える演出やほっこりするシーンもたくさんあって温かい気持ちになれる。
まあ自分が
>>続きを読む

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

3.6

マシューマコノヒー出てるし何となく観てみるかと思って観た作品。

テンポがとても良くてサスペンスとして純粋に楽しめた。最初は色んな人物出てきてちょっと混乱するけど徐々に繋がっていく感じが心地よい。
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.7

見応え満点のアクション映画。
冷静に考えるとどうやって撮ったんだろってシーンも多々あってNetflixすごい。
そして何よりクリヘムがカッコよすぎる。

ダッカのカオスな街並みや人混みは全編にわたって
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

難しいテーマをなるべくとっつきやすいように作った映画なのかな。ただ思ったよりはおふざけ要素は少なくて、しっかり重みのある映画だった。ラストの演出は問題の根深さ、監督の危機感がリアルに克明に見せつけられ>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.8

主演の2人が体当たりの演技で魅せる、辛いけど深い余韻を残す恋愛映画。

最近観た映画だとマリッジストーリーとストーリーはすごく似てるなぁと感じた。マリッジストーリーはテンポの良い会話劇って感じだったけ
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.3

何がほんとで何が嘘か分からない、ムズムズがずっと続くけどそれが心地よい、そんな映画でした。僕のフォーカスは常にマーゴットロビーに奪われ続けていました笑笑

家でのんびり観る分にはすごく楽しめる内容だっ
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.7

切ないけど美しい青春映画。

その日暮らしの無鉄砲な日々を送りながらも実は対照的なバックグラウンドを持つ2人の絆に焦点が当てられる。
楽しいな、幸せだなって思う時間は永遠に続いてほしいと思うけれど結局
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

ようやく鑑賞。

一言で言えば元気がもらえる映画だった!
登場人物に悪い人はいないし、終始温かい気持ちで観ることができた。
それでいてデニーロから相手への思いやりとか対面で腹を割って話すことの大切さと
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.3

最近話題になってるので鑑賞。
確かに現在の世間の混乱と重なる部分も多く観ていて妙に不安になった。
次第に感染が拡大していく様とか政府や各機関の対応、国民の反応などすごくリアルに描かれているなと感じた…
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.3

2ヶ月前くらいに機内鑑賞したものを今さらレビュー笑
王道ファミリー映画って感じだった!
ただ前作を観ていないのもあると思うけどイマイチ入り込めなかった。
アクションシーンも期待値よりは迫力に欠けたかも
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.5

2ヶ月前くらいに機内鑑賞したのを今更レビュー笑
前作は鑑賞してないけど手軽に観れそうだったのでチョイス。完全にコメディなのかと思ったら意外とヒヤヒヤするシーンだったり過激描写もあってびっくり。飛び抜け
>>続きを読む

7月4日に生まれて(1989年製作の映画)

3.6

思ってたよりも手加減なしの描写で、ただグロいだけでなく心にずしりと残る作品。
トムが相当体を張った演技をしていて、引き込まれる。
それなのに何故か評価はそこまで良いとはいえないし、個人的にも3.6止ま
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

元々この作品に期待していたのは2人のかけ合いとド派手アクションの2点だったので(失礼)、大満足。機内鑑賞だったのに十分楽しめたので映画館だったらもっとすごかったんだろうな笑
本家ワイスピよりもコメディ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.7

面白かった!
一言で言うと推理小説を読んでるような感覚になる映画だった。
過剰なアクションシーンも無く、本当に筋書きで勝負していて逆に新鮮だった。
こんな言い方したらあれだけどテレビの2時間ドラマの進
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

いや〜、良かった。
本当にここ最近は良作揃いでもはや2020年この後心配になるくらい笑

この映画に関しては王道のストーリーと大迫力の映像、さらには良い演者のトリプルコンボで間違いない出来になってると
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

ものすごく作り込まれた映画。
まあよくこんなプロットを思いつくなぁという感じ。全く予想のつかないストーリー展開と随所に散りばめられるエッジの効いたシーン。 
間違いなく観て退屈することはないし、ボリュ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

観たの1ヶ月くらい前ですが忘れてたので今書きます笑
この点数はひいき目も入っての点数です。

スターウォーズを初めて観たのは幼稚園の頃で、当時はストーリーなんてほとんど理解してなかったと思うけどライト
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

3.3

まあなんとも感想のつけがたい映画だった。笑

自分はストーリー追うのを必死でひたすら頭を回転させてたけど、この映画の見方としての正解はあの独特な世界観にボーッと身を委ねて雰囲気を楽しむところにある気が
>>続きを読む