しょうぴさんの映画レビュー・感想・評価

しょうぴ

しょうぴ

映画(93)
ドラマ(0)

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

1.0

マックス パワー 爺ィ バイオレンス。

中途半端にリアルで変にフィクション。
こういう系はどっちかに振るべき。

もっと爺ィをバケモノ的ポジションに置いたらもっとワクワクした。

セブン(1995年製作の映画)

4.0

キャスト◎
冒頭から大まかなストーリーは読めてしまうけどエンディングは圧巻。
中々精神すり減らされた万歳🙌

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.0

思春期にピエロに出会う映画。

シリアスな場面にポップな曲が流れたり、突然のユーモラスな表現とかが気味が悪かった。
ただいまいちピエロの立ち位置が不確定。
「恐怖」がテーマなんだろうけど最後とか少年少
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

人種差別万歳映画。
かと思ったら途中からエスパー出てきて何のこっちゃ、くだらん。

前半は良い。
白人の彼女に白人の家族に白人の親族共。
そこに仕える黒人の召使い。
白の牛乳、白のパジャマ。
隠喩的誘
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

1.0

全部モヤッとしてる。
「こんなシーンよくね!?あ、こんなのもよくね!?」的な浅いアイデアをとりあえずやってみた感が否めない。
個人個人の意思の方向性が不透明かつ一貫性が無さすぎていちいちイラっとする。
>>続きを読む

サイレンス(2016年製作の映画)

1.0

この設定いいのにな
俺ならもっと面白くできるわ
脚本が優しすぎるもっとゴリゴリ絶望しようぜ

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.6

大オチは勘がよければすぐわかる。
けど問題はそこじゃ無い。
フラグの繊細さがすごいんだけど、まるで未回収。
流してしまいそうになるけど、見終わったあとに振り返る時間が一番怖い。
おもしろかった。

ブラインドネス(2008年製作の映画)

3.8

人間がムゴイコワイ。

でもメッセージ性は強くて最後で意味がわかるかな。

鉄男 THE BULLET MAN(2009年製作の映画)

3.0

カメラワークとか音楽とかすごく安い感じするけど、それがもっとカオス感出してるから計算してたらすごい。

美女と野獣(2017年製作の映画)

2.5

ディズニー特有の恋の急発展とゴリ押しで最後は感動してしまうやつ。

>|