宙2秒さんの映画レビュー・感想・評価

宙2秒

宙2秒

映画(133)
ドラマ(3)

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

大森望氏によると、「現実的で論理的なのがミステリー、非現実的で論理的なのがSF、現実的で非論理的なのがホラー、非現実的で非論理的なのがファンタジー」だという。

ホラーやSFは好きなのだが、ミステリー
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

2.4

こんな気持ちはデビッド・リンチのインランド・エンパイア以来かな。

世界のクロサワがリングのインターネット版みたいな本格派のホラー作品を作ったのかと思ったが、なかなか話がつかめず、ずるずるとそれなりに
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.7

フランスでブレイクしただけのことはある。最高に胸糞悪い映画だ。

サイコホラーは全然好きではないが、これは面白かった。
当時はオウム真理教が世間を騒がせていた時代。マインドコントロールはさぞかしタイム
>>続きを読む

キャリー(2013年製作の映画)

2.9

ブライアン・デパルマのキャリーのファンなので、あれを超えるのは容易じゃないだろう。
リメイクに期待するのは新鮮なアレンジなのだが、特に何もなかった。

悪魔の住む家的な造形だったはずの家も、普通のアメ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.1

シャイニングの続篇の映画版。
一応ステファン・キングの小説に沿う形にはなっているが、キューブリックの映画の続篇的要素も踏まえた内容になっているようだ。

キングはキューブリックの映画が相当不満だったよ
>>続きを読む

うず潮(1975年製作の映画)

3.6

『ひきしお』を見ようとして『うず潮』を見てしまったが、後悔はない。

ドヌーヴがメチャクチャである。
さすがにオトナなモンタンもブチ切れるが、やはりというかまんまというか、恋に落ちてしまうわけさ。
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.6

飛行機で移動中にフランス語版のオリジナルを少しだけ見たが、冒頭からモッコリだらけなので、この映画は日本で大丈夫なのだろうか?と不安だったが、先程Amazonで日本版(字幕)を見たら、カラス処理されてい>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.6

アノニマスのマスクで有名になったVだが、英国ではお祭り(ボンファイア)のガイフォークスにちなんでいる。
ガイフォークスは宗教戦争に関係しているが、この映画に宗教は関係ない。
描かれるのは全体主義との戦
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

筋金入りのファンではないが、ビートルズは知っている。レコードも持っている。
だけども、巷のビートルズおじさんになりたくないので、距離を置いてきた。

やれやれ、またビートルズ関係の映画か。みたいな感覚
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.4

新感染とキングダムに続いて、これまた良作!

韓流の勢いはゾンビの世界でも止まらない。

韓国人が賢いのは、ゾンビの世界観てもうみんな知ってるから、外側を全く描かずに内側の小スペースを舞台にしたという
>>続きを読む

ベスト・キッド4(1994年製作の映画)

3.6

シリーズで一番気になっていた作品。
主人公がダニエルじゃない時点で、異色作であることは重々承知。
名作から迷作へ…なんてご意見もあるようだが、脱線した作品を好む私としては、シリーズの中で一番面白かった
>>続きを読む

ベスト・キッド3/最後の挑戦(1989年製作の映画)

2.7

コブラ会があまりにも面白いので見てなかった続編をチェック。

ダニエルがコブラ会に入門するという第3作目。

見てなかったはずなのに、決勝戦の決着方法をなぜか知っていた。
もしかすと、見たけど忘れてし
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

2.8

ジョーカーというと、ヒース・レジャーの演じたジョーカーが印象深かった。
今回はホアキン・フェニックスだが、彼の出てる映画は何本か見てるはずなのに、全然記憶に残ってない。
でも今回は、ジョーカーの悲惨な
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

飛行機で移動中に観たが、面白くないので途中で観るのをやめてしまった。

なんでそんなに評価が高いのか謎だったので今一度観てみた。

どうやら完全に騙されていたな。
無名のキャストや監督というだけで、ぎ
>>続きを読む

Zアイランド(2015年製作の映画)

3.5

哀川翔vsヤクザ≒吉本芸人vsゾンビ
ゾンビを日本刀でバッタバッタとやっつける殺陣シーンは日本だからこそ可能。
というか、日本のカルチャー>ゾンビでしょ。
個性が強めの出演者だが、ストーリーは意外とマ
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

3.4

ステファン・キング原作の映画はよく観ているが、ちっとも原作を読んだことがないにも関わらず、さすがステファン・キング!と言っておく。とりあえず。

ゾンビに理屈を求める人がいるけども、理屈がないのがゾン
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.7

隕石に津波に寒波にブラックホール…
様々な大災害に挑んできた映画界だけども、これは最強最悪の部類に入る。

まず、コアまで行くっていう発想が、理解を超えてるし、生還しようというのだから、もう笑うしかな
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.3

ようやく可能になった?
視聴者参加型のミステリームービー!

