linktakさんの映画レビュー・感想・評価

linktak

linktak

映画(126)
ドラマ(0)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

観たの1ヶ月くらい前ですが忘れてたので今書きます笑
この点数はひいき目も入っての点数です。

スターウォーズを初めて観たのは幼稚園の頃で、当時はストーリーなんてほとんど理解してなかったと思うけどライト
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

3.3

まあなんとも感想のつけがたい映画だった。笑

自分はストーリー追うのを必死でひたすら頭を回転させてたけど、この映画の見方としての正解はあの独特な世界観にボーッと身を委ねて雰囲気を楽しむところにある気が
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

これは傑作と言っていい映画
これだけ笑いと涙とメッセージが詰め込まれた映画は中々ないのではないだろうか。

シンプルなお涙頂戴でもなく戦争の悲惨さをひたすらに強調するわけでもない、あくまで戦時下を生き
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.6

まさに頭空っぽで観れる系の映画。笑
と言いつつストーリーは意外と時系列がごっちゃになったりするけど、ストーリーが全く分からなくても恐らく楽しめるだろう、って意味での頭空っぽ系映画。
アクションシーンも
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

個人的には面白かった。
気候条件も厳しく、世間から隔絶されたネイティブアメリカン保留地という極度に閉鎖された環境だからこそ起きてしまった悲劇を重厚に描いた作品。

ちょいちょい言われてる事ではあるけど
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.4

解釈が難しいと言われる本作ですが、受け取り方は人それぞれで良いんだろうな。
ただ何にせよ製作側の意図としては単なるサイコ映画として作っただけでは無いとうのは確かだな。
自分は痛烈な社会風刺映画に感じた
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

まあ観終わってからなんで観たんだろって思ったよね笑

有名なラストの胸糞悪さはもちろんだけど、思った以上にグロ描写とかホラー要素強めで観ていて疲れた…。けど結局最後まで観入ってしまったのでそこがこの映
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

一言で言うと感想を共有したくなるような映画だったな〜
どっちが間違ってるとか正しいとかを決める映画ではないけど観る人によって知らず知らずのうちにどちらかに感情移入してしまうはず笑 そういったとこも含め
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

時代に乗り遅れているので今更ながらに鑑賞。笑
意地悪な言い方をすると、この手の映画は元々世界中で愛されているストーリーを莫大な資金を投じて最新技術で作り直しているわけだから低クオリティになる方が難しい
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.4

マフィアの男達の熱い友情物語みたいな感じだった。
毎日いつ捕まるのか、殺されるのかわからない緊張状態をくぐり抜けている男達の間に生まれる絆、一体感は並大抵のものではなくなるんだろうな。観ながら感じたの
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

ホーキング博士については名前はもちろん知っていたけど彼の人生についてはほとんど知らない状態で鑑賞。
同じ感想を抱いてる方も多いと思うけれどこの映画はどちらかというと奥さんの話だったのかな。
彼女にしか
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

最初は特に代わり映えのないアクションかな〜と思っていたけど後半にかけて展開も早くなり最後まで楽しめた!
常に寡黙で音楽と共に生きるというミステリアスな主人公のキャラクターが本作品の魅力のひとつだと思う
>>続きを読む

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

3.5

正直な感想を言ってしまうと想像していたのとは違ってただのアクション映画だったな…。
せっかくあれだけの俳優を揃えたのだからもう少し人間ドラマ的な部分に重きを置いて欲しかったかな〜

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.2

観始めて何かおかしいなと思ったら「ビューティフルマインド」と勘違いしてた事に気づいた笑笑 されど本作品も名作ということでそのまま鑑賞。

んーー、個人的にはあんまりだったかな。映画というよりかはホーム
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

相変わらず本編の9割(いやもっと?)アクションだった笑 何も考えずに純粋に映像を楽しめて映画館ならではの体験ができました。
いやそれはありえんやろ(褒め言葉)、って殺し方が目白押しで人が死んでるのにク
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

泣かせにくるとか、押し付けがましいとかでもなく、自然と自分も頑張ろうと思わせてくれるような良い映画だった。人種問題という根の深い問題が絡んでくるのは事実だけど全編を通じて暗く描かれすぎることは無く、と>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

アーサー演じるホアキンの演技は終始圧倒的で支配的だった。まさに身を削る演技を目の当たりにしたと思う。彼の演技を見るだけでも本作を観る価値は十分にあると言えるレベル。

ストーリーに関しては展開がスピー
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

「人の命をなんだと思ってやがる!」
って思わず突っ込みたくなるくらいキリングアクションに磨きがかかって帰ってきたなという感じ。笑
絶対死なないと分かりながらもハラハラしながら観れて楽しめました!

