じぇんなーさんの映画レビュー・感想・評価

じぇんなー

じぇんなー

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.4

完璧な日を仕上げる攻略集
失敗を繰りした挙句悟り
余裕の有る大人になる

謎の邦題
グラウンドホッグデーを消して
デジャブを強調

良い和訳
Morons, your bus is leaving
>>続きを読む

レディ in ホワイト(2018年製作の映画)

2.9

色々現実味のないドラマだけど
吉本実憂の面白い演技が見どころ

それにしても男子のぶっ飛んだ新人は
本当に無理






会社の若い子も人のことナメすぎ
評価してくれる部長クラスにだけぺこぺこして、
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.4

ウェスアンダーソン監督の作品は
やはりシュールで撮り方も似ている感じ
犬が島を見た後特にそう思う

真顔で速読セリフ
並べて棒立ち
回転してセリフを並べる

エンドロールの曲めっちゃ好きだな
フルート
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

僕の名前はテツオ

音楽が特徴的
青いおばさんが好き

小さい頃見ていれば今響くだろうな

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

Y氏と鑑賞、センス良すぎ

娘を守るために自己犠牲して牧師に肉体を捧げようとする母親
セックスを拒む牧師のセリフ
「神には別の計画がある」
思わず笑ってしまった

サイコパス宗教映画で笑えないのに
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

歴代スパイダーマンが集まるのは熱い
自由の女神がキャプテンアメリカの盾を持っている
期待しなければ失望もしない
死ぬ時は死ぬ
大いなる力は大いなる責任が伴う
You’re “amazing”アメイジン
>>続きを読む

物置のピアノ(2012年製作の映画)

3.2

桃栗三年柿八年
桃が大きくなるのを見て
50年も飽きない

姉妹二人でピアノを弾いた時
鍵盤叩いて音が響かなかったあのピアノが
直ったのか、それともおじいちゃんとお父さんとお母さんが二人の姿を見て足を
>>続きを読む

理由なき反抗(1955年製作の映画)

3.8

グリフィス天文台
映画の60年後に訪れても美しい
もっとはやく出会いたかった映画

ジェイムズのダメ親父とクソ頑固オカン
何かがあると引っ越して逃げる
最後ダメ親父が父になった、オカン微笑む

ジュデ
>>続きを読む

FLARE フレア(2014年製作の映画)

2.5

いろんな言語が飛び交わって
通訳なしでどう成り立ったの

谷村美月目当てで鑑賞
また変な役をやりやがって

自称円斉様、また不思議な神社との
エセ侍写真撮ってもらう

最後はフランス人追いかけたのやめ
>>続きを読む

乱世備忘 僕らの雨傘運動(2016年製作の映画)

-

香港大学の学生曰く、「どうして警察は冷酷でいられるかわからない」

理想を持つロマンチスト

一人の共通の敵すら出来れば
みんなが団結する

暴動は欲望のぶつけ合いにすぎない



途中で見る気を失っ
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.1

悪だけども友情物語
The whole country is hustling
お金をばら撒く側か踊る側




そして今夜も眠れない

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

3.5

エレベーター係り
私は20秒会話が得意だ

ダイアナ妃、マイケルジャクソン、スティーブ・ジョブズが同時にエレベーターに乗った逸話が面白い
ダイアナ妃がビートイットを歌い出す

トーマス・カーライル
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

受けて立つ勇気
不満に思っていても、
流石に職場で揉め事を起こす勇気ない😂

エンピンガーオ!
キューバサンド作ってみたい😭

「パパは立派ではない。
いい夫でもない、いい父親でもない。
だが、料理は
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

3.8

「近代的な建物が規則正しく並んでいる光景は、まるでヨーロッパの街並みみたい。」
団地の宣伝広告。そんな籠ってもいない感情を溢れ出そうとしてたアナウンサーの声に思わず吐き気が出る

町田市

団地に出ら
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.4

「おれはおまえの兄ちゃんだ。なんかあったら俺に言え。」

大学の時伊東豊雄さんの仮設住宅の設計を知った
対面の窓、コミュニティの場、みんなの家
住まいの面で配慮できても
解決できないことはどうしてもあ
>>続きを読む

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

4.0

製作側と俳優全員の素晴らしい努力、共感力と人柄なしでは成し遂げない10年間

子供たちもそうだし
孤独な大人たちにも夢を与えてくれて
本当にありがとう

ずっとロンの俳優が好き
老けても結石ができても
>>続きを読む

コドモのコドモ(2008年製作の映画)

3.5

谷村美月目当てで鑑賞
評価低いようだが個人的に良かった

クラスメイト全員いい子

みつおのお父さんより
赤ちゃんはお母さんを苦しませるために生まれてくるわけじゃない。自分も出てこようとして必死なんだ
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.4

LA
若い時のウィノナの顔
ケンダルジェンナーかと思った

ポパイ哲学
I am what I am and that’s all that I am.おれはおれで,だからおれなんだ

世の中が憧れる
>>続きを読む

ラスト・クルーズ(2021年製作の映画)

3.2

来る日も来る日も
島国という大きいなDPに閉じ込まれたまま
978日目

眠れない夜
不安が募る
兵士と姫の99日目の物語を思い出す度に
声を出さずに泣いた

そこにいた男(2020年製作の映画)

3.1

こんな吹雪の日に孤独すぎる映画を見てしまった

これが究極の純愛ではないはず

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.1

ささくれだったのが丸くなる

普通は容易く壊れる
戻れば良い


自分の中で上位に入る青春映画だった
山田裕貴坊ちゃん役似合ってる😂

スイートリトルライズ(2010年製作の映画)

2.0

「人間生きてるうちにお化けよ」

by ビンゴの飼い主おばさん






Y氏のナレーションがなかったら退屈だった😂

ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

サボテンのいっぱいある砂漠を去った
大統領がいた

アイスと雨音(2017年製作の映画)

2.0

劇場で主人公が弟に言った
私たちは自意識のある宇宙

サウルの息子(2015年製作の映画)

2.6

サウルがユダヤ教義を守ろうとした
背中からの撮影、シーンが終始暗い
しんどかった

最後に見えた息子の幻想が
逃されて森に消えていく




今気づいたのが、映画はエネルギーを与えるものが多いけど奪う
>>続きを読む

死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実(2010年製作の映画)

3.2

法改正に挑戦して失敗した男
強硬な手段が悲劇を招いた

母の死への無力から生まれた意志
人は選ぶ権利を持っているのか
Mercy murder とmurderの線引きはどこにあるのか


フランケンシ
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.4

Kちゃんと鑑賞
主人公の表情豊かな表現に爆笑
顔芸を満喫させて頂きました





今日読んだ本にこういう文があった
「どこから手をつけていいのか途方に暮れるような困難で複雑な時代に、そんな社会を色濃
>>続きを読む

陳腐な男(2018年製作の映画)

3.0

彼は何も考えずに
与えられた虐殺の仕事を
しているだけ

提報者 ES細胞捏造事件(2014年製作の映画)

3.4

スカッと
1人のプロデューサーが竜巻を起こした
後輩の女の子と2人は間違いなくエース級

社会的地位は放っておき
自分の仕事を全うする人がカッコいい

結局ES細胞もSTAP細胞もなかった

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.6

記録漏れ
10年以上前に見たことある

ニックは日本で生活していたら
ひどく挫折するだろう
でも信念を貫いた一匹狼はカッコいい

高倉健ほんと伝説の俳優
私の中で彼を越えた日本人の俳優は
まだいない

>|