映画を観たよさんの映画レビュー・感想・評価

映画を観たよ

映画を観たよ

映画(144)
ドラマ(0)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

5.0

ピクサーの手腕におどろくばかり。
おもちゃに新しい人生を与え、新しい可能性を見出した。
思い込みを華麗に裏切るストーリー。
きっとボニーは気づかない。
だからこそ、ウッディの選択は胸にくる。

Parasite(英題)(2019年製作の映画)

4.0

最後に無理でしょと思って笑ってしまうあたり、自分に少し嫌気がさした
面白かった。

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

ストーリーに驚きや面白さはなくとも、伝記映画とミュージカル映画の組み合わせがとても効果的だった。
最初の登場や宙に浮くなど、ファンタジックなハッとする演出が何度もあり、これは舞台にした方が向いてるんじ
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.0

シンガポールに住む者からすると、これだけ派手に暴れてくれると、逆に面白くて仕方ない。
ローカルの反応もすごく良くて、みんな大爆笑だった。
正直、意外と入り組んだプロットはあまりりかいできなかったのだが
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

-

私はファンではないしこの漫画を初見なのので評価なし
5分に1回同じネタをやってて驚いた

アラジン(2019年製作の映画)

2.0

個人的にウィルスミスはもっと高いパフォーマンスを期待していたが、意外とテンション低いジーニーで肩透かし
ジャスミンを独立的に描いたものの、彼女の歌う歌だけ浮いてしまっていた
なんかこう、突然PVが始ま
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

英語がわからなくてストーリーを完全に理解できなかったけど、メインは怪獣
畳み掛ける怪獣たちがカッコよくて面白くて、わかりやすくキャラ付けされているのも良かった

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

愛すべき犬映画
前作同様に予定調和だけどこれないい
犬の飼い主を愛する気持ちと健気さがよく出てるなぁほんと

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

時間は取り戻せなかった
その言葉が重かったなぁ

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

上品と言われればそれまでだが、この映画には合っていたのではないかなと
希望的なラストも合わせて余韻の残る映画だった

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

両国にあなたみたいな人がいればいいのに、その言葉を全てを表す映画だった
ハッピーエンドはわかりつつも、その国の民を動かした様と、シャヒーダには涙せずにはいられなかった
意外にもハラハラした展開もテンポ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

派手なことは1つもないけど目が離せなかった
暗雲は立ち込めるが希望が見えるラストは好きだ
日常を淡々と描き、クレオ自身もあまり感情を出す方ではないので、ラスト近くはぐっときてしまった
凝りに凝った音と
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

面白かった
自分はなんのために戦い、そして何者であり続けるのか、クリード自身の今の立場をチャンピョンとして、そして父親として描いていた
熱く、そしてグッとくる展開であるが何よりも、因縁の対決かと思われ
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

2.0

はいはいよかったね、としか思えないような展開
出てくる男がどうしようもなく、耳を貸すことさえ無駄な気がした
確かにメアリーの総てが詰まった映画だが、ハードモードすぎて
エルたんはそんな中でもピュアで美
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

5.0

これは面白い
インド映画は幅広いのに、本当に音楽とともにあるのが気持ちがいい
この時代においてインドの女性の扱いに驚いたが、それと同じくらいにインドの女性を変えた男性がいたことにも驚いた
正直、彼の辿
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

‪アリーは、これ恐らく多くの人が期待してるのとは違う映画なんだろうなーって空気を感じたんだけど、私はこれは有りだった。説明を排除しすぎてて主人公の心情背景すら見えにくいんだけど、ガガ様の説得力がすごく>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.0

ワインが飲みたくなる
ブルゴーニュの一年の景色が美しい
まぁ内容は可もなく不可もなくだが、最後にまたこうやって収穫が始まってって思うと、一年という時の流れを愛おしくも思えた

