林檎さんの映画レビュー・感想・評価

林檎

林檎

瑞々しさや生々しさがあって美しいもの、
静かな狂気や少女性を感じられるものが好き*
マリア・デ・メディロスが大好きです。♡

映画(523)
ドラマ(0)

消えたシモン・ヴェルネール(2010年製作の映画)

3.8

構成や内容が『明日、きみがいない』に似てると思った。色んな人物の視点で同じ日を繰り返す中、ラスト全ての付箋が繋がって・・と思ったら、ちょっと違った。
ミステリーというより、普通の青春映画という印象。
>>続きを読む

ブランカニエベス(2013年製作の映画)

3.7

モノクロサイレントだけど内容も追いやすく見易かった。スペイン感満載な白雪姫ベースの物語。
あのお屋敷に連れて来られ、悲劇が始まる頃にストーリー引き込まれ始めた( ; ; )笑

モノクロならではの映
>>続きを読む

ポリー・マグーお前は誰だ(1966年製作の映画)

5.0

2019年初鑑賞。これ観て、やっぱり60'sファッションやメイクが好きだなと再認識。よく喋る、そして切り抜かれる、内容理解できる程度のはちゃめちゃさが好みでちょうどいい!ゴダールの初期の作品がさらにフ>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.8

美しいアビー・リー観るべく、苦手なアクションを鑑賞!
私がフォローしてる方々のレビューも良く、どんなものかとドキドキしながら・・
ちょっと、これすごい。最初誰がどれに乗っているのか分からず登場人物の関
>>続きを読む

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

3.7

『ネオン・デーモン』ハマって以来、『ドライヴ』を観て、今作も鑑賞。
やっぱり、私はレフンというかネオンデーモンが好きなんだなと再確認。2作品見て、レフン作品の雰囲気が何となく分かってきた。

クリフ・
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

可愛いおじさんでてくるから観て!って言われての鑑賞、それは本当でした。
主人公の相方ジェイコブの人柄が可愛らしくて癒される!理想のパン屋さんの店主像。
ハリポタよりも分かりやすく話追いやすいので、サラ
>>続きを読む

サブマリン(2010年製作の映画)

3.6

思ってた以上に観れた!映像の構成が好き*
主人公のような度を越した不器用さ、正直可愛いとすら思えないしロマンの欠片もなかったけど、コミカルだからなんか流して見れちゃう。笑

ジョルダナは野暮ったくてな
>>続きを読む

ウェルカム・ザ・ストレンジャー(原題)(2018年製作の映画)

4.5

アビーリーを堪能。
赤いワンピ着て窓辺でゆらっと踊る姿、逆光で美しいシルエットが露わになってもうクラクラ笑
静止画で見ることが多いのでファンとしてはたまらない時間・・

解釈は人それぞれになりそう。
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

温度の低いスタイリッシュな映像が、少女の結末を匂わせる。
少女が覚醒する感じの映画よく観るけど、ちょっと想像と違った。ここまでハッキリ描写せずに、もっと詩的でフワッとした表現なら好きだったかも。

>>続きを読む

フレイルティー/妄執(2001年製作の映画)

3.3

あまり観たことないタイプのお話。
最初は頭のおかしい宗教の団体を、3人の家族で洗脳するところから表現しているのかと・・

現実的なサスペンスと考えず、ファンタジーなオカルトホラーと考えて観ていたらもっ
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

5.0

ヘイフラワーとキルトシュー(2002)を初めて観た時と同じくらいの衝撃的可愛さ!
"ロッタちゃん"や"おもしろ荘シリーズ"とか、どうして北欧のちびっ子ヒロインファミリー映画は、こんなにも可愛らしく愛ら
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.6

スカーレットヨハンソンの透き通った白い肌とピンクの頬に終始うっとり・・髪見えないと尚更美しさが際立って見える。
スローなのでフェルメール、スカヨハ、映像美をたっぷり堪能できる。好きな人にはたまらないと
>>続きを読む

リリィ、はちみつ色の秘密(2008年製作の映画)

3.6

人間の心の清さ、弱さ、残忍さなどいろいろ感じられる作品。重いテーマで色々考えさせられる。ぽっかり空いた心の穴はそう簡単には埋まらない。
ダコタ・ファニング目当てで観たのですが、想像以上にメッセージ性の
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.5

キスシーンをこんなに素敵だと思ったのは初めてかもしれない。

ネオン・デーモン好きだったから、レフン監督とクリフ・マルティネスのタッグ作品を観てみたいと思いつつも、設定やジャケットにあまり惹かれずやっ
>>続きを読む

サスペリア PART2/紅い深淵(1975年製作の映画)

3.7

これpart2なのに『サスペリア』以前に製作された、内容も全く関係ない作品なのか!ダリオ・アルジェントのここまで色濃く自分の世界を持っているところが好き。

可愛らしい子供の音楽と殺人が奏でる愉快なハ
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

4.0

考え方が変わったので再レビュー。
ロリコンの語源になったと言われるくらいの映画だし、ちょっと変態的な不快感があるのかと疑いながらの鑑賞。でも美少女好きとしてはぜひとも観ておきたかった作品。

