lqpnlさんの映画レビュー・感想・評価

lqpnl

lqpnl

映画(725)
ドラマ(0)

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.7

青春コメディかと思いきや意外に会話劇で驚き。ラストの爽快感はぐっとくる。
スクールカーストなんて表面だけ、悩みや抱えてるプレッシャーはみんな同じ。話してみないとわからないことなんて山ほどある。「we
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.6

1976年アメリカ、高校生たちの24時間青春群像劇。新入生から3年生までそれぞれの思い抱えたある夏の一夜。エアロスミスやZZトップ、ボブディランバックにバカ騒ぎ最高か。
映画制作は93年だけど、ミラジ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

小松菜奈の真っ直ぐな目が魅力的。
ファミレスの窓から入る光の撮り方とか美しいなーと思ってたら、市原織江撮影だったのかー納得。白と青のコントラスト。

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.0

ゲットアウトやアスと同じブラムハウスプロダクション制作。黒人の問題を題材にしてる姿勢は同じだけれど、上記2作に比べるとインパクトは薄いかなーと。

サイコパスって言うよりは、愛とか執着とか憎悪とかなん
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.6

この映画観に行った日もちょうど雨だったな。
ティモシーとエルが共演するなんて観ないはずないと思い映画館まで行ったけれど、まあ良くも悪くもウディアレンだなーと。
最初70年代かなんかの話か?と思うくらい
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

ほんとにタイムスリップしちゃうところには驚いたけれど、麗しき1920年代のパリ。美しすぎるマリオンコティヤール。その時代の著名人たちにもわくわく。

過去に想いを馳せるのが逃避なら、とても前向きなラス
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

韓国の格差社会を軽いコメディタッチでテンポよく描くもんだから、重苦しいテーマにもかかわらず笑いながら観れる。

けれど、スクリーンからは臭うはずもない半地下の「臭い」本当に匂い立つようで後からじわじわ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

グレタ的若草物語さいこう。
冒頭のジョーの街中失踪シーンからもうすでにグレタらしさが愛しい。

4人姉妹と母、それぞれの生き方と葛藤、全員に共感するし涙する。
とりわけジョーの「結婚だけが女の幸せじゃ
>>続きを読む

真珠のボタン(2015年製作の映画)

3.8

チリの最南端、パタゴニア。
映し出される美しい自然と、先住民インディオへの侵食、虐殺の目を覆いたくなる歴史の対比。
ジェミーボタンが、真珠のボタンと引き換えに失ったもの。
水には記憶があって、水はそれ
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.4

cube思い出した懐かしい。
テンポ良く見れてなかなか面白かったかな。1万ドルじゃ割りに合わないわ。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

1996年アトランタオリンピックで盛り上がる最中に起きた爆破テロ事件という実話に基づいたお話。

警察やFBIといった国家権力やマスメディアの恐ろしさくだらなさ。何の疑いもなくそれを鵜呑みにして弱者を
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.8

「長いお別れ」
アルツハイマーで色んなことをゆっくり忘れていく、言い得て妙な表現。
山崎努の存在感と松原智恵子の可愛さ深い愛情が素晴らしくて、メタリックの三角帽子に静かな家族愛を感じて涙が出る。

>>続きを読む

ストレイ 悲しみの化身(2019年製作の映画)

3.0

人間の喪失感に入り込む悪魔。
ロシアンホラーああ陰鬱。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

オバマが大統領に就任してもなお人種差別問題が蔓延るアメリカ社会。
社会風刺をエンターテイメントとして投げかける、その形がとても衝撃的で面白い。

監督のジョーダンピールはコメディアン出身だそうで、真夜
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

1966年のルマン24時間耐久レースで、王者フェラーリに挑むフォードの男たちの実話。

素晴らしいマシーンや忠実に再現されたルマンのコース、物凄い迫力のレースシーンは言わずもがな、その隙間に垣間見える
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

もうちょっと笑えるかなーと思って観てみたけど、うーん、相変わらずの三谷ワールドは面白かったけれど。
中井貴一の演技はさすが。

有働由美子最後声で気付くまでわからなかった。

ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪(2015年製作の映画)

3.6

グッゲンハイム家の反逆児、ペギーグッゲンハイムという1人の女性の生き様。
デュシャンと交流があったり、コクトーやカンディンスキー、ポロックのパトロンでもあった彼女は、その独特の審美眼で20世紀を代表す
>>続きを読む

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

3.6

誰もが憧れる60sのスウィンギンロンドン。ストーンズやビートルズ、ザフー、デヴィッドボウイ、ツィギー、サスーン、そしてマリアンヌフェイスフルあの時代を象徴するアイコンたちのコラージュ。こういうの意外に>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

壮大な映像とブラピは良かったけれど。それだけかなーと。

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.3

「騙されないように、自分で真実を探そうと思った」と幼少の頃にそう決めた、“パンクの申し子”ヴィヴィアンウエストウッド。

おそらく自分の信念を死ぬまで曲げずに貫き通す人なんだろうなと。そんな生き方相当
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

3.8

天才マックイーンの、40年という短くも壮絶な生き様。周りの人たちへ捧げる愛の深さと、心の底で抱える孤独、そのコントラストが美しい闇となって作り出されるクチュール。
それはまさしく芸術作品。「感情」でし
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

リンカーンの奴隷解放宣言から約100年経つ1962年、未だなくならない人種差別がはびこるアメリカ社会。そんな中出会う粗野なイタリア系白人トニーと、インテリ黒人ピアニストのドク。まるで正反対の2人が少し>>続きを読む

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

3.8

ベルエポックのパリの街。ミシェルオスロの美しい美しい写真とアニメーションの融合された世界にうっとり。

あの時代のパリの著名人たち(総勢100名以上だそう)を見つけるのも興奮!
ムーランルージュのカン
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

3.6

Amazonプライムでやっと観れた嬉しい!

誰もが共感できうるような等身大のリアルさ、駄目なところも格好悪いところも醜いところも全てを晒すことができるレナダナムがやっぱり好きだ。

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

とにかくチャッキーがブサイクでなんだかなあと。
イットの製作陣が作ったらどこかコメディになっちゃうのか。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.3

もしもビートルズがこの世に存在していなかったら、という設定はとても面白かった。
ストーリー自体は王道かなという感じだけど、ビートルズの曲の偉大さを改めて突き付けられる。the long and win
>>続きを読む

We Margiela マルジェラと私たち(2017年製作の映画)

3.5

マルタンマルジェラと、共同設立者であるジェニーメイレンス、マルタンの才能に惹きつけられた様々なスタッフ(私たち)が作り上げた「メゾンマルタンマルジェラ」の創設から売却されるまでのお話。

ジェニーやス
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.2

去年飛行機の中で見たがほぼ寝てしまってたので、帰国後再見。

ゴジラシリーズを1作もちゃんと見たことがなかったけれど、キャラが有名すぎて私でも分かる。そして映像にはただただ圧巻。さすがアメリカ。
きっ
>>続きを読む

>|