bunrokuさんの映画レビュー・感想・評価

bunroku

bunroku

映画館で120本/年。どんなに頑張っても超えられない壁がある。仕事もあるし。アルコール控えたらええんやろけど。2017/12/31に酒の勢いでメンバー登録。

映画(79)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

追想(2018年製作の映画)

3.5

むかし似たような経験があったような、なかったような。で、心の深いところに遠くから響いてくる夜汽車の汽笛のような切なさを感じて加点。異様に美しい景色や、なんだか変な切り返しが印象的。男女それぞれの家族関>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

これはたぶん凄い映画だと思う。断定できないのは前半けっこうコテコテに寝てしまったからで、雪の白さはどうも僕には催眠的に働くみたい。むかし女狐というタイトルだったかの映画で、オープニングの雪のシーンで寝>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

ここまでやられたら文句のつけようもありません。ただ崖っぷちで延々と戦い続けるのだけは止めていただきたい。高所恐怖の私としては、怖くて怖くて、手のひらは汗まみれ!!

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.0

雛人形を片付けるのが一日遅れたら婚期が一年遅れてしまうとかでのドタバタには呆れ果てた。なんでこんなドタバタに付き合わねばならないのか。僕はほんと久しぶりに途中退席したくなった。でも何日か経って思い返し>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.0

思いの強さに圧倒される。強すぎて盛りすぎて長すぎるけど、それは仕方ない。アナキストも自警団も男はみんな大義にすがっての力の誇示でしかなく、大地にどっしりとシコを踏む女相撲には力負け。村や町を練り歩く女>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

やっぱり恐竜は自然のなかでこそ映える。後半、密室のなかでの狭苦しい展開になってしまい残念。太陽の光を浴びて欲しかった。それにしても凄い結末でびっくり。続編はどうなるんだろう。

心と体と(2017年製作の映画)

3.5

夢を見てもほとんど忘れてしまう僕としては気持ちを寄せにくい物語設定ではあったけど、夢のシーンはきれいだったし、こんな風に寄り添いあえる人と夢のなかで出会うことができればなあ、なんて祈る純情もまだ枯れき>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

とんでもなく面白い。現代美術やそれを持ち上げるキュレーターへの愛のあるおちょくり、スリ被害に端を発する笑いと恐怖の展開、浮気の相手とのゴム合戦やその後の難詰。いくつものエピソードが重層し、芸術や愛や差>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.0

いい加減な英会話教室、いささか問題のあるヒロイン、葛藤のある姉妹関係。考えてみればちゃんとした人物が一人も出てこないブラックな物語。よく設定され、よく計算された物語だとは思うのだけど、なぜだか乗れなか>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これがどうしてこんなにも評価されているのか僕にはまったく分からない。まずもって状況設定に虫酸が走る。家は多分お金持ち。父はヘレニズムの男性裸体彫刻を研究している。そんなもんで食えるのか。家の中には至る>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

ま、いいんだけど、お話のためのお話だなあ。取り巻く親たちも、ま、そういう設定ですね、という大人たちで。別にリアリティを求めるわけではないけれど、あ、そういうふうに設定されてたんですね、で終わってしまう>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

やや作為が目立つがやはり感動。最後に流れる歌では泣いてしまった。死をめぐる幾層ものエピソード。何年後かにまた見たい。おそらくはまた違った感慨があるはずだ。カフェオレとブラディマリーで人は生きていける。>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

自分勝手なスピルバーグ2本立ての2本目。これにはびっくらこいた。先のペンタゴンで老いを感じたスピルバーグがとんでもなく子供返りしているではないか。VRがテーマのようで、その可能性と限界への警鐘というの>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

自分勝手にスピルバーグ2本立て。時間の都合で2館をハシゴ。まずはこれ。しかしなんでこうなってしまうのか、大人向けの政治的な側面のある映画では「映像の魔術師」の魔術を封印しないといけないのか、独創性や躍>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

これは作り手にとって難易度のかなり高い映画だったんだろうなとつくづく思う。限られた空間、沢山の登場人物、列車のスピード感、時間に追われる緊迫感、その中で事件の背景を少しずつ解き明かしていかねばならない>>続きを読む

>|