みふかたさんの映画レビュー・感想・評価

みふかた

みふかた

映画(113)
ドラマ(0)

シカゴ(2002年製作の映画)

5.0

最高

DVD見終わった後、DVDが排出されなくなってps4修理に出すハメになったけど許そう。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

心を一つにすれば勝てるとか言いながら、割と皆単独行動してる。

子供の約束なんてそんなもんや。

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.1

国立映画アーカイブ70mmフィルム上映会にて鑑賞

映画はデカいスクリーンで見るものだと改めて気づかせてくれた。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.3

シリアスとユーモアがいい感じに混ざってる。

モニカベルッチがヒロインで主役を自分でやるっていう映画監督も中々おらん。やりたい放題やん。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

逆に日本語のセリフの方が聞き取りにくかった。

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

4.0

仁義なき戦い時代劇版

仁義なき戦い見てたから松方弘樹と千葉真一が広島弁喋ってない事に違和感があった。

ラストの萬屋錦之介の演技は凄い。

早春(1970年製作の映画)

2.5

最後まで主人公に感情移入できなかった。

映像は凄く綺麗。

野火(2014年製作の映画)

4.0

綺麗な風景と地面に横たわる死体の対比したような映像が続くのがキツイ。

生きる(1952年製作の映画)

5.0

全てが完璧。志村喬の演技が凄すぎる。

大好きな映画。

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)

4.4

キャストが豪華すぎる。主演した事ある人ばっかやんか。

冒頭のシーンで日本男子の半数特攻で突っ込ませれば勝てるってセリフで戦慄した。政府の迷走っぷりが現れてる。

リメイク版はどうなんやろ。見てみよう
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

原作の内容全部2時間に詰め込もうとした感がある。別に主人公のおじいちゃんが第二次大戦の帰還兵とか、月一で座禅とかどうでも良かった。あとちょいちょい時事ネタ挟むのも何なんやろ。

取り調べのシーンは凄か
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

4.1

この映画のDVDを弟に貸した結果、彼をSFホラー映画に目覚めさせたある意味偉大な作品。

DVDは借りパクされた。

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)

4.0

オープニングだけでもYouTubeで10回以上見てる。

スタイリッシュ輪廻転生映画。

アレックス(2002年製作の映画)

4.5

観た後一時間くらい放心状態だった。

これは凄い映画。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

5.0

人の死体が道端に当たり前のように転がり、人が当たり前のように殺される。戦闘シーンはあまり無いのだけれど、戦争、迫害というものを突きつけられる。

廃墟での演奏シーンは必見。

エイドリアンブロディの演
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.0

女性には分かる感情なんかな…

映像は綺麗だった。高校時代の淡い感じと、大人になった時のハッキリした撮り方が良い。

渇き。(2013年製作の映画)

2.0

とりあえずハイトーンボイスで笑っとけば狂った奴に見えるっていう考え方は好きじゃない。

映像は凄い。凄すぎてストーリー頭に入ってこなかった。気づいたら役所広司と中谷美紀が雪山にいた。

X-メン(2000年製作の映画)

3.2

最近のアメコミ映画見てたら、どうしてもアクションシーンが見劣りしてしまう。

でも20年近く前に作られた作品とは思えない。画質も良かった。Blu-rayで見たせいか。

ストーリーは普通。続編ありきで
>>続きを読む

恐怖の報酬(1953年製作の映画)

4.3

緊張感がハンパじゃない。サスペンス映画のお手本みたいな。

主人公の金の為なら何でもする感じが良い。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.5

衣装や撮影が凄い。

主人公2人は歪みきってた。でも理解不能って訳ではなく、なんとなく共感できる2人の関係性。

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.5

大いなる幻影と同じ捕虜と軍人のお話。印象的なシーンが多い。特にキスするシーン。

凄いイケメンがおると思ったら。坂本龍一やった。ビックリした。

バトル・ロワイアル 特別篇(2001年製作の映画)

4.5

セリフの字幕が良かった。
当たりとハズレの武器の格差がエグかった。双眼鏡は武器じゃない。

全員若い。当たり前か。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

貧しいことを嘆かず、明るく生きていこうとする親子の姿が良かった。すぐ隣にはディズニーランドがあるっていう設定も面白かった。

でも子供達の放火はアカンやろ。普通にスルーしててビックリした。犯罪やで。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

セッションみたいな関係かなと思ったけど、意外と助けてた。
後半の松坂桃李が良い。特に豚小屋のシーン。

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

不動産王が「俺は世界の王だ!」って言いながら主人公の奥さんと不倫セックス楽しんでるシーン観てアメリカって凄いなって思った。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アベンジャーズ映画あんまし観たことないけど楽しめた。

カンバーバッチはドヤ顔で登場して、ドヤ顔で消えていった。ストレンジ見てないからイマイチ能力分からんかった。今度観よう。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

ジイちゃんの野望が割と陰湿やった。

盲目のはずやのにここぞのタイミングで銃必ず命中させてる。

街の灯(1931年製作の映画)

4.5

笑えて感動する。完璧。

80年以上前に作られた映画とは思えない。

>|