ななさんの映画レビュー・感想・評価

なな

なな

アイコン変えました。備忘録&レビュー閲覧用。
評価は0.5刻み。ベストムービーは好きなものをすぐ見られるように適当に突っ込んだので順不同。

映画(358)
ドラマ(0)

プラトーン(1986年製作の映画)

3.5

爆音上映。耳障りな高音が続く音楽と、爆撃音が印象的。
とにかく戦争はよくないし、それを伝えねばという意思がビシビシ伝わって来る。
この映画キッカケでベトナム戦争映画の製作が続いたらしい。わかる。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

反抗したり、悪態をついたり、友達を裏切ったり、見栄を張ったり、ヒエラルキー上位層に憧れて嘘をついたり、文化系男子に恋することもあれば、バンドマンを好きになることもある。変な所でゲロるし、セックスは特別>>続きを読む

レオパルドマン 豹男(1943年製作の映画)

4.0

こわかつた。なにあの無差別感。ヒロインなんじゃないかってくらい可愛い女の子3人が、みんなアッサリ殺されるの、本当に悪趣味。
こちらも一作前と同じで犯人は初めの方からこいつ怪しいぞ感プンプンだなあ。
>>続きを読む

呪われた城(1946年製作の映画)

3.5

最初からその人を好きになっちゃアカン臭ぷんぷんするじゃん!!
変な映画。
強くて美人な女はカッコいいのにそれは只の賑やかしみたいなもんで、変な様々に取り憑かれた男の話

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

超絶技巧派
ヨーロッパの文脈汲み取りは文化的な差異なのか私にはムズイ。
インテリ、強者の傲慢さが刺さる

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

4.0

ちょーっとクドイけど。
よいカメラワーク。よい笑わせ方。

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.5

衝撃的。
学ばねば。みて欲しいなあという想いも込めて4.5。

ドキュメンタリーとしても包括的に網羅的に収めきっていて御上手、なんだな。ちょっとテンポが早すぎるかなと思ったけど。

ドイツにいても安心
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

2.0

こわさがリアルじゃ無くて、これはこれでいいと思うけど、好みじゃ無かった
ゆらゆら帝国にハマる
西島くんの見方も変わる

運命じゃない人(2004年製作の映画)

4.0

さすがだー内田けんじの術中に。
うまいなあ賢いなあ。
カメラワークも、ひとりでにちょっと面白くなる。

んで中村さんがいい味出すなあ。電話番号をゲットしたあとにガッツポーズじゃなく変なステップを踏んじ
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.0

あんま覚えてないけど結局ちゃんとしたSFはちゃんとおもろい

わんわん忠臣蔵(1963年製作の映画)

4.0

(子犬のロックがめちゃカワなのでアイコン変更します🐶)

名作やんけ!!!


ディズニーの影響がかなり感じられる。動物の作画はバンビっぽいし。街並みなんかも洋風。なんだけど、りんごの樽にAppleっ
>>続きを読む

バンビ(1942年製作の映画)

3.5

大戦中にこんなの作れるアメリカはやはりすごい
動物と自然の色彩豊かさ、キャラクターづくり、音楽の使い方等々、その後のアニメシーンに多大なる影響を与えたのではなかろか…。

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年製作の映画)

3.0

・赤い糸切りたくない蘭ちゃんかわいい
・電車の仕掛け面白い

2012(2009年製作の映画)

3.0

楽しい!
電車が空飛ぶ画なんて笑っちゃうしかないな。
やはりハリウッドは金のかけ方がすごいなあ、愉快愉快。
これのアトラクションあったら絶対乗りにいく。

百円の恋(2014年製作の映画)

2.5

タイトルがうまい。ジャケットなんかもかっこいいし。
でも、こう、体裁が良すぎるから(アングラの人々捕まえるぞ的な)中身でガッカリにならないかなあと身構えていた作品。
安藤サクラはじめキャスト諸々はすご
>>続きを読む

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧(2015年製作の映画)

3.5

youtubeを観ていたらオススメの動画に『モノノケダンス』by電気グルーヴ。
電気グルーヴのことをお笑い芸人と思っていた時期もあったなあなんて思いながら初めてちゃんと聴く。
イントロからめちゃんこか
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.0

課題もやることもつみつみだけどノリで見てしまった。

音楽と映像のテンポ、タイミング、お上手。アカデミー賞編集賞、録音賞納得だなあ。

だけどストーリーは……なんでみんな感動するのかわからない。怖いし
>>続きを読む

>|