yuriさんの映画レビュー・感想・評価

yuri

yuri

映画(264)
ドラマ(0)

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

4.3

青春映画なんだけど、沖縄の政治的な要素もあって考えさせられた。
いろんな場面でMONGOL800の楽曲とリンクしててめちゃくちゃ泣いてた。
2曲しか楽曲知らないけどライブシーンでは知らないうちに一緒に
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

いろんな人にスポットが当たってるのが良かった!
どんなに顔が醜くてもオギーの内面に惹かれて周りに人が集まる
正しさより親切を選べるように心がけたいなって

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

シャーリーズ・セロンの役作りでの増量もあってか産後のお母さんがリアルに感じた
全部一人で育児を完璧にこなそうとするとああなるなって想像しかできないけど実際はもっと深刻なんだなって、、
最後の最後に余計
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.4

自閉症の女の子が1つの目的のために知らない世界へ旅をする
自然とウェンディのこと応援しちゃってた
曜日ごとにセーターの色を変えるこだわりが好きだったな

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.9

前作から復習しないで見たけど意外と楽しめた(笑)
3人のパパたちやはり素敵!
リリー・ジェームスがひたすら可愛かった!

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

4.2

戦争ものの映画って苦手だけどこの映画は子どもたちの笑顔が印象的だった
戦時中に『健康で文化的な生活』を送れるようと保母さんたちのエネルギーを感じた
戦争はいつまでも追いかけてくると最後に限界を迎えるく
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

QUEENのこと全くと言っていいほどわからなかったけど、意外と知ってる曲も多くて思わず口ずさんでた
最後のライブシーンが最高でした

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.4

ついに海外行っちゃったよコナン
アクション要素強めで推理は結構わかりやすかったかな、、
京極さんの無双具合といったらもう
シンガポール行きたい欲増した!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

ハリポタ要素が多くてたまらなかった。
ハリポタから前作まで見返してもう一回みたい〜〜
ジュードロウの若き日のダンブルドアがとてもかっこよい。
そしてニフラーが愛くるしい。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

空と海のどちらかでもよかったんじゃないかとも思ったし、いろいろ詰め込みすぎとも思ったけども、やっぱりコード・ブルーだった。
10年間の集大成でした。
最後のやつはずるかったなあ。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

見ててもリズム刻みそうになったし、終わったあとも自然と口ずさんでた。
素晴らしいショーだった!
久しぶりにザックのミュージカル見たけどやはりカッコいい、、

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.4

オーストラリア人の身体を張った実験だけど、、本当にタイトル通り。
これ見てジュース飲むの躊躇うようになったし商品表示気になるようになった(笑)

砂糖の量の最適値=至福点
それを狙ってくる企業すごいし
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

エイミーの執念がすごかった、、、
完璧に見えるって完璧に見せ続けてるんだなと、、、
それを周りに気付かせない徹底してっぷりがすごかった

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

ロバートデニーロが終始かっこよい紳士でした。
ほっこりした〜

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

夢を追いかけて追いかけて、それを叶えるエネルギーってすごいな。素敵だった。
映画観た直後は音楽が頭から離れなかった。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.5

ノート使っての頭脳戦ならぬ銃撃戦。6冊のノートでてくるから頭脳戦も期待してたのに残念。
月とLを出したくて無理やりしましたって感じがしてしまった、、
昔馴染みの人を見て嬉しかったけど、それを上回る残念
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

どんな人でも明日があるのは幸せなことだと実感。
タイトルにインパクトありすぎるけど、映画を観て深いなって、原作も読みたいな。

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.3

ノンフィクションで今も続いている問題。
便利だけど良い側面だけじゃなくて、ちゃんと悪い側面もある。正しい使い方をするから効果がある。
これは企業だけじゃなくて医療者もきちんとした指導、教育をしなきゃい
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

4.0

転落から再起の王道ストーリーでシンプルだったからこそ、わかりやすくてすごくよかった!
おうちへ帰ろう。良い家族だからこそ出てくる言葉だなと。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.2

ほぼ全員キャラが濃い(笑)
見てて飽きたなかったな~(笑)
リリーフランキーと安藤サクラが最高すぎた。

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

2.8

全員が全員クズ(笑)
権力とお金ごあったらああなるのか(笑)

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.9

セリフが少ないけど、2人の表情、行動から愛を感じた。
今ではあたりまえのことが、異人種間での結婚が認められなかった時代。ラビング夫婦と夫婦のことを世に訴えようとした弁護士が異を唱えたから今があるんだな
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.8

予告で、妻を献身的に支える夫の夫婦愛の話かと思ってたけど開始5分で裏切られた(笑)だけどこういう夫婦愛もあるのかなって思える作品。
メリル・ストリープが本当に可愛くて、見事に音痴でした。演技に脱帽。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.2

王道なんだけどそれがよかった。
映像がとにかく綺麗で引き込まれた。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.3

エディ・レッドメインの演技が本当に素晴らしかった!
細かな動きまですごくリアルに感じた。
スティーヴンとジェーンの関係性が素敵。

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

3.8

“人生は瞬間の連続”この言葉が胸にささった。
今だからできることやりたいことをしたくなった。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.9

とにかく映像が綺麗ですごく引き込まれた。
そしてRADWIMPSの音楽がさらに引き込んだ。
映画館でこそ観たい、また観に行きたい。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.9

家族愛、親子愛、夫婦愛、たくさんの愛があった。
親が子どもを思う愛は果てしなく大きいものだと改めて感じた。

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.6

こんな白雪姫もありだなと(笑)
リリー・コリンズが可愛かった。

>|