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

やはりこの世界はワクワクする
魔法の世界をきっちり作り、私たちの知らない世界を見せてくれる
だが、ストーリーとしては余計な複雑さを持ち、なんなら最後に今までのなんだったのさ?って思う、驚きというか、呆
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

なるほどアイデア賞
少しも飽きさせず、つじつま合わせはあるもののきっちり最初の設定で貫き通した
ミステリーとしてきちんとミスリードしてくれる
なかなかの出来で面白かった

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

最後20分にお金出せる
それくらい上がる
本当にかっこよかったし、歌の力がすごかった
あとは普通のバンドものって感じ
だから中だるみしまくるけど、終わり良ければすべて良し

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

当たり前と繰り返しが愛おしく見える映画だった。
ゆったりしていて優しくて、時に辛くて、それでも当たり前に繰り返される毎日と繰り返す動きを大切にしたくなる。
樹木希林はほんとうまいなぁこういう役

教誨師(2018年製作の映画)

4.0

‪大杉漣さんの遺作となった教誨師見た。とても静かで、漣さんの芝居が優しいのだけど、多様な死刑囚前を前にして、彼らの話を聞き、生きる事と死ぬ事をずっと目の前で問いかけれる、色んな感情が揺さぶられる映画だ>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.0

おっこがあまりに自分の運命を受け入れすぎてて、子どもが子どもらしくない描写が多くて辛かった
別に子どもとしてとか強いる訳ではないけど、あんなに両親の幻覚を見るほどの子どもが、強く生きていくのは見ていて
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

圧倒的熱量
韓国民主化については全くの無知であったが、腐敗しきったこの国を変えようと立ち上がる若者たちの気持ちに涙が止まらなかった
あまりにも熱く、怒りをエネルギーとして社会を動かす
国民性でもあるだ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

面白かった
まさにクレイジーリッチな世界
一般人がおよそ検討もつかないところを見せてくる
登場人物も個性豊かで、この短時間で色んな人物を見せてくれたのもよかった
単純にデートムービーとして最高の映画

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

優しい映画だった
プーはいつだって確信をついてくる
大事なものを教えてくれる
それはシンプルで優しい答え
有給休暇につなげるくだりはなるほど!っと

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.0

これはテレビドラマのほうがいいんじゃないかなぁ
話を進めるためとはいえ、妊娠したと言われてえー…となったし、有村架純ちゃんは顔がパンパンだし、ドラマとしてイマイチグッと来ることもなく
制約やプロットは
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

これは
序盤からやらかしたかと思った
実際やらかしていた、最後になってはぁ?だった
繊細で息苦しく、柔らかなのに鮮烈さも感じる
けれども私は朝子を許せない
二つの運命、それはわかる
が、彼女の行きつく
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

生きる力を見せられ、惜しむことなく振り続ける愛を見せられた
主人公はとてつもなく恵まれている

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

なんとも辛い映画か
雪の中を裸足で10キロ
その言葉がこの悲劇の全てを物語っている

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

一夏の冒険
不思議なお姉さんと僕のお話
妙に不思議なことが起こっているのに、それはある意味自然であるとさえ思えるほどに、どこか心地よい謎解き
全てを理論的に受け入れる青山君と、ありのままを受け入れるお
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

2.0

だから長いってー!!!
こんなに小ネタ小ネタ小ネタ小ネタで、わかっている、これが監督のスタンスと作品の世界だとわかっている。だが笑いが合わないとなると、なかなかこんなに辛い映画もないものだ。
見応えあ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

かもなく不可もなく女優たちを楽しむための映画
どうにもテンポが悪く、演出もいまいち
もっと見せ場的に彼女たちを見せてくれても良かったんだけど
ドレス着せて一列でばーん!と並ぶ、くらいは見たかったなぁ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

ストーリーやカーアクションは前作の方が好みでも、それを上回る怒涛のアクションシーンに息をのむばかりだった。
ストーリーに関しては前作との続き物ゆえ、忘れている部分を思い出すことに必死になってしまったこ
>>続きを読む

>|