あやなさんの映画レビュー・感想・評価

あやな

あやな

ばやしこです。
ミュージカルとロマコメと文学に弱いです。

映画(1038)
ドラマ(28)

ジャズ大名(1986年製作の映画)

4.0

これはすげーや。
十分ネタ映画なんだけど、ジャズとええじゃないか、南北戦争と幕末を掛け合わせていく力技、それをテンポの良い編集や色彩で彩る手法の強さたるや。

真田十勇士(2016年製作の映画)

1.6

やばいなこの映画。堤監督の感性がアップデートされることなく、ただ朽ちて行くのを見せつけられる悲しい映画。
割とスタンスとかはコメディ臭いのに、モンティパイソンの『ホーリーグレイル』みたいに振り切った笑
>>続きを読む

さらば箱舟(1982年製作の映画)

3.5

山崎努めちゃくちゃかっこいいな。うちの母親がファンなのも納得。
寺山的には観やすい!それが寺山的に良いのか、とか『百年の孤独』の映画化として良いのかはよく分からないけれど。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

試写会にて。
極上の恋愛映画ですね。
夏の日差しに反射する川の水とか、果実の生い茂る木漏れ日とか、自然の描写が美しくて、これは撮影も大変だったろうなぁ……。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

マクドナー、さすがに言葉の使い方が上手い。手持ちアップのドキュメンタリー風な臨場感も良いけど、一番は脚本の秀逸さと役者の良さ。
ただ怒鳴る、とか、怒る、とかそういうことではなく、言葉一つ一つが洗練され
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.7

午後ローで観ると午後ロー的楽しさって軸で観てしまうから必然的に点は上がりますね……
元々女優陣が好きだったので、ファッションとメイクが最高でした!!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

これはめちゃくちゃ良いですよ!!
確かにショーマンの半生というテーマは30〜50年代ミュージカルみたいなんだけど、アンチブックミュージカル!=スペクタクルミュージカル!というゴリゴリのミュージカル界の
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.3

初日に観た!描きこみが少ない中で丁寧に子供たちの心情や大人の接し方が描かれる秀作。

誘惑のアフロディーテ(1995年製作の映画)

3.7

これは面白いウディ・アレン!
ギリシャ劇のコロスを登場させるのが面白いし、超現実のものが登場しているのに相変わらず登場人物はすれ違い続けるし、強引な大団円と謎のラストソングも良い。

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.4

つまらないほどじゃないけど傑作じゃないんだよなぁ。
『カフェソサエティ』とこれと作るならその労力を1本に費やせばいいのに。

恋の罪(2011年製作の映画)

2.4

下世話な感情で『グロテスク』と同じモチーフなら、と思ってみたのにとても残念な感じだった。これはコメディ映画と思わないときついな。
冨樫真のキャラの強さはよかった!

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.5

一度ではわからない部分がたくさんあって、考察厨が湧きそうなタイプの映画。硬質な絵がよかった。

ちいさな哲学者たち(2010年製作の映画)

-

高校時代に哲学カフェってのに参加してた。その関連で随分前に観ていたんだけど、同じメソッドでこんな小さな子でもそれぞれしっかり考えていてただただ感心。

好きになるその瞬間を。 告白実行委員会(2016年製作の映画)

2.7

そうじゃないんだよな、そういう少女漫画を求めてるんじゃないんだよな。欲しいのはキャラと状況であって下手な物語じゃない。
とにかくドラッグ感が足りない!!!

ずっと前から好きでした。告白実行委員会(2016年製作の映画)

-

はぁ……なんですかこのドラッグ映画は。動いてるよ、喋ってるよ。1時間ハニワ以上でも以下でもないハニワの世界だけを頭空っぽにして浴びる魔界。
なんつうかもう恋したい以外の感情が浮かばない麻薬だわ。これは
>>続きを読む

ハワーズ・エンド(1992年製作の映画)

3.7

割とバッサバッサと場面が転換するから情緒面が弱かったかなぁ。
とはいえ明るくないオースティンみたいで面白かったですけどね。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.5

どうして説教臭い感じの、エピソードのダイジェスト映画になってしまったのだろう。キャシーとルースの関係性がおざなりになってたのがもったいなかった。
退屈はしないけど、かなり残念な出来栄え。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

徹底して虚無だ……(褒めてます)
相変わらず人は死ぬんだけど(これはもはやネタバレでもないね)、それが無痛なのよね。悼みが一切失われた空間。小道具や衣装みたいな、物語にもキャラクターにも関係ない、言わ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

アクションシーンの演出バキバキじゃん!!!
でもなーんでトムヒの声が平川大輔じゃねーんだよ!!!!おいっ、ファンを舐めるのも大概にしろ。ほぼ専属なのにやらせないとか本当に頭おかしいんじゃないの?

日の名残り(1993年製作の映画)

3.8

原作が良いのでね、あまり期待していなかったけれど重厚で面白かった。壁紙の色と階段の上から見下ろすような画角がよかったな。

>|