ロリータ
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

良い意味で想像を裏切られた!まだ1回しか観れてないけど、これは1回じゃ足りない。6万枚以上の油絵のアニメーション化、素晴らし過ぎて字幕に集中できない!!笑 100人以上の人が描いてるから、所々描き方>>続きを読む

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)

2.5

絵のような美しさは感じられず集中力持たず。( ; ; )画家ってこういう人多かったよね・・現実突きつけられた・・

怪物はささやく(2016年製作の映画)

-

期待し過ぎていたのか、印象があまりなく記憶が薄い・・ダーク要素抑えめなダークファンタジーって印象。

若草の頃(1944年製作の映画)

3.8

とても可愛らしいミュージカル映画。セントルイスのクリスマス*ジュディガーランドが歌ったり踊ったりして素敵なドレスがふわっとする。可愛い・・!この時代の衣装が本当に好き!
アメリカのクリスマスを控えたお
>>続きを読む

神聖なる一族24人の娘たち(2012年製作の映画)

5.0

初めてジャケットを見た時からずっと気になっていた作品。DVD購入後ケースを開くと、そこには今作の温かく自然的な美し過ぎる世界が広がっていて観る前から買ってよかった・・とため息。

『生』と『性』、内容
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.8

あまり表情豊かな方ではないけれど、一人一人とちゃんと向き合い心で対話できる優しさと芯の強さを感じた。信頼感があってまさに診療所の先生だな、と思う。
行動力があり信頼が厚いからこそ、みんな最終的には主人
>>続きを読む

ホーンテッド・サイト(2016年製作の映画)

3.4

後半から一気に面白くなった!よくある設定の、ある家で起こる出来事を記録したような作品かな?なんて思いながら観ていたらちょっと違いました。斬新な発想。
森の中に何処からかきた部屋の断片が散らばっており、
>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

4.1

レトロでポップで軽やかで、でも少し濁り始めた暖色の朱色やマスタード、イエローグリーンのパネルが整列し、それがバラバラと崩れ・・。この映画を思い返すとそんなイメージが頭に浮かぶ。

観たのはけっこう前だ
>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

-

エリカの格好良さに期待して鑑賞!ちょっと男っぽ過ぎたけどこんな自信満々な役、エリカくらいしかできないんじゃないか。
使い古された感がどうも気持ち悪くて、女たらしな様子は見ていて不快になったりも。R指定
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

"虹の麓には妖精が金を隠して・・"
あの子たちにとって虹は大人の私たちよりもずっと近くにあるのかもしれない。走って向かえば摑み取れそうなくらい。

青みピンクと青みグリーンの組み合わせがとても可愛くて
>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

-

私はガザがこんな状況にあるということさえ知らずに、ただグリーンの壁紙のジャケットに惹かれて鑑賞。ジャケットにも映っているメスライオンはフェミニズムのメタファーなのか。

美容室という女性だけの世界で繰
>>続きを読む

ミトン(1967年製作の映画)

4.5

『ミトン』、『ママ』、『レター』の3つの短編集。すごくよかったです・・( ; ; )登場人物チェブに似てるな〜と思ったら同じロマンカチャーノフ監督!どうりで。決して派手ではなく、フワッと魔法がかかっ>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

4.4

『フェノミナ』に似てるな〜と思ったら同じ監督!派手なネオンカラーと計算し尽くされた構図が美しくて、ただのチープでグロいホラーとは全然違う!予想以上によかった!主人公が美少女なのもかなりポイントです( >>続きを読む

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

3.6

建築物がドールハウス的でミニチュア感があってとても好みだった!*ムーンライズキングダムを思い出した。子供たちもみんな愛嬌があってけっこうドタバタしてるけど和みました(*´ `*)
何かやたらと色んな物
>>続きを読む

MAY -メイ-(2002年製作の映画)

3.7

主演のメイを演じるアンジェラ・ベティスが気になって鑑賞*
母からの贈り物でありメイの唯一のお友達"スージー"は、どんな曰く付きの怪しいお人形なのかなと思いながら見ていたけど、どうやらメイの心の状況とリ
>>続きを読む

フランスの思い出(1987年製作の映画)

3.5

フランスの田舎に預けられたルイ。
一夏の間に色々あったね、、
ルイを演じた少年は監督の息子だそう。
来たばかりの時は物足りなく感じとも、去る時には場所や人に愛着があり寂しくすら思うのはよくわかる( ;
>>続きを読む

オルエットの方へ(1970年製作の映画)

4.3

こんなに瑞々しくてリアルな映画は初めて観た!特にびっくりだったのが手持ちカメラのお陰で今まで感じたことのない臨場感を味わえたこと。乗馬で砂浜を駆け回るシーンの馬の大きさや勢い、ヨットの波に揺られる不安>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

4.5

アニエスヴァルダ好き( ; ; )この前のフランス映画祭の作品も観に行けばよかった。
アンナカリーナのドーリーさに目が釘付けになったり、クレオが歌い、歩く姿に心地よくなったり、不安な表情につられて悲
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.9

ミュージカルだと知らなかったからびっくり!音楽がよかった*ホログラムを散りばめたかのような、マーメイド感溢れるキラキラした色使いや雰囲気がすごく好き!そしてダークな映像があるのもいい。とても新鮮に感じ>>続きを読む

>|