SAtone52484さんの映画レビュー・感想・評価

SAtone52484

SAtone52484

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

4.1

エンディングに向かって、確実に盛り上げていく構成が素晴らしい!!!

ラ・ラ・ランド同様、夢を追う若者の野心と情熱、夢に破れたり、自信を失ったり、なんてことが描かれていて、
(こちらはNY/ブロードウ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

突然、現代の人間界の様子を絡めたスタートに驚き!

最終章の前だからか、ドンぱちなアクションは少なかったものの、メインキャラクターの成長が感じられるストーリー。

ただ、メインキャラクターの成長に光を
>>続きを読む

ラブ・ハード(2021年製作の映画)

2.0

おいおいNetflix…

こんなチープなストーリーで何がしたいんだ?笑

ウィットに富んでいる訳でも、素晴らしいプロップスがある訳でもなく、下手すぎるストーリーでがっかり。

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.7

イーサン・ホークにダメ男だけど憎めないヤツをやらせたらピカイチ!笑

どんな人生を歩んでも、(自分のことも相手のことも)否定をしないで、次に向かって進むっていう、非常にシンプルなストーリーでした。

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

4.0

監督がジョン・ファブローだというとこに驚き!
普遍の名作クリスマス映画。

バイス(2018年製作の映画)

-

クリスチャン・ベールの肉体改造が凄すぎて、一瞬、誰かわからない!
(いつものことですが)

ブッシュ政権(息子の方)時に、聞いた「チェイニー」「ラムズフェルド」「パウエル」「ライス」。
特に「チェイニ
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

たしかにFOXのキャスターってこんな感じだよねー。
そして、そりゃ裏ではこういうこと起こってるだろうねー。
と、いう内容。

ロジャーの悪行、その自覚のなさ、にフォーカスされてますが、もう少し、訴える
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ビル・マーレイ演じる人たらしな父親。

そんな父親と微妙な思いを抱えながら付き合うラシダ・ジョーンズ演じる娘。

共に仕事をしながら子育てをする夫婦なら、こういった気持ちのすれ違い、今までは手にとるよ
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

4.0

とっても今どきなアイデンティティを考えさせられるストーリー。

そして料理とアイデンティティ、家族の繋がりを感じられる、シンプルな内容。

かなり好み!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.3

ーまとめて再鑑賞ー

つまらん。
長い。
端折り方を間違えてないか?

余分なシーンが多いくせに、肝心なポイントの見せ方が弱い。

今後につながる伏線もあるのに。

ちょうど中弛みするあたりではあるも
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.0

ーまとめて再鑑賞ー

ゲイリー・オールドマン!!!
ほんと素敵。

このシリーズで一番好きかもしれない。
雰囲気、カメラワーク、ハリーが両親の生前の姿を旧友から聞く心温まるストーリー。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.5

ーまとめて再鑑賞ー

えええ!みんな声変わり!!!笑

グッと成長しましたね、みんな。

シリーズを通しては、一番印象に残らない…

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.2

母と息子、兄と弟、教師と生徒、マネージャーと俳優、スターとファン。

上下があるようで、対等でもあり、敵でもあり、味方でもある。

どの関係にも、本音と建前みたいなものがあって、人は皆、そのバランスの
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.3

全く理解ができないエンディング。

え?どゆこと?

ん?

いろんな組織(というかプログラム・システム?)の利害関係がいまいちクリアにならないままエンディングを迎え、

ぽっかーーーん。



あと
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.4

スミスさん、どうして増えたの?そして最後まで追っかけてくるの、、、なんで?笑

戦闘シーンの音楽がダサくって、しかも長くて、見飽きます。

第一作が、割とスタイリッシュだっただけに、ダウングレード感が
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.2

何年ぶりに観ただろうか。

ストーリーがうろ覚えだったので(そして、後悔当時はまだ子どもだった!) 新鮮な気持ちで再鑑賞。

22年前に公開されたにも関わらず、今見ても古臭く感じない内容。

CGにも
>>続きを読む

セクシャリティー(2018年製作の映画)

3.8

この邦題、よくない!笑

“オクタビオは死んだ! (Octavio is dead!)”にすればいいのに。

会ったことのなかった父親の死をきっかけに、自分を見つめ直し、母親との関係を考え直す…という
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.0

Netflixの「アート・オブ・デザイン」で、本作の衣装を担当したルース・カーターのことを知り、見てみることに。

1980年代のブルックリンのカルチャーを表現するような内容かと思いきや、アメリカ社会
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.2

“This isn’t gonna end well.”
“This is all gonna end badly.”

ツッコミどころが多すぎる、というか、キャラ設定が細かすぎる、というか。笑

>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.9

セス・ローゲンが超セス・ローゲン的なキャラで、でもなんだかlikableでよかった!

下ネタを盛り込みつつも、ちょっと社会風刺も効いた、バランスの良いラブコメ。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.0

金融に疎い私には、ついていけませんでした。。。

とにかく何かをしてやったんだ、ということは理解できたんですが、仕組みが理解できないと、面白さが半減?

もう少しお勉強してから、再鑑賞をしようと思いま
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.0

定期的に観たくなる映画ってありませんか?

ストーリーはどうってことないんですが、脇役達の人間味あふれるキャラクターが素晴らしい。

携帯電話やSNSがない時代って、いいよなー、と思ってしまいます。笑

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.8

ーまとめて再鑑賞ー

嗚呼、みんなまだ子ども!

魔法の世界への導入として、いい感じのファンタジー感と子供っぽさ。

この後、登場人物たちが成長して、ストーリーもシリアス&ダークになるのだけれど、そう
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

実話をベースにしたおはなし。

アメリカの実話ベースの話でいつも驚くのは、そんなに前の話ではないということ。
日本から見るアメリカは、(日本と比べて)多様性のある国、と報じられることが多いけれど、昨今
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7

わりとありがちな
アメリカの高校生のお話。

オリビア・ワイルドの監督だからか、脇役の大人たちのキャスティングが豪華!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

スタイリッシュ

テンポ良し

音楽良し

アクション系で最初から最後までこんなに魅了されるのは初めてかもしれない。

強盗というシンプルな犯罪(?!)だからこそ、複雑な作戦とか、背景の説明がないのが
>>続きを読む

ケミカル・ハーツ(2020年製作の映画)

3.9

10代の頃、相手が傷つくことを考えず「自分の思い」を爆発させたこと、誰かの感情爆弾に被弾し、瀕死の状態になったこと、あるよな、と思って観ました。

10代のあの「自分」を中心に置いて、物事を考える視点
>>続きを読む

>|