りかよんさんの映画レビュー・感想・評価

りかよん

りかよん

映画(73)
ドラマ(9)
  • List view
  • Grid view

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

1983年の日本はかなり景気が良くて、24時間戦えないと相手にされないほど、ガサツに盛り上がっていた気がする。
その頃の北イタリアはこんなにも美しく、ゆったりと時間が過ぎていたのかと思うと、本当に羨ま
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

-

録画で鑑賞したが、見たとは言えない。
最初の2分も見ていられなかった。
あとは早送りでザクザク見た。
だから、映画についての評価はしない。

原作を読んで、すごいと思った記憶があるのだが、話の筋を良く
>>続きを読む

ラブ×ドック(2017年製作の映画)

2.5

吉田羊かわいいなー。
野村周平も初々しい。

太鼓の達人の使い方なんかうまいなと思う。
それでもやっぱり、B級感漂うなぁ。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

最後の10分まで、くじけるな。

観る方も過大なストレスを受け続け、
もうダメかと思うくらい緊張する。
ホッとさせておいて、
奈落に突き落とす。

とにかく最後の10分まで、耐え抜け!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

さすが、ディズニー。
でも、やっぱりディズニー。
オープニングの切り絵アニメが好き。

嘘八百(2017年製作の映画)

3.5

予定調和になりそうな話だけど、
ラストでしっかり笑わせてくれた。
友近が良かった。

みんな嘘つき🤣

(2017年製作の映画)

4.1

河瀬直美の作品は
ずっと敬遠してきた。
どうしたって
胸が苦しくなるのは
わかっているから。

つい先日、パターソンを見たので、
演技にこれだけの幅があるのかと驚く。
あんな転び方、度胸あるなぁ。
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.7

前編と合わせて5時間。
あっという間だったし、
見終わった後の余韻がすごい。

ボクシングには興味がないし、
バイオレンスは大の苦手。
でも、しっかり見た。

原作読みたい。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.6

舞台は2021年。

今も昔も
若者って、精神構造が変わらない。
菅田将暉とヤンイクチュンの
純粋さが痛々しくも美しい。
片目のユースケサンタマリアは
大人だけど、
決して二人の若者を穢さない。

>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

久しぶりにど真ん中に来ました。

どんどん空気が澄んでいく感じ。
日々なにも代わり映えなくても、
たとえ事件が起こっても、
同じ町で暮らしていく人の
揺るぎないもの。
主人公は常に
無表情なのかと思っ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

綿矢りさ読んだことなかった。
いかんいかん。泣けるじゃん。
こんなおばさんになっても
かすかに残った、
心のピュアなところを
鮮やかに突いてくるんだ。
なんてこと!恐ろしい子…!

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

グレイテスト・ショーマンと
印象がかぶる。
でも楽しかった

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

3.0

あんなにヒットしたのに、観たことなかった。思っていたストーリーとずいぶん違っていて、予告編だけで勝手に脳内でストーリーを作っていた自分がおかしかった。
無人島のシーンがすごく良かったな。

自分が年取
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.4

蒼井優が雑な役を丁寧にやっていて、
本当に笑えた。
山口紗弥加も言動が鼻に付く元妻を
上手に演じていた。
次から次に現れるキャストの
バラエティが幅広くて、
すごく面白いんだけど、
話の内容は予定調和
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

どこをどう切っても
これぞアメリカ。

成功も失敗も、
全て人生。

日本のサーカスとは全く別のもの。

涙のメッセンジャー 14歳の約束(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「戦火の勇気」で戦ったメグライアンが、
この作品では戦場に行った息子の帰りを待つ母の役。

イサカという小さな町にも
戦争は押し寄せて来るし、
人々の命を奪って生活を一変させる。

短い時間に成長する
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

4.1

原作読んでない。


芸の道はやっぱり努力だけでは報われんのかな。

始めの方の、熱海で飲むシーン、
神谷と徳永の掛け合い、
演技が上手すぎて唸った。

結婚(2017年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

貫地谷しほりが、血の通わないお人形さんみたいだなと思ったら、案の定。

詐欺の相方が、ぜんぜん上手くない。

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

後半のあんな絵がいきなり描けるわけないやろ、と思ってしまうわたしってダメかしら。

結局、毒母の話。
母親を振り切って、立ち上がれ。

静かなふたり(2017年製作の映画)

4.1

静か〜
でも情熱とか怒りの熱は
感じたなあ。

新聞の見出しが伏線なんじゃないかと、
考えながら観ていたけど、
結局は、物語の続きを想像させる材料だった気がする。

好き。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.4

有名な話なのに、読んだことも映画を観たこともなかった。
映像は美しいけど、ストーリーは全く頭に入ってこなかった。
ポワロ氏のヒゲがすごい。
ヒゲってあんなになるものなの?

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

感動のムダ遣い。
2時間以上記憶に残らない。
でもめちゃくちゃ笑った。
ちょっと泣いた。

柳楽優弥カッコいい。

セブンス・コンチネント(1989年製作の映画)

3.5

ほとんどストーリーを覚えてないけど、
未消化のままだけど、
怖かったという記憶は鮮明。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

くんちゃんが未来(ミライ)を救う話かと思っていたら、全然違ってた。狭い世界からもう少し抜け出て欲しかったです。

ミライ登場のきっかけが、まったく理解できない。
子どもたちの体つきや動き、思考のあり方
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.9

人生って、この先どうなるかわからないものだから、親は子に幸せになってほしいと願う。
複雑な環境の中に暮らす人たちの、シンプルな願いの詰まった映画。

ちなみに隣で見た友人は、舞台の方がグッときたと言っ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.3

もやっとするテンポもあったけど、
まあまあ楽しく拝見。

男子はのどかでいいなぁと思いながら、
ちょっと泣いた。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

宮沢りえ、立派だな。あんなお母さんになりたいけど、なれないな。
オダギリジョーは、優しすぎてダメ男なんだろうな。

ちえりとチェリー(2015年製作の映画)

4.2

道徳の授業みたいな感じもしたけど、
爽やかな印象。

すぐに忘れる子どもの頃の記憶は、やがてその人の深層心理に潜り込んで、生き方を決定づけていく。

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.8

印象①星野源の背中が汚い。
②大杉漣が怒りすぎ。
③夏帆、演技うまい。

>|