るかさんの映画レビュー・感想・評価

るか

るか

映画(219)
ドラマ(5)

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

2.8

色彩感はさすがだったけど、何も自分にはハマらなかった。
重々ストーリー、赤青フラッシュ、不協和音サイレン、ぐるぐるカメラワークに酔ってしまった。

前半のストーリー本当に重苦しいんだけど、妹の話に移行
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

追われるシーンの撮り方結構好きだったなあ。
全然前知識なかったけどちょっと切なさあるキャラクターだった。
そして最後に他の作品との繋がり出されたら観るか...ってなっちゃう。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.3

大好きだった〜!!!
青春真っ只中な感じと差別に関する内容の配分も重苦しくなくて絶妙...
家族との揉め事はボヘラプっぽくて、音楽に出会って青春変わるのはシングストリートっぽいかも??

あそこまでオ
>>続きを読む

ボー・ピープはどこに?(2020年製作の映画)

4.0

おもちゃの質感とかほんとすごいよディズニー😂
そらボー逞しくなるわなって感じでもう一回4観たくなった。

ムーラン(1998年製作の映画)

3.5

実写化の予習!
ディズニーが描くアジアはなんか新鮮〜!
男らしさ、女らしさの枠を出て自分の信念を貫くムーランがとってもかっこよかった!

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

後3回くらい観ないと点数もつけれないし感想も書けない。どうしてこんなにボロボロ泣いたのかもわからない。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

好き。面白かったというより、私これ好きだっていう感じだった。
色彩感もアニメーションもとても好き。
わかったようなわからないような、でも日常にありそうなファンタジーが森見さんらしい。

ませてるけど主
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.8

東西ドイツ時代のこともう少し調べてから観ればよかったなあと思う。
まさか2分間の黙祷が大事になるなんて恐ろしい。
子供でもなく大人でもないがゆえに、自分たちの意志と大人の考えとで揺らぎ、彼らが選んだ未
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.3

シャラメ観たさだったけど色彩感とても好き〜!
しかし思ってたより暗い話だったな...
一夏のというにはちょいとヘビーすぎる...

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

ダイナーの時と観るスタンスは変わらないけど、小栗旬の太宰は色気がだだ漏れ...
3人の女も三者三様になかなかクレイジー...
沢尻エリカメンタルが1番ハッピーなんだろうなあ。

病んでいく二階堂ふみの
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.4

思ってた以上にSF、思ってた以上に頭使う。
感想で内容に触れられない系。
最初はアニメーションにちょっと違和感あったけど慣れたかな〜。
絵はとても綺麗で京都に思い入れのある人はそれだけで楽しいと思う。
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

私は圧倒的ニナミカ信者なので世界観に点数をつける...
ニナミカさんの作品好きになるきっかけもメキシコの写真だったからグアナファトは言ってみたい都市の一つだよなあ🇲🇽

ストーリーは大筋楽しめたけど細
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.2

「恋は要らないの、欲しいのは尊重されること」
名言の宝庫だな...
結婚式のスピーチはもう一回みたい...

女性として、人としての強さ、勇気にすごく励まされる作品だった。
言葉が違っても、聴こうとし
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

3.4

さくっと観れるインド映画。
ちなみに歌ったり踊ったりはなし。
スラム街の兄弟がピザを食べるためにあの手この手で頑張る姿が可愛くて、くすくす笑える。
貧富の差から社会問題に話が大きくなっていくの意外な展
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.5

お勉強はできるけど不器用なキャリーがセラピストに与えられたリストを通して成長していくお話。
人間関係も失敗から学ぶことは沢山あって時にはぶつかってみるの大事よなぁ。
本を返さない人は本当にダメだと思う
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

映画館で観たらど迫力だっただろうなあ...
所々ストーリー難しくて理解できてないところあるからもう一回観たい。

まさにSFって感じなんだけど、愛についてもしっかり描かれているから結構内容盛りだくさん
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.3

いつ観ても最高としか言いようがない...
ストーリー夢だらけ、伏線バリバリで面白い、最後まで勢い良くて飽きない。
パパとママくっついて一回ピークきた後、ドタバタハラハラの中で未来へ帰るとこまで思わず見
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.4

高所恐怖症の人は死ぬ映画。
映画館でみたらど迫力だっただろうなあ。
主役2人の演技安定に素晴らしいし博士と彼女のセオリーも再鑑賞したい。
演技と空の上の映像美は拍手って感じやけど、アメリアの勇敢さあり
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.3

結局いつ観ても1が好きだなあ。
強引な流れだなぁって思うところあるし、夫婦にいらっとするし。
2ヶ月あの島で生きていけるエリックまじ何者なん、生命力の権化。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.0

1と比べてしまうから??
恐竜でてくるハラハラドキドキはあったけど、登場人物にもストーリーにもあんまり面白さを感じられなかった...