ところが、ゲームブックとか初期のアドベンチャーゲームのような、むしろレトロな感覚に思えたのは自分だけだろうか。

舞台も80年代で、コンピ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

2、3回試みているんだが、寝てしまう。

結局意味がわからない。

ということで、ノーコンテスト。

ヴィルヌーブよ、やっちまったな。

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.7

フィリップ・K・ディック原作とゆーことで拝見。と言っても、原作を読んだ訳ではないので比較はできない。

単純に映画として面白いかどうかなんだけど、なんか、バタフライエフェクトを引き合いに出す人が多いな
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.4

実写版は必ずハズレるという定説は最近覆りつつある。
キングダムと寄生獣が割と良かったからだ。

亜人も成功と言っていい出来栄えだと感じた。

特に綾野剛演じる佐藤の魅力がハンパない。原作でも佐藤の存在
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.0

じつはエイリアンよりも物体Xの方がトラウマになっている。
今観るとギャグでしかないが、子供の頃は物凄いインパクトだったんだよな。

そのリメイクというか、前日談だけに期待度は高かった。
ストーリーは似
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.6

パーリーピーポーな若者らが恐怖のどん底に落ちるというベタな展開も久々に見るといいもんだ。ホラーてこういうおバカでどーしょーもなくて、見終わった後の罪悪感がたまらないんだよね。

と思ってたら、なんか変
>>続きを読む

サンゲリア(1979年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

レジェンド級のゾンビ映画をようやく観た。

字幕なしで観たからチンプンな内容がさらにカンしてしまったが、ストーリー自体はシンプル。序盤不覚にも寝てしまったので、点数としてはこんなもんだけど。

グロテ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

-

唐は長安で空海がゴーストバスターズ?というほど孔雀王しておらず、ミステリータッチ。

空海にそんな暇は無かっただろうけど、とくにかく映像が美しい。美しすぎて逆に不自然。時代劇というよりはSF映画のよう
>>続きを読む

寄生獣(2014年製作の映画)

3.3

原作の漫画は画力が微妙にないところが逆に恐い。
映画でもそのあたりの恐さは再現できていたと思う。

ただ、日本映画にありがちなテンポの遅さが、作風をシリアスにしすぎている。
画力がない分チープで気楽に
>>続きを読む

ドラゴン・ブレイド(2014年製作の映画)

3.6

ローマと漢。歴史上の二大帝国がもしぶつかっていたら?
そんな夢のカードが実現しているのがこの映画。
しかも主演がジャッキーチェン!
さらにジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディも登場。
お金をか
>>続きを読む

(1990年製作の映画)

3.4

サムライとナイトどっちが強い?
そんな夢のカードが実現している映画。
なのに、画像すらないとは!
ここまで注目されてないとなると、スコアを上げざるをえない。
じつはこれなかなかのぶっとび映画。
武士が
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.0

このシリーズの影響力は凄まじい。
その世界観は今や当たり前のように見えて、もはや本家のことを忘れてしまっていた。若い世代はそれがMMの副産物であることは知るよしもない。
そして、リメイクではなく新作が
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.7

アニメは知っているが、コミックは未読。邦画はあまり観ないので、長澤まさみすらよく知らないが、実写版としては数少ない成功例ではなかろうか。

時代劇といっても古代の中国なので、筋骨隆々とした肉体をさらす
>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.4

ルパン3世というキラーコンテンツは凄い。声優も次元以外変わっているのに、23年ぶりだというのに、ブレてない!

CGだと流石に綺麗だね。
作画はTVシリーズの第二弾がダントツで素晴しかったから、たぶん
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

ジュマンジの1作目は見ているんだが、どうも昔すぎて、ナイトミュージアムと情報がすり替わってた。だから、続編があるのはなんとなく知っていたし、ロック様が出てるんだ、へえ〜くらいの関心しかなくて、全然見た>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

2.0

フィンチャーのゲームを粗悪なコメディにしたような映画。
嘘だと思ってたら本当だったという展開は珍しくはないが、30秒に1回笑わせようとしてくるので、正直うざいし、話もなんだかよくわからなかった。
もし
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.8

「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」はオリジナルを超えていたと思う。
しかし「Into the Unknown」の松たか子を先に聴いて違和感あるなと。

君が代以前の日本国歌のように、日本語がメロ
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

2.4

インディジョーンズのモデル=フォーセット大佐がついに映画化!

自分にとって、ノストラダムスより前に影響を与えたのは他ならぬフォーセット大佐だったので興味深かったが、脚色なしにガチで映画化されてるので
>>続きを読む

ボディ・スナッチャーズ(1993年製作の映画)

3.7

昔の映画は面白かったよね!と言えるに値する作品。
でも、思ったほど古い映画でもなかった。たぶん3度目のリメイクだからかな。
この時代にしてはわりと大人しめの映像なんだが、派手な特撮や演出しなくても十分
>>続きを読む

>|