とぅーさんの映画レビュー・感想・評価

とぅー

とぅー

  • List view
  • Grid view

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.1

2017.12.7

想像を遥かに超えてきた。とんでもなくぶっとんだ映画だった。冒頭の自転車を乗り回すシーンとかスタジオで若者たちが盛り上がっているシーンとか音楽がいいので、こちらの気分も上がって楽し
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

2017.11.1

軽い気持ちで鑑賞したのが逆によかったかもしれない。予告もろくに見ていなかったので、フレッシュな状態で観れた。
終始、気味が悪くどう展開していくのかと思って観てたが、本当にただただ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

2017.9.29

とりあえず言えることは鑑賞後すぐには咀嚼しきれなかったと思う。結局何が正解なのか、何を伝えたかったのかわからないまま気付いたらエンドロールに入っていた。福山演じる重盛と同じように
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.9

2017.9.28

話はいたってシンプルでよくありそうな展開だし、えー都合よすぎるよって思うところもあったけど、それでも感動した。
喋らない順に母親が不満をぶつけるシーンは切なくて、悲しくて。坂上く
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.7

2017.9.26

あの限られた空間だけだからこそ次の展開がどうなるのか気になったし、どうなるのかを考えながら観るのが楽しかった。飽きてしまいそうな初期設定にもかかわらず、最後まで緊迫感が途切れるこ
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.4

2017.9.7

ポスターのデザインに惹かれて鑑賞。ユダヤ人迫害のあった時代に子供たちだけで何とかして逃亡したという重い内容。
一番年上のファニーが13歳だから他の子は物心すらついてないかもしれない
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

2017.9.5

IMAX
映像はもちろん音響でこんなにもIMAXを感じたのは初だった。音というかもはや振動が体中に伝わってくる。映画を観たというよりかは体験したと表現したほうが正しいと思う。台詞
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

2017.7.25

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」
このタイトルの意味を自分なりに解釈してみた。
夜空は渋谷新宿のような街のことで最高密度というのは雑踏、ビル群、夜でも消えることのない灯をもろも
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

2017.7.25

ここで、普通という言葉をあまり使いたくはないが、あえて使うならジェイミーは普通の15歳が経験し得ないような日常を送っている。そして、映画化している以上それはいい思い出として本人に
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.7

2017.7.12

喋らなくても演技が成り立つというのは本当に難しいと思うのだが、ゴズリングとキャリーマリガンは普通にやってのけてしまう。口数の少ない役だからこそ言葉を発するときの声のトーンだとか声
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.1

2017.7.6

真実だとはとても思えない。マーカスが生還したのは本当に奇跡だと思った。

まるで自分がそこにいるかのような緊迫感がひしひしと伝わってくる。村人を解放するか否かでもめる4人の中にもい
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

2017.7.3

邦画で2時間をこんなにあっという間に感じたのは久しぶりだった。テンポがよくて、先の展開が気になる。それでいて、ここの説明雑じゃない?みたいな設定の不備もなかった。だから結末もスッと
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.4

2017.6.29

原作を読んだときに頭の中に浮かんでいたイメージとほぼ変わらない映像だったので、なんか感動した。ただ、映画しか観ていない人には設定の説明が足りないように感じる。

>|