GO(2001年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃかっこええええ!!
窪塚&柴崎みんな好きになるでしょこれ...
恋愛についての話ってナレーションがあるからそのつもりで見てるけど、差別や夫婦愛、親子愛、友人の死とかいろんな要素があっていい
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.8

昔観たなあ、懐かしい場所が舞台だしなあと思って再鑑賞したらエモさと切なさで大爆死した。
ストーリーほんとよく練られてるよなぁ...
観たことあるからこそ、最初の半分くらいのただ幸せなシーンでさえ泣けて
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.8

学生の頃授業で観て以来の再鑑賞。
精神疾患は原因とか症状とか、外からははっきりと分からないから本人も家族も接し方含め苦しいだろうなあ...
電気痙攣療法とか考えただけで見たくない。

「人は皆、過去に
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.2

地震や津波のCG凄すぎて南海トラフへの危機感急上昇。
ビル倒れていくのとか、地面が波打つのとか怖すぎる。
その映像の凄さに比べて内容薄いから途中からちょっと飽きてしまった。
パパ不死身すぎん??史上最
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

なにか起こる映画ではないんだけど、たまに観たくなる。
日本人の生活っていいなあ、鎌倉いいなあってほっこりするし、4姉妹がほんとの姉妹みたいに自然であったかくてほっこりするんだよな。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.7

監督が変わってまたちょっと描写が変わったよねの第5作。
ルーナがとても好きだから映画でもいい味だしてて嬉しいし、ただのファンだった女の子が作品に出るっていうのも夢がある。

1番の見どころは魔法省での
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

2も変わらず楽しかった〜!!
本当にずっとテンポ良いし伏線回収されていくのも1と変わらずでとても良かった!
前回以上にハートウォーミングでちびっ子みんな観ような!!

移動遊園地とか街並みはもちろん、
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.6

とうとう恐怖の時代に突入する炎のゴブレット。
最初から最後まで暗い感じが漂う。
映像のトーンもひたすら暗め。
やっぱり上下巻を一本の映画にとなると省かれるとことか浅くなっちゃうところが多くて、原作読ん
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.0

ストーリーとして(?)よりも映画の描写とかがアズカバンはすっっごく好き!!
冒頭のルーモスのシーンは思いっきり魔法使ってますけど?って毎回突っ込みたくなるけど。

シリーズを通して1〜2,3,4,5〜
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

ブレイク・ライブリー見たさに選んだけど怖かった...心臓痛かった...
最初は海綺麗〜!!きらきら〜!!お洒落〜!!
とか思ってたら容赦ない。
怖いの普段観ないからサメ系映画も初めて観たし、比較はでき
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.9

秘密の部屋はコンスタントに事件起きるから飽きないし、ラストにも絡んでくる壮大な伏線張ってるところが大好き。
JKローリングの頭はどうなってるんだろうね。
リドルの日記、秘密の部屋、バジリスクは6〜7で
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.3

自分じゃまず選ばないけどテレビでやってたから観てみた。
感動的なのはわかるけどあんまり刺さらなかったなあ。
世界には色が沢山あるんだなあって気付かせてくれるような印象的なシーンはちょこちょこあって、『
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.8

Blu-ray買い直したことだし、シリーズ通しで観る試み。
ここから深い深い沼に足を踏み入れた小学校入るか入らないかくらいの私...。
伯母と観に行ってそのまま伯母の家にある原作、平仮名しか読めないの
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.8

中学生の時友達が教えてくれて観たなあと思いながらの金ロー。
王道コメディで音楽パワフルだから元気出るよな〜〜〜。
1人の影響で組織とか集団が変わっていったり、古いところに新しいものが入ることで受け入れ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

opもedもよく聴いてるのに映画観てなかったなあと思い鑑賞。
終始キラキラしてまさに雨上がりだ。
主人公の気持ちをストレートに伝える真っ直ぐさ、不器用さ、若さが“走り”にも現れていて、小松菜奈なら走る
>>続きを読む

>|