あむさんの映画レビュー・感想・評価

あむ

あむ

ジャンル問わず。

映画(377)
ドラマ(0)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

2018年上半期 1番好きな作品になった
鮮やかで可愛くて無邪気な日常が現状の厳しさと対照していた
どうしてもディズニーの近くで見たくてイクスピアリで観ると決めていた

貧乏で毎日生きるのもギリギリな
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

5.0

よかった!
福田監督がリメイクすると知ったのでオリジナルを鑑賞

最初から最後までよかった
後遺症が残ったからといって不幸が前提の話じゃなかった。
お父さんと弟はルーシーを傷付けないように事故の日を毎
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

好きな作品になった
こういう学生時代の日常に奮闘する女の子の作品が大好き

自分を良く見せようとしたり、小さな嘘が大きくなってしまったり、母親の意見と合わないけど成長するとわかってくるし大切にされてい
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.8

見たかった映画だったので見れてよかった
実際起こった事件だと思うと気が強いとはいえどトーニャが気の毒だと思った

私自身、スポーツ選手は“親が子供に才能を与えるチャンスを与えるものだ”と思っていたため
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.0

2から見てしまったけど楽しめた。
クマも人並みに差別をされていたため、ある意味人間として扱われているなと思った

パディントンが温かい家族のところに滞在できてよかった
私が知ってるどのクマよりも性格が
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

歌も全体の映像も素晴らしかった!
ひとりひとりの芸を見せるのではなく同時に各々がサーカスのシーンを作っているため、飽きずに魅力的なショーであることが短時間で伝わった

でも、主人公が絵に描いたようなダ
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.0

原作を知ってたため鑑賞

わかっていたけどひたすら悲鳴をあげながら鑑賞してた笑
中盤から早い段階で復讐に入ったので残虐シーンが長く続いた

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

期待してただけに残念

大勢の前で運営の2人が本当に全てをさらけ出してシェアできるのか?という正体バラしがオチだったけど、もう少しこの中身を明確にして欲しかった。

内容がうっすい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2時間以上の長い映画だったけど最後までめっちゃ楽しかった。

色々な元ネタがあったと思うのですが、私的に1番嬉しかったのは500日のサマーで使われているYou Make My Dreams Come
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

ジュマンジが好きで楽しみにしてた
ボードゲームなんかやらないよと言われてしまった昔のボードゲームジュマンジがなんかしょんぼりしているように感じて、時代の変化を感じました
所々、ジュマンジの駒になってい
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

カラフルでよかった。
登場人物の関係性が読めたっちゃ読めた

同時上映のアナ雪も良かった

後妻業の女(2016年製作の映画)

4.0

面白かった!

大竹しのぶの悪魔のような内面をサッと隠す皮、切り替えがめちゃくちゃに良かった。最後まで小夜子は天性の悪女なのだ。

豊川悦司は小心者の悪党、最後まで頭が切れたら面白くなかったかもしれな
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

1.8

真剣なのはわかるんだけどギャグに見えて笑った

怒り(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりに面白い邦画だった

宮崎あおいが愛子にしか見えなかった。
本当にみんな幸せなってほしいとしか言えない...

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

3.0

カーペットでピクニックシーンが好き

人は身なりや見かけが大事なのはしょうがないことだと思う 自分も気をつけないと。

どろろ(2007年製作の映画)

3.3

最後の百鬼丸の笑顔に100点あげる
漫画も欲しくなった

子宮に沈める(2013年製作の映画)

-

どんなに育児放置されても、この子たちの中ではママの存在がずっと1番で最後まで大好きなママだったと思う。

もちろん育児放棄した母親に怒りを覚えるのはわかる、でもこの映画は母親がやったことに焦点を当てて
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

あえて遠くから人物を写したり、場面の切り替えを素早くする、カメラワークがとても良かった

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.8

わたわたしてるジャンレノが面白かった。
思いがけず好きな作品。

まぁ登場人物が勝手気まますぎてびっくり。

日本大好きじゃん笑

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

CGのアニメーションとは思えないほどキャラクターの表情が豊か。何年か前にメイキングの動画だけ上がっていたのでそこから注目していた作品がついに日本にも上陸してくれました。

少年の空想世界と現実世界の区
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サクセスストーリーは嫌いじゃない。
大学に入ってから努力しないと卒業できない、というのが日本と海外の違いと聞いていたため、日本だったら難しい大学に入るまでの過程に力を注ぐだろうけどそこはサラッと合格。
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

日本語広告の煽りから「小さくなってみたもののどうする!?」というコメディ映画を連想させてしまうため思っていたよりは...という感想が多いように思う

「小さくなって実は不自由な事が判明した!」とか「誰
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

4.0

映像が可愛くてよかった
レビューで観たとおり多々わからないところもあったけど、全部カバーできるくらい雰囲気も姉妹の人魚も好き

グロが好きとかホラー、童話の人魚姫以上を期待してる人は違うかも

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.2

流石に希子は来なかったからよかった、吉川こずえにSUMIREは本当に合ってて嬉しくなった

こんなに色々な人の色々な感情が混沌とした内容なのにエンディングは軽快な音楽にアンバランスさと怖さを感じた
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.5

綾瀬はるかじゃなかったら誰も見に来てないし、話題にもならなかったような内容だったけど、最後は泣いた
中盤は少し退屈でした。

いくら衣装が昭和でも本田翼が着ると平成風昭和に見えてしまうためなんとなく違
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・チワワ(2008年製作の映画)

3.0

ディズニーの面白い映画が観たくて鑑賞
10年前の映画のためCGに不安があったけど滑らかな映像に違和感がなかった

撮影にめちゃくちゃ時間かかっただろうなと思うと涙が出る
どのわんちゃんもキュート

>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

マークウェブ監督だったので鑑賞
500日のサマーの印象的な挿入歌がたくさん入っててMVみたいなのを想像したけど違った。

基本的に裁判シーンが多く、保護者たちサイドがこの子の未来をどうするかを真剣に考
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

黄泉の世界へ笑顔で去る、という決心が緩いでしまった時の高畑充希の泣き出し方が本当に良かった。
こういう展開で綺麗に泣こうとする人多いなと思うけど、思わず泣いてしまった感じがリアルだった。

エンディン
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.5

原作など他何も知識なく見た。
犯人に同情しつつも、私は慈善に溢れる人間ではないので“被害者”を殺してゆく回想シーンで笑ってしまった
こんなことありますか

スターウォーズ見たばっかだったので、レイが出
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.5

ラストはモラル的にどうかと思ってしまったけど、フィクションだと思えば許せる。
あずみとお母ちゃんの最期の会話で泣いた。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

見所がありすぎた。
ファンが喜ぶように同窓会のような。
映像がとても綺麗で、また今まで以上に笑える場面が多く戦争ということを一瞬忘れられるような和やかな部分もあった。
しかし今回もシビアな戦いで、反乱
>>続きを読む

>|