しょっちょさんの映画レビュー・感想・評価

しょっちょ

しょっちょ

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

-

後ろ姿だけどでてましたよね。多分。それくらいはわかる。

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

途中で「ロシア製コップ・カー?」と思ったら、コップ・カーにきちがいをまぶした映画だった。
あと、ロシア人のうるささは、大きな音のする機械の近くに縛りつけられている気分だった。

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

蛇の目ファンタジー映画だなぁと思ったら、案の定、岡部いさく先生がお喜びになられているので良い映画。

クラウン(2014年製作の映画)

3.8

子供の扱いの手つき最高。
エンドロールまで気が利いてる。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

手放しで楽しめるほど幸せじゃないよ。
VOMiT SONG 10回聴いた方がもう少しダラダラ生きる気が起きる。

ブリッツ(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

さわやかな風を感じるラスト。

頭撃ち抜かれて、血液以外の内容物が飛び散る表現って、アクション映画だとあんまり見かけ無いなぁと、これ見て気がついた。

ねじ式(1998年製作の映画)

2.2

だからガロ系漫画原作をオムニバスで映像化するのはやめろとあれほど・・・
婦人科医の登場シーンだけは妙に決まっていたので、2点加点。

花に嵐(2015年製作の映画)

-

ああ、そういえば!って自分の中で思い当たるフシがいろいろあったので、良い映画というよりは良いタイミングで見たなぁという映画。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前知識ゼロで観た。「ちゃんと呪われてるから、安心して観ればいい」
どこからが呪いとするか悩ましいものの、素敵ファミリー映画シリーズだなぁ。

みんなもっと呪いを信用していいから!

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

4.2

全てが地味にズレてる気持ち悪さ。素敵な家族映画シリーズに追加。

ハミングバード(2013年製作の映画)

3.9

これは良いステイサム。
アクション見たければワイルドスピードをどうぞ。

少女椿(2016年製作の映画)

-

ガロ系漫画原作を映像化しようとすると、なんでいつもこうなっちゃうのかね。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.1

ドラマの方が素直にくだらなくて良いなぁ。
ただ、よくこんなにグラビアアイドル集めたなぁというの感心する。

地獄愛(2014年製作の映画)

3.3

まさかの芸術映画
でもねぇ、こういう人(女性の方)いるんだよねぇ。共依存するよねぇ。

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.8

スッキリした。
クソガキっぷりw
youtubeで炎上した小学生の感じだな

コラテラル(2004年製作の映画)

3.9

ひたすら映像が美しい。
ナイトクローラーと2本立てで。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

アメリカだなぁとか、大統領って、こういう感じだったよねとか思う前に、MITからインターンで職場に来てる、ちっちゃくて可愛いメガネ女子をMITに帰すのが心配になったわ。

美しい星(2017年製作の映画)

3.7

2016年「ベスト・リリー・フランキー賞」は、「SCOOP!」で「チャラ源」を演じられたリリー・フランキーさんが受賞されましたが、2017年のベスト・リリー・フランキー賞には、「美しい星」で大杉重一郎>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

4.8

「ぼくらの見たかった綾野剛」これだ!
コゾー、完全に人生のもらい事故感しかないけど、そんな瑣末なことはどうでも良くて、
サイコーですか?
サイコーです!

>|