Buchaikuさんの映画レビュー・感想・評価

Buchaiku

Buchaiku

映画(33)
ドラマ(3)
  • List view
  • Grid view

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.0

死の偽装は、嫌いなテーマ。
身近に起こりうるなら、いいんだけど、
毎回予期せずぶち当たると、そんな簡単に出来るかよって思う反面、きっと起こり得るんだって勝手に期待する。

まあこういう死の偽装のお話で
>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.6

最初、オマーンとオマールを混同して、なんでオマーンにイスラエル軍??とかって思ってたけど、違うじゃんオマーンってこいつの名前や!って途中で気づいた、、。

パレスチナ問題、どうしたら解決できるんだろね
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.0

ホラーだと思って構えてみたけど、大丈夫だった。

エリは来るもの拒まず。オスカーは依存度高くて。

暗に意味されたものは全て知らずにみ終わって、検索して初めて、え?という事実が発覚。

余韻がすごい。

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

5.0

好きだわ〜。
心を落ち着かせて頑張りたい時にまた見たい。

いろんな感情が混ざってる。ちゃんと全部詰め込まれてる。

良い人しか出てないこない。素敵な映画。

ヴァーノンの鼻の押さえ方がツボだった。ビ
>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.0

キャットウーマンかあ。

バッドマンシリーズこれで全部見終わったわけだけど、これはうーん。なんか違う。

バットマン(1989年製作の映画)

3.7

意外とこんな昔の作品って思えなかった。
ジョーカーがシンプル。

スパイダーマンにしろバッドマンにしろ、最初の作品がやっぱり心地良くていいなと感じるのはなんでだろう。見る順番も古い作品があとだったりす
>>続きを読む

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー(2018年製作の映画)

4.2

やっぱりバレエ好き。

私もバレリーナになりたかったなって思う。それがどんなに険しくて辛くて難しくても、好きならいくらでも我慢して頑張れる。

でも、なるためには、自らそれを本気で継続する強く硬い意志
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

3.1

美しかった。と同時に恐怖だった。

予備知識なしで行ったから最初?!?てなった。ここ刑務所?って思ったけどダンスパーティーあるしさらに?!?!となったけど、蹴った似たようなところってわけね。

やっぱ
>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

2.9

何がなんだか分からなすぎた。ライオン何?美容院1人仕上げるのに何時間必要なの?

みんな自分のことで忙しくて仕事できないし相手のことを気にかけたり譲歩する余裕もない、そんな世界。

もうひとりの息子(2012年製作の映画)

3.9

観てよかった。
ユダヤ人である自分が重要だった、そんな目に見えない精神的なものがぽっかりなくなったときの肉体的自分の無力さ。

お互いの息子は、母親にとって、何ヶ月も生まれる前のベベと共に生活し、お腹
>>続きを読む

ニューヨーク 冬物語(2014年製作の映画)

3.1

多分原作を読まないとわけわかめでもったいない映画。ダウントンアビーでシビル役だったあの女の子可愛かった。

運命の人って、出会ってすぐに失ってしまうこともあるのかって思って希望をなくした。

私が今、
>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

3.3

クリスティーナ・コホトヴァちゃんがかっわいい。

あろ〜、ぱね〜

ぼじぇぼじぇ

を覚えた。

いつも遅刻するから、首をちょんぎらなきゃ!

小さくなってぶちゃいく人形に変身するところはホラー。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

映画自体はとても良かった。とても良かった!綺麗だし、あー田舎に住みたいって思った。人間にはこういう景色が必要だしデジタルばっかのバーチャル世界になんて住むべきじゃない(コロナで向かいつつあるが)。だけ>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

2.9

ウディ・アレンの作品。
やっぱりスカッとしないこの感じ。

結局、ボビーとヴォニーは浮気しながら、罪悪感を感じながら生きていくのかな。悲しい人生。

結婚だけは間違えてしたくない。間違えるくらいならし
>>続きを読む

若草物語(1994年製作の映画)

3.7

小説の映画化は細かいところや過程を端折られるから悲しいけど、そのおかげでまた本を読もうと思えた。

ローリーかっこ良すぎね。笑
ジョーもめちゃ美人。

秘密の花園(1993年製作の映画)

4.0

マクゴナガル先生、もう遠目の走り姿でわかるってどゆこと??笑 威力半端ないでしょ笑

子供のみんなかわいい。コリンが可愛すぎる。

小さい頃、本読んで覚えてたのはお花がいっぱいの秘密の花園があって、そ
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

