Oyuさんの映画レビュー・感想・評価

Oyu

Oyu

ブラック・サバス/恐怖!三つの顔(1963年製作の映画)

3.8

古典的なオカルトホラーやサスペンスの3話オムニバス。1話目はクラシカルなインテリア、ガーリーなヴィンテージのナイトガウンやネグリジェに惚れ惚れ♡
3作目は怪しげな照明とか雰囲気がサスペリア(1977)
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.6

緊迫したような表情を浮かべる主人公や不安定なカメラワーク。タイトルの通り観ているこっちまで不安になるような作品でした。絶対気のせいだと思うけど、主人公なんかふにゃふにゃして見えた・・・
実話ベースとの
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

踊ることによって本当の自分を見つけていく11歳ビリーの物語* 家庭環境が複雑で可哀想…後半は図らずも良い意味で涙が( ; ; )

茶×赤×青、黄緑×青とか、場面によって色遣いが違っていてこだわりを
>>続きを読む

ハイルシュテッテン ~呪われた廃病院~(2018年製作の映画)

3.2

もう終わりかな?と思ったら、あとまだ17分間も。何だ何だと観ていていたら急展開!笑

本当に実在するナチス時代の廃墟で興味深い舞台でしたが、ほとんどが夜で暗くあまり見えず。( ; ; )登場人物も好
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

作業中にストーリー分かりやすそうな作品ないかな〜と思いチョイス。そういえばチャッキーって観たことない。後で現代版だということに気付きました。

口悪くてただただ暴力ばかりの人形かなと思っていたら・・・
>>続きを読む

自由の幻想(1974年製作の映画)

4.0

世の中のありとあらゆる常識が覆った自由な作品。ブニュエルらしい不条理でシニカル、ナチュラルに狂気的な世界。ここまで根元から自由に創造できるってすごい。笑 その発想の自由さが素直に羨ましいと思いました。

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.9

大きく鳴り響くサイレンの音が印象的。
OPの孤島の外観が映ったあたりが一番好きでした*陰影のコントラストが見事でモノクロならではの美しさがあります。かなり男臭い作品でもありました。

不衛生な描写も多
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.5

『ツリー・オブ・ライフ』と似てるなぁと思ったら同じ監督*
映像が綺麗だしナタリー・ポートマンやケイトが出ていてわぁっと思うんですが、いまいち内容が頭に入ってこず・・・

テニスボールが水に浮かんでいる
>>続きを読む

ざくろの色(1971年製作の映画)

5.0

ずっと記録できていなかった。映画をよく観るようになってからわりと初めの方にジャケットを見かけ、その強烈なビジュアルに惹かれすぐさまDVDを購入したのを覚えてる。

羊皮紙の書物、果肉を素足で踏み潰すO
>>続きを読む

ストリート・オブ・クロコダイル(1986年製作の映画)

4.4

ずっとこっちがデビュー作だと思っていました。退廃的な街並み。ネジや眼球のない人形、無機質な物に宿る命。

クエイ作品は奇妙なルックスの人形が多々出演していますが、今作ではまともでリアルな男の子(中国人
>>続きを読む

人工の夜景(1979年製作の映画)

3.6

四六時中ずっと暗闇、みたいな何となく夜の終わりのない感じがする世界。デビュー作からクエイワールド炸裂。

ふわっふわっと軽く宙に浮くように歩いてるシーンが良かった。

一時期毎晩寝る前に観ていたけど、
>>続きを読む

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.6

二人並んで犬の散歩してる時の、背景が鮮やかでよかった*レオニー役の女の子が可愛いことが救い。

なんかイライラする、退屈な日々。自分の感情はコントロールできないし、周りを許すことも受け入れることもした
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

4.6

夏になると観たくなる、ロメールの作品。瑞々しさと可愛らしい配色、ナチュラルな映像に心奪われました。不思議と何回も観ちゃう。あの一瞬の表情をジャケットにするところもさすがです。

7/2〜8/4までのデ
>>続きを読む

ザ・ヴィジル~夜伽~(2019年製作の映画)

3.6

ユダヤ教、ホロコースト、そこに主人公の過去のトラウマが入り混じったオカルトホラー。

あまり詳しくありませんが、ユダヤ教の超正統派と呼ばれる人々は、外界とは隔離されたコミュニティで生活をしてるそう。そ
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.9

今更ながら初鑑賞*
誰もが一度は憧れる、ファッションアイコンとして名高いマチルダ!やっとお目にかかることができました( ; ; )ナタリー・ポートマンはこの頃から天才的な女優さんだったのね・・・
>>続きを読む

天使のたまご(1985年製作の映画)

4.2

たまごを抱える少女と、夢で見た鳥を追う青年。退廃的な水没都市。巨大魚の影。ずっと夜のような、洞窟の中にいるかのような暗い世界。水やガラスの瓶、少女のふわふわな髪が美しい。

このジャケットに惹かれ、昔
>>続きを読む

くもとちゅうりっぷ(1943年製作の映画)

5.0

ああなんて可愛いんだろう( ; ; )
昭和レトロなてんとう虫ちゃん。
シルクハット被った、おじさんみたいな蜘蛛に狙われて・・・

46年に日本でこんな素敵なアニメーションが誕生していたとは衝撃。
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.5

全てにセンスを感じる、非常に美しく洗練された作品でした。マリアンヌとエロイーズが離れてもきっと互いの存在を思い返すように、私も鑑賞後数日間は深い余韻に浸っていました。