>>続きを読む

カルテル・ランド(2015年製作の映画)

3.6

"リアル"をそのまま映している以上ドキュメンタリーに対して使う言葉ではないのかもだけど、リアリティ、緊張感が終始高かった。冷静にどうやって撮影してたの、ってレベル。

前情報を入れずに観たので話の展開
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.6

前情報ほとんど入れていかなかったので意外な展開に引き込まれたし、どことなく漂う危うさや脆さにハラハラしてとても見応えがあった。

自分の中で点数が伸びきらなかった理由は主に2つ。
1つ目は前半部分にほ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.4

最新作が公開されるということで興味本位で一作目を観てみました。

ひたすらにスタイリッシュなアクションが続いていく。話はシンプルなので純粋にアクションを楽しめる。ひたすらにカッコいい。
もうちょいひね
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

全体的な雰囲気がとても心地よかった。"悪者"は居らず良い意味で緩く観れる感じの映画。
主眼は子と親の関わりだったと思うけどそれぞれの登場人物達にも感情移入できて味わい方がいくつもありそう。

登場人物
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

全編にわたって緊張感が凄まじい。
個人の感覚にもよるけどこれがWWIIもとっくに終わってるたった50年前の話っていうのが衝撃…。

激しい混乱の中、ホステルの中で"支配者"となった白人警官はまさに狂気
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

レビューが溜まりに溜まってしまって遅ばせながら。
これまでの作品を観てきた身からしたらなんとなく観る前から5.0をつけるのが分かっていた笑。ここまでベクトルの違うキャラクター達を1つにきれいにまとめる
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.9

予想通り観ててズッシリくる映画だった。
精神的にも物理的にも残酷で辛い描写も多く、紡ぎ出される社会的なメッセージは強烈だった。と、ここまでは予想通りだったんだけど、この映画はエンターテイメントとしてて
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

この作品はストーリーがかなりよく練られていたと思う。MCUの中で見ればアクション描写は割と抑えめに感じたけど、引き込まれた。手がかりゼロの状態から徐々に全貌が明らかになっていくのは観てて気持ちよかった>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.4

映画としての完成度は高いと思った!

どんでん返し系と言われるように見事な展開だったけどどんでん返しで行き着く結末がなぁ、切なすぎませんかね…
気難しそうに見えながらも人一倍純粋で心の奥底では臆病なヴ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

しっかり前作よりパワーアップしてて面白くなってた!
今回は敵vs味方っていう単純な1対1じゃなくて色んな主体が入り混じってた分展開がスピーディーで飽きなかった。
ちっちゃくなったりでっかくなったり忙し
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

え、すごい面白かった…!

まずは唐突に何の手がかり、文脈もないまま飛行物体が出現することで観てる側は少しでも手がかりを得ようと必然的に展開を注視せざるを得なくなる。それに加えて神秘的かつ不気味な演出
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

いよいよフェーズ3も大終盤になってきたことを感じさせる作品。
あれだけ大勢のヒーローたちを全員に見せ場があるように終始丁寧に描ききっていて見事だった。あんな豪華で楽しい共演を観せ続けられたら楽しくない
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

"国語力"が試される作品だなと感じた。
というのも物語の主眼としては主人公リーの心情変化なんだけど、彼が非常に物静かで表情が変わらない点と物語の描き方がかなり第三者視点で起こった事実を淡々と描いている
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

MCUの中でもお気に入りのマイティソーシリーズ3作目。
んーー、んーー、シリーズの中ではこれが1番微妙だったかも……
これまでソーが好きだったのは物語の中で地球と宇宙(アズガルド)を行ったり来たりする
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.4

このタイミングで前作のレビューを投稿。笑
観たのは大分前だけど中々投稿ができなかったので!、

今までのMCUとは一味違ってちょっと青春映画みたいな感じだった。若い役をほんとに若い人が演じたから若者ら
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

公開時色々と話題になってたから期待を持って鑑賞。
アフリカの文化を取り込むことで独自のヒーロー色を出すことに成功してたと思う!
ただ期待よりはイマイチだったんです…。理由としては主人公かな。優等生すぎ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

前作より完全にパワーアップして帰ってきた!
アクション、キャラクター、音楽、ギャグセンス、世界観全てを高いレベルで実現しながら友情・家族愛っていう万人ウケするテーマを主軸に持ってきている。この映画を嫌
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.4

正直に言うと、面白かったというよりは、つまらなくはなかったっていう方が当てはまるかなぁ…。
もちろん1ヒーローとして個性はあったし主人公のキャラクターも良かったんだけど、いまいい迫力に欠けた印象を受け
>>続きを読む

>|