3.0

スパイ自身も誰がスパイなのか知らないし、一番になりたがるし、怖いわー。アンジェリーナジョリーにはマイクと一緒に幸せになって欲しかったわ。

続編がないのが意味わかんない。

ブラス!(1996年製作の映画)

5.0

おそらく4回目の鑑賞。
何度見ても感動するし、音楽って本当に大事だなと思わされる。それと同時に、吹奏楽やブラスバンドをオケの下に位置付ける人の鼻を曲げた気になる。

鉄の女サッチャーが大不況時に行った
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.2

悪いことをすれば自分に返ってくる。当然の報い。

ユダヤ人へ何の偏見もないブルーノにはユダヤのなにが悪いのか、わからない。なにが起きてるのかも、どうして「自分が」外に出られないのかも。

シュムールは
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

ウェスアンダーソンの映画ってほんと可愛い。

てかサム絵がうまい。

私もこういう冒険好きのべーとキャンプ🏕したかったわ。
結局警部ご一家は、あの家の女の子が好きにな設定になったのね。笑

ミニ警部可
>>続きを読む

大いなる遺産(2012年製作の映画)

3.8

ディケンズの原作を読まなければと思わされた。こんなにいい話だとは思ってなかった。
penguin readersにあるか探してみるとするか。

マグウィッチが歯車に飲み込まれた時、ピップがエーベル!っ
>>続きを読む

イタリアは呼んでいる(2014年製作の映画)

3.0

俳優とか映画のセリフがたくさん出てきたけど全然わからなかった、わかったのはバッドマンの部分と、ミッションインポッシブルの最初10分で殺されるっていう笑い。

ザイタリアってわけでなくて(料理は別として
>>続きを読む

ロンドン・リバー(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

見始めた直後からいたたまれない気持ちで、すぐに涙出そうになった。

ママのウスマンへの態度が悪すぎてむかむかしたけど、ちゃんと通じ合えてよかった。
ウスマンどこまでも優しい。
まじで最初、この人が爆破
>>続きを読む

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

3.9

好き!って思った!
キャサリンドヌーヴに気品を感じた笑笑

歳をとってもあんな風に生き生きとしたいな。
すごい躍進だけど笑。
自分を生きるって素晴らしいね。

あと、ローランデザインの傘が素敵。

わたしはロランス(2012年製作の映画)

2.7

双方ともに要求しすぎてる。

もちろん人の人生は一度きり。だから貪欲に生きるんだろうけど。

でも、フレッドの鬱病だったり流産はそれだけロランスが好きだからだよね。なんか従来の男女の関係とあまり変わら
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

2.8

AmazonのWatchリスト消化!
あまり好きじゃないやつだなぁ〜とか思ってたけど、最後にギャフンと言わせてたことがわかって結構気に入った。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

またまたコリンファース。

難解だった。良かったけど、初見は辛いかな。
解説ググったらめちゃんこ長くて寝落ちした。

シングルマン(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

コリンファースがおっしゃれ。
ニコラスホルトもマシューグードもかっこいい。

大切な人に先にゆかれて、自分の人生の意味を見出せなくなった時、最後に自分を救ってくれて幸せな気持ちで天に登れたのなら、とて
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.6

なんとなく敬遠してたけど、やっとこさ鑑賞。
どう考えても非現実的なストーリー。

ノッティングヒルってこれのせいで本屋さんのイメージなのかな?

でもノッティングヒル、綺麗だった。住みたい。

プリンス ~英国王室 もうひとつの秘密~(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョニー可愛い!ちっちゃい時も大きくなっても。

自閉症の割にきちんとコミュニケーションが取れてたように思えたけど、これは王室への配慮なのかな?

ラッパ吹き鳴らしたの感動は🥺って感じ。
とてもよいド
>>続きを読む

ジェイン・オースティンの読書会(2007年製作の映画)

2.4

イギリス英語が聞けると思い込んで鑑賞。ところが全てアメリカン。

オースティンは好きだけど、この映画はうーん。あのフランスかぶれ女は気に食わない。

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

4.0


コリンファース見たさに鑑賞。
しかしコリンファースあまり喋らず。
スカーレットヨハンソンがフェルメールの絵にしか見えなかった。美しかった。

オランダの17世期って感じ。街とか橋とか、川とか、あのジ
>>続きを読む