焚き火の炎がドレスにふわっと燃
>>続きを読む

危険な戯れ(1975年製作の映画)

3.8

うわ、ジャケットこんなだったの…?シリーズ( ; ; )笑 この監督でなければ絶対見てなかっただろうな・・・

相変わらずフェティッシュな描写が多く、目が点になることありましたが、美術やぶつ切りのコ
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.8

ペドロ・アルモドバルの女性讃歌3部作の2作目*
昏睡状態に陥った2人の女性。
それぞれの女性を想う2人の孤独な男たち。

OPはピナ・バウシュの『カフェ・ミュラー』の舞台。作中ではピナ・バウシュご本人
>>続きを読む

アパートメント:143(2011年製作の映画)

3.4

恐怖度だいぶ抑えめのPOVホラー。

こういう作品にかわいい男の子やワンコが出演していると、早々に嫌な予感がしてしまってどうか無事でありますように・・・と祈りながら鑑賞。

既視感のある演出ですが、父
>>続きを読む

言葉にならない(2017年製作の映画)

3.0

小さい頃から中々"Yes"を言えない男の物語。

モーニングルーティンでコーヒーを飲む!!!ということだけは例え遅刻してでも外せないみたい。笑

これを機にYesと意思表示できる人になって、幸せになれ
>>続きを読む

不思議な黒いシミ(2015年製作の映画)

3.4

突如部屋の壁に現れた黒い"シミ"。
無くならないし、いつの間にか部屋の中で場所を移動する謎のシミ。

シュールなタイトルとジャケットに惹かれて。勝手に期待値上げすぎました。

内容は面白くていいなと思
>>続きを読む

オリーブの林をぬけて(1994年製作の映画)

4.7

3部作最終章、2章に続きドキュメンタリータッチで描かれる今作も、起承転結があまりないにも関わらず自然と魅入ってしまうから不思議。

あらすじに"異色のラブストーリー"とあって、どこがラブ?と思いながら
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

3.3

ゾンビになるウイルスが蔓延した世界。
「外出禁止」のアナウンス、「製薬会社がワクチンで大儲けを狙っている」、「人との接触は控えて」・・・現在の世界の状況に非常によく似ててびっくり。

究極的に追い詰め
>>続きを読む

EMMA エマ(2020年製作の映画)

4.8

南イングランドのハイベリー村。黄緑色の和やかな自然を背景に、赤いローブを纏った少女達が列をなし画面を横断する。色彩や構図、舞台や衣装の美しさ。どこも華やかで可愛らしく、観ていて退屈しません。

お屋敷
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.6

薔薇風呂に入った美女の画像を何度も目にし、いつか観たいと思っていた作品。
下劣でバカバカしいけど思わず笑ってしまう、サイコラブコメディ!

それぞれが自分の美学に従い生きていて、側からすると変態的でし
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2004年製作の映画)

3.6

海洋学者であり海洋生物を追いかけるドキュメンタリー映画を撮る主人公ズィスー(ビル・マーレイ)と、その仲間たちの物語。

ウェス・アンダーソンらしい、作り込まれた映像にキャラが濃い登場人物達。生身の人間
>>続きを読む

そして人生はつづく(1992年製作の映画)

4.5

キアロスタミのジグザグ道3部作の2作目。1作目があまりに好み過ぎて、これから2作目以降どうなってしまうんだろうと鑑賞してみると、全然思ってもみなかった角度から作品は始まる。

被災したかつての撮影地は
>>続きを読む

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

3.3

自分以外誰一人として存在しない世紀末の世界。孤独な男を演じるのは小人症のピーター・ディンクレイジ。誰もいないと思っていたある日、一人の少女に出会う。

SF要素強めな設定ですが、内容はヒューマンドラマ
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.3

食べ残した牛乳混じりのシリアルを、キッチンのシンクに捨てる。フルーツの果汁を飛ばしながら噛み砕く。食パンの赤いジャムがたっぷりついた面を下にして、テーブルにベチャっと投げ捨てる。トマトの果肉まみれの人>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.2

恐ろしく醜くてヒステリーなアン女王。
そんな女王の寵愛を取り合う2人の女。
幼馴染で長年女王に寄り添い裏で政治を操るサラと、返り咲きを夢見る没落貴族の寺女アビゲイル。曲者揃いの宮廷不条理劇。

優雅で
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

4.5

透明な少年と盲目の少女。
2人だけに見える世界。

世界の片隅、閉ざされた空間で生きる少年"エンジェル"は、ある日盲目の少女マドレーヌに出会う。

目が見えないなんて嘘かのように、研ぎ澄まされた五感で
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.6

90'sティーンエイジャー、男の子の憧れにフォーカスした作品。

兄の真似をして、ポスターを部屋の壁に何枚か貼り、バランスを見て貼り直したりするシーンや、カセットテープの山にキュンとする*

"ワル"
>>続きを読む

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.5

観始めてびっくり。悲しい結末を辿る妹役としてブルック・シールズが出てる!幼い( ; ; )♡姉役のアリスは、妹への嫉妬や親からの愛を上手く受け取れずに歪んでいく。
アリスのヒステリーは、この母親の性
>>続きを読む

七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち(2020年製作の映画)

3.4

"7つの大罪"を問題児7人の彼女たちに当てはめる。スクールカーストものから段々と殺人ミステリーに。

暗めの茶髪少女たちの中で、ブロンドに濃いリップの彼女が目立つ。脚細くて小顔、あどけなさが残るものの
>>続きを